遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを回収するプロジェクトが2020年3月から今年も開始!JR品川駅にリサイクルnanoblockを活用したジオラマを展示

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

全国のマクドナルド店舗で、遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを回収しリサイクルするおもちゃリサイクルプロジェクトが、2020年も継続し子どもたちの長期休みに合わせて計3回実施が決定! 第1回目の回収期間は、2020年3月13日(金)~5月14日(木)までです。

 

▲「おもちゃリサイクル2020」回収期間

 

本プロジェクトは、年間約1億食のハッピーセットを販売しているマクドナルドが持続可能な社会の実現に貢献する“Scale for Good”の活動として2018年より実施しているもの。プラスチックのおもちゃを対象にしたリサイクルの取り組みとしては国内最大規模です。

 

子どもたちが遊ばなくなったおもちゃのリサイクルを通して、ものを大切にする心や環境問題への意識を醸成する機会となることを目的としています。約127万個のおもちゃを回収した2018年度に続き、2年目となる2019年度は回収期間を拡大し、約340万個(※1)のおもちゃが回収されました。このおもちゃは今後、リサイクルトレイ(※2)などに再生される予定です。

※1 回収したおもちゃの総重量をハッピーセットのおもちゃの平均重量で割り返した推測値(日本マクドナルド試算)
※2 リサイクルトレイは、おもちゃリサイクルプロジェクトで回収されたおもちゃからできたリサイクル樹脂を10%程度含みます

 

DATA

おもちゃリサイクル2020

  • 回収期間:
    第1回 春休み 2020年3月13日(金)~5月14日(木)
    第2回 夏休み 2020年7月10日(金)~9月10日(木)
    第3回 冬休み 2020年12月4日(金)~2021年1月21日(木)

※回収期間は変更になる場合があります。

 

 

ナノブロックで作られた「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマ展示!

回収したおもちゃから作られたnanoblockを活用して作られたジオラマが、JR東日本スタートアップが実施するイベント「STARTUP_STATION」に登場! 2020年2月17日(月)より東京都のJR品川駅で展示されます。

※「nanoblock(R)」はカワダが開発した、日本生まれの超ミニサイズのブロック。

 

展示されるのは、JR山手線および京浜東北線の田町~品川駅間に設けられる新駅「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマです。

 

●ジオラマ「高輪ゲートウェイ駅」塗装前

 

また、展示期間中は品川駅構内でおもちゃの回収も実施されるとのことです。

 

DATA

STARTUP_STATION

  • 開催期間:2020年2月17日(月)~23日(日)12時~20時(17日のみ14時から)
  • 場所:JR東日本品川駅中央改札内イベントスペース
  • 内容:JR東日本グループのビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択されたベンチャー企業とのSDGs推進をテーマとする協業内容を実際に体験できるイベント。日本環境設計が提案した協業「駅からはじまる次世代リサイクル技術によるSDGsの実現」の具体的活動として、回収したおもちゃからリサイクルされたnanoblock(R)を活用して作られた新駅「高輪ゲートウェイ駅」のジオラマを展示。

 

※おもちゃリサイクルは、環境省が運営する「プラスチック・スマート」キャンペーンおよび、日本環境設計が運営する「BRING プロジェクト」の一環として実施されています。「プラスチック・スマート」キャンペーンは、消費者をはじめ、自治体、NGO、企業などの幅広い主体が連携協⼒して取り組むことで、“プラスチックとの賢い付き合い方”を全国的に推進し、国内外に発信していく活動です。

 

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery