原作者インタビューもあり ! 電ホビ12月号は『蒼き鋼のアルペジオ』特集です !

更新日:2013年11月23日 01:54
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

10月より放送開始となった話題のTVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』。10月25日発売となる電撃ホビーマガジン12月号では、先月のスペシャル企画に続き大特集を敢行しています。

 

アニメ放送開始直後となる12月号ですが、もちろん再現するのは超・盛り上がるイ401とタカオの対決……的な、あの状態です。

▲ 「”蒼き艦隊”潜水艦イ401 超重力砲Ver.」。1/350スケール、製作:柳生圭太。

▲「”霧の艦隊”重巡洋艦タカオ 超重力砲Ver.」1/350スケール、製作:岩井 秀。

 

いずれも1/350スケールのフルハルモデルを改造し、必殺技ともいうべき超重力砲発射形態を再現しています。特にイ401はわりと原型を留めないレベルでバックリと艦体が開いてしまっております。デジタル造形を駆使したその改造は一見の価値ありです。また、作品でもトップクラスの人気を誇るタカオは、タカオファンだという岩井秀がコダワリにコダワッて製作しています。

 

また、イ401およびタカオのメンタルモデルも当然製作。

_ELL14827_web2 _ELL14839_web2

これらはワンフェスなどでアルペジオの立体物を発表していた生宗(熊猫工務店)による造形となっています(ちなみにタカオの塗装はこちらも岩井秀が担当)。こちらも必見ですよ !

 

そして……。

DHM1312_web2

電ホビでは原作のArk Performance氏へのインタビューを掲載 ! TVアニメ化を記念し、作品についてのみならず、模型で『アルペジオ』を楽しむ方法などをたっぷりと聞いています !

 

そんな電撃ホビーマガジン12月号をよろしくお願いいたします !

 

<関連情報>

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-公式サイト

 

(C)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery