「NISSAN GT‐R ニスモ」の2020年モデルがレゴブロックに登場!レゴの開発者、NISSAN GT-R統括責任者などのコメントも到着

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

レゴ史上初となる日本車とのコラボレーション商品「日産 GT‐R ニスモ 76896」が登場! 日産のグローバル本社ギャラリーにて、レゴ グループ CEOのニールス・ビー・クリスチャンセン氏と、日産自動車の執行役副社長の星野朝子氏から、本商品がお披露目されました。

 

 

本アイテムは、2020年1月にリリースされる数々の「レゴ スピードチャンピオンシリーズ」のうちの1つ。298ピースのレゴ ブロックパーツによって、「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルを再現したものです。同シリーズ商品は従来商品よりも25%サイズが大きくなり、再現度もさらにアップグレードされています。

 

 

●「NISSAN GT-R NISMO」と「レゴ 日産 GT-R ニスモ 76896」の比較(メーカー発表)

※NISSAN GT‐R NISMO/レゴ 日産 GT‐R ニスモ 76896の順に記載。

  • 開発期間:10数年/約12カ月
  • パーツ:9万個以上/298個
  • 組み立て時間:約8時間(匠によるエンジン組み立て時間を除く)※1/レゴブロックで遊ぶエキスパートであれば約20分。そうでない方は1時間。
  • トップスピード:時速315キロ以上※2/手の力加減次第
  • ギア:6速ダブルクラッチ/前と後ろに進むどちらか
  • 重量:約1,720kg/約193g
  • 組み立て説明書:含まれていない/同梱
  • 燃料:プレミアムガソリン/創造力
  • 航続可能距離:550キロ以上※3/無限
  • 楽しい時間:エンドレス/エンドレス

※1 推定組み立て時間
※2 推定数値(実際は各国の法定速度に従います)
※3 実際の運転状況により大きく異なります。この数値は比較用のみに使用されるものです。

 

DATA

日産 GT‐R ニスモ 76896(レゴ スピードチャンピオンシリーズ)

  • パーツ:298個
  • 推定組み立て時間:レゴブロックで遊ぶエキスパートであれば約20分。そうでない方は1時間
  • 重量:約193g
  • オープン価格
  • 2020年1月より発売予定(世界同時発売)

 

 

ここからは、2019年11月25日に行われた新商品お披露目にあわせて到着した関係者のコメントなどを紹介していきます。

 

●レゴ グループ CEO ニールス・ビー・クリスチャンセン氏コメント

「このモデルを自分で楽しく組み立て、さらにそれで遊ぶ体験をすることで、お子さまがエンジニアリングやものづくりへの関心を持ってくれることを願っています。エンジニアたちが数十年という年月をかけて、日産GT‐Rのデザインと性能を向上させたように、お子さまが楽しみながら組み立てたり、解体したり、再び組み立てることを繰り返すことで、創造力や問題解決能力、クリティカルシンキングなどの重要なスキルを育むお手伝いができることを願っています。遊びが持つパワーを通して、世界の明日を創造していく未来の担い手を育成することが我々のミッションです。」

 

●日産自動車 執行役副社長 星野朝子氏コメント

「世界中のたくさんのファンから愛されているレゴの新商品に、「NISSAN GT‐R NISMO」が初の日本車として選ばれたことを、大変うれしく思います。日産車にお乗りの多くのお客さまは、この「GT‐Rレゴ」によって、子どもの頃のレゴ車への情熱を思い出すでしょう。この商品を手にしたお客さますべてが、GT‐Rを創り上げる“匠”、つまり「NISSAN GT‐R」を組み立てる達人になることができるのです。今年、GT‐Rは、レゴ スピードチャンピオンと同じく、生誕50年を迎えました。今回のレゴとのコラボレーションが、この記念すべき年に実現し、世界中のファンと共に祝福できることを、とても幸せに思います。」

 

●レゴ デザインリード クリス・スタンプ氏コメント(本商品のデザインを担当)

「レゴ スピードチャンピオン シリーズでは、常に新種のレーシングカーを展開することを目指しています。ドリフトとレースに焦点を当てた際、世界記録を更新した「NISSAN GT‐R」、特に新型「NISSAN GT‐R NISMO」が、次に手掛けたいレーシングカーの一番候補として上がりました。正確に再現することが我々にとって常に大きな課題であり、さまざまなレゴ ブロックやパーツの組み合わせを試行錯誤し、この車の一番アイコニックな部分であるテールライトの再現にこだわりました。その出来栄えには非常に満足しています!」

 

●日産自動車「NISSAN GT‐R」 統括責任者 田村 宏氏コメント

「GT‐Rは、10歳の頃から私の人生の一部でした。レゴ グループと一緒に仕事をすることは、幼かった当時の自分を目覚めさせ、GT‐Rが私にとって本当に特別なものである、ということを再発見させてくれました。レゴ グループの細部へのこだわりは、私自身の職人気質を思い起こさせてくれる感動でありました。」

 

 

「NISSAN GT‐R NISMO」2020年モデルについて

今回の発表イベントには、レゴ スピードチャンピオン「日産 GT‐R ニスモ 76896」と並んで、「NISSAN GT‐R NISMO」の2020年モデルが登場しました。レースの厳しい環境で磨き抜かれた技術を応用したことで、より研ぎ澄まされた性能を実現した同モデルは、ルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーなどにカーボン素材が使用され、車両を軽量化することで、コーナリングの性能を向上させています。世界最大級のサイズを誇る超高性能のカーボンセラミックブレーキや新型ターボチャージャーを搭載するほか、軽量かつ高剛性な鍛造アルミホイールと、新開発のハイグリップゴムを採用したハイグリップタイヤが装着されています。

 

●レゴ グループについて

レゴ グループは、1932年、デンマークのビルンで誕生しました。創立者は、オーレ・キアク・クリスチャンセン。LEGOという名は、デンマーク語で「よく遊べ」を意味するLEg GOdtに由来しています。現在も引き続きビルンを本部として家族経営を続けているレゴ グループですが、その製品は世界140カ国以上で販売されています。

 

●日産自動車について
日産は、日産、インフィニティ、ダットサンのブランドで60以上の車種を販売するグローバルな自動車メーカーです。2018年度、同社は全世界で552万台の車両を販売し、11.6兆円の収益を上げました。本社は日本の横浜にあり、アジアとオセアニアやアフリカ、中東、インド、中国、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北米の各地域で業務を展開しています。

 

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery