野性爆弾・くっきー!さんによるオリジナル改造ゾイドが完成!ガトリングフォックスの首から下を大胆にちぎり独自の世界観を表現!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

現在タカラトミーが開催中の「ゾイドワイルド」シリーズ玩具の改造コンテスト「俺のゾイドコンテスト2020」。特別参加作品として、野性爆弾・くっきー!さんが制作したオリジナル改造ゾイド「我、復刻ノ刻ヲ待ツ」が完成しました! 2020年1月25日(土)・26日(日)に千葉県・幕張メッセで開催されるイベント「次世代ワールドホビーフェア ’20 Winter」東京大会、そして2月2日(日)に開催される福岡大会、2月9日(日)に開催される大阪大会のゾイドブースで展示されることが決定。

 

▲2019年末、イベントにてコンテストへの参加を表明したくっきー!さん

 

くっきー!さんは、小学生時代にお兄さんと一緒にゾイドで遊んでいたというゾイドファン。当時は「前進するゾイド同士をぶつけて相撲みたいに押し合う」遊びが中心で、自らカスタムを加える改造ゾイドの制作は今回が初めてとなりました。

 

コンテストへの参加表明時、「(元のゾイドとは)全然ちゃうやつにします!」と語っていたくっきー!さん。宣言どおり、ベースのゾイドの首から下を大胆にちぎり、独自の世界観を詰め込んだ作品「我、復刻ノ刻ヲ待ツ」を完成させました。「戦いでボディを失い瀕死のガトリングフォックスが水底に潜み、新たなボディを手に入れる策を練っている様子」を再現したという、ダークな雰囲気の漂うこの作品を、ゾイドブースにて確認してください!

 

作品概要

「我、復活ノ刻を待ツ」

  • 作品説明:戦いでボディを失い瀕死のガトリングフォックスが水底に潜み新たなボディを手に入れる策を練っている様子
  • 使用ゾイド:「ZW34 ガトリングフォックス」

▲水底に横たわるガトリングフォックスの頭部。

 

▲ちぎれた首元からはさまざまなパーツが飛び出しています。

 

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery