「SAO ‐エクスクロニクル‐ in KYOTO」オリジナルグッズ付き入場券の先行受付がスタート!展示内容&マップも公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2020年1月31日(金)から開催される『ソードアート・オンライン』原作刊行10周年記念の体験型展示イベント「ソードアート・オンライン ‐エクスクロニクル‐ in KYOTO」。そのオリジナルグッズ付き入場券のプレイガイド先行受付が実施中! また、京都会場の新たな展示情報が公開されました!!

 

 

チケットのプレイガイド先行受付がスタート!

プレイガイド先行受付では楽天チケット、チケットぴあ、セブンチケット、チケットボードの4種のプレイガイドで申し込みを受付けています!

 

DATA

ソードアート・オンライン ‐エクスクロニクル‐ in KYOTO

  • 会場:国立京都国際会館イベントホール
  • 開催期間:2020年1月31日(金)~2月3日(月)
  • 券種・価格:
    オリジナルグッズ付き入場券(日時指定制)・3,000円(税込)
    SoundAR(音声ガイド)&オリジナルグッズ付き入場券(日時指定制)・4,000円(税込)
  • 抽選受付期間:2019年12月9日(月)10時~12月15日(日)23時59分
  • 予約サイト:楽天チケット、チケットぴあ、セブンチケット、チケットボード

 

 

●Sound ARとは

東京会場でも好評を博した、ソニーによる“音のAR技術”を用いた新たな音声ガイド。映像や情報だけでなく、<周囲の音と再生している音がブレンドされる「デュアルリスニング」>を用いることにより、外環境の音に重畳(ちょうじょう)するようにEX-CHRONICLEのナビゲーター・菊岡誠二郎氏やおなじみのキャラクターが、まるで隣にいるかのようにあなたに語りかける新たな体験が提供されます。
※Sound AR™はソニーの商標です。

 

 

展示内容&マップが公開!

京都会場で新たに追加される展示を含む、5つのエリアから構成される展示内容と会場のマップが公開!

 

●TVアニメ展示エリア UPDATE!
原作者である川原礫氏へのインタビューに基づき、TVアニメ「SAO」シリーズを貴重な展示物とともに振り返る企画展。

 

●ラースエリア
《アリシゼーション》編に登場する「ラース」コンソールを再現。具現化する『SAO』の世界を体験しよう!

 

●4面シアターエリア UPDATE!
四方を囲む巨大スクリーンに映し出させる360°映像で『SAO』の世界へダイブ。“黒の剣士”の魂の奔流に圧倒される、超空間映像体験。

 

●物販エリア
京都会場より新規に制作される描き下ろしイラスト使用のアイテムなど、圧倒のラインナップで登場!

 

●京都会場新設エリア
京都会場では新たなエリアが新設! TVアニメの資料を中心に、本イベント初公開を含む、貴重な展示物をお見逃しなく。
※詳細は後日公開予定。

 

▲場内マップ

 

 

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』放送情報

  • TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11:2019年10月12日より毎週土曜24時~
  • MBS:10月12日より毎週土曜26時8分~
  • テレビ愛知:10月15日より毎週火曜26時35分~
  • AT-X:10月13日より毎週日曜22時~
  • AbemaTV:10月12日より毎週土曜24時~(地上波同時配信)

※放送開始日・放送日時は編成の都合などにより変更となる場合があります。

 

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery