昭和40年代の東京を彩った路面電車「東京都電6000形6152号車」が1/24スケールでプラモデル化!運転台、座席、つり革など、内装まで忠実に再現

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

グッドスマイルカンパニーより、「東京都電6000形6152号車」が1/24スケールでプラスチックモデル化! 予約受付中です。

 

 

かつて東京の交通の主役は「都電」と呼ばれる路面電車。全41の営業路線は23区全域を網羅し、都民の足として親しまれた都電でしたが、昭和39年の東京オリンピック開催に伴う急激な都市の発展とともにやがて姿を消していき、現在では荒川線が残るのみです。

 

本商品は、高度成長期の東京を代表する東京都電6000形6152号車の、昭和40年代の姿を再現することができるプラスチック製組み立てモデルです。

 

 

窓ガラスやヘッドライトの部分に透明度の高いPETフィルムが採用され質感が向上。車体の赤帯や表記、方向幕はデカール(水貼り転写シール)で再現。青山営業所所属時代、荒川営業所所属時代など、複数のバリエーションを選択可能です。石畳を模した専用の展示台座付きです。

 

▲運転台、座席、つり革、etc…内装も忠実に再現

 

 

「泰平式ビューゲル」は可動式。説明書はフルカラー、都電6152号車のヒストリーや構造が徹底解説されています。

 

 

DATA

1/24 東京都電6000形 ‐昭和-

  • プラスチックモデルキット
  • 専用台座付属・ディスプレイ専用モデル(非走行モデル)
  • 1/24スケール
  • 完成時サイズ:全長約512mm、全高約213mm、全幅約96mm、軌道幅約57mm、重量約1.2kg(台座含む)
  • 成型色:グレー
  • 制作協力:東京ユニーク、エイジ・ゼロ
  • 発売元:グッドスマイルカンパニー
  • 価格:27,273円(税別)
  • グッドスマイルオンラインショップ予約受付期間:2019年12月17日(火)12時~2020年2月12日(水)21時
  • 2020年5月発売予定

※要ニッパー、スチロール用接着剤。
※本商品は組立・塗装が必要なプラスチックモデルとなります。
※画像は組立・塗装後のイメージです。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

東京都交通局商品化許諾済


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery