ボークス「キャラグミン ダージリン」を作ってみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ちなみにキットのパーツ状態はこちら。

ka_dhm1119_014

全21パーツ+デカールという構成になっています。かつてはガレージキットに付き物だとされていた気泡や歪みもほぼなく、ちゃんとカラーレジンの成形色を活かして作れるんですよ。

 

1、パーツの切り出し

ka_dhm1119_002 ka_dhm1119_003

まずはパーツについているゲートを切断していきます。薄刃ニッパーを使い、ゲートを1~2ミリほど残した状態で切り落とします。その後はデザインナイフで残った部分を丁寧に削っていきましょう。こういった作業に慣れていない方は写真のような「他のパーツで隠れる場所」を選んで練習してみるといいと思います。

 

2、パーティングライン消し

ka_dhm1119_004

レジンキットを生産する際にはシリコン製の型を使うのですが、その合わせ目の部分に上の写真のような段差ができることがあります。これがパーティングラインです。これを目立たなくする方法をお伝えしましょう。

ka_dhm1119_005 ka_dhm1119_006

垂直に立てたデザインナイフを使い、段差をカンナがけの要領で削り落としていきます(パーツのラインが変わってきてしまうので削り過ぎには注意!)。その後は、スポンジヤスリを、今度はラインの流れと垂直方向に、パーツの丸みを意識しながらかけていきます。

 

3、部分塗装をやってみる

ka_dhm1119_007 ka_dhm1119_008

基本的な色分けはなされていますが、パンツァージャケットの合わせ目や各部のボタンなどは塗装を行う必要があります。「ダージリン」で使用するのはファレホカラー「ゴールド」および、ファレホゲームカラーの「カオスブラック」です。ミスしても乾燥後にナイフで軽く削れば問題ないので、マスキングなどは特にせず気楽に塗っていくのが良いかと思います。

 

4、デカールを貼ってみよう+ワンポイント

このキット、瞳と眉、ティーカップの模様は水転写タイプのデカールとして付属しています。キレイに貼るのは難易度が高そうに思われるでしょうが、慣れれば普通に貼れるようになりますよ。

ka_dhm1119_009

デカールは台紙ごとデザインナイフで上の写真のように、大まかに切り出して使用します。その後、5~10秒ほど水につけて台紙から離れるようになったら顔のパーツに載せていきます。

ka_dhm1119_010

顔の上に載せた後はピンセットで位置を調整していきます。水で濡れている間は位置の微調整ができますので、慌てずに。また、瞳デカールの位置を決める際、写真のように前髪パーツを付けてみると完成したときのイメージが湧きやすく、失敗し辛いでしょう。予備のデカールもあるので、恐れずチャレンジ!

 

ka_dhm1119_011

 

ちなみに、タミヤ「ウェザリングマスター<Hセット>」のピーチを使用してチークを入れると、完成見本とは違う仕上がりになりますよ。オススメです。

 

5、完成!

というわけで、実際に完成した状態がこちらとなります。

ka_dhm1119_012 ka_dhm1119_013

 

ちょっとした時間でも簡単に製作できますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

自分で作ってみると愛着もひとしおですよ!

 

<DATA>

『キャラグミン ダージリン』
■ 1 / 7スケールカラーレジンキット

■全高:約200ミリ

■価格:8,190 円(税込)

■発売中

■原型製作:造形村

■発売元:ボークス

 

 

<関連情報>

ガールズ&パンツァー 公式サイト

キャラグミン公式サイト

 

 

(C)GIRLS und PANZER Projekt

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 時雨_eye
  • 20180807sugumikouhen01catch
  • 20180807sugumizenpen01catch
  • bp_201808_01_imascg_ec
  • bp_201808_04_deadpool_ec
  • bp_201808_03_geassp_ec
  • wf2018s_nendoroid_fgo_main
  • rev_wf2018s_figma-hero_main
  • rev_wf2018s_figmafgo_main