「ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX」発売記念! ウルトラマンダイナ=アスカ・シン役 つるの剛士さんインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2015年9月25日、『ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX』が発売!

 

主人公であるウルトラマンダイナ=アスカ・シンを演じていたのは、現在はバラエティ番組などでも大活躍している、つるの剛士さん。人類のネオフロンティア精神を描いた明るく力強い作品『ダイナ』を、アスカとして牽引し続けたつるのさんに、Blu-rayBOX発売に向けての心境や、『ダイナ』の見どころなどをお聞きしてきました!

 

01

 

――9月25日、つるのさんの原点とも言える『ウルトラマンダイナ』が、Blu-ray BOXとして発売されます。現在のお気持ちをお聞かせください。

つるの:当時はフィルム撮影で、将来リマスターされて新しく出るなんてことは、まったく考えていませんでした。でも、『ダイナ』のストーリー自体、人間が未来を模索する姿や、ネオフロンティア精神を描いたり、将来への夢を持つ……というようなテーマがあったので、人類がどんどん進化して、新しい形で『ダイナ』を見られるというのは大変感慨深いですし、人間ってすごいな……と改めて感じます。当時のレーザーディスクなんてどこへ行っちゃったんでしょうね!(笑) 『ダイナ』はレーザーディスクでも出ていたんですけど、今ではもう再生機器がないから見られないんですよ。進歩って早いですね……。

 

――Blu-rayの映像はもう見られましたか?

つるの:これまでの映像との比較を少し見せてもらいました。質感が全く違いますね!
光の感じも全然違っていたと思います。フィルムにも荒削りなよさがありますが、こうして新しくなると、特撮シーンなども違う見方ができますし、ファンの皆さんにも新たな思いで見ていただきたいです。

 

――つるのさんは、TVシリーズが終了した後も、映画などでずっとアスカ・シンを演じてこられましたが、改めてTVシリーズの撮影当時を振り返ってみると、どんなお気持ちでしょうか?

つるの:あの頃は、右も左も分からないまま、アスカという大役をいただきました。第1話でスーパーGUTSの制服を着て「どうも、アスカ・シンです!」って挨拶しているのが、等身大の僕だったんです。だから最終回の時には、一年通してアスカというキャラクターを演じ続け、僕自身も変わったな……と思いました。等身大の僕とアスカの成長記が『ダイナ』なんだと思います。

 

僕は、『ダイナ』が終わった後もアスカとともに旅していると思っていますし、一緒に成長し続けています。僕はいつも「アスカならこういう時はどうするかな……」とか、「アスカだったらこうするんじゃないかな」という風に考える。アスカは僕のプロデューサーのような存在で、アスカとともにずっと生き続けたいと思っています。そして、ときおり映画などに呼んでいただき、アスカを演じたときに、「あ、僕はアスカと一緒に成長できてるな」と実感できるのが本当に嬉しいです。

 

『ウルトラマンサーガ』で、TVシリーズの後のアスカを演じましたが、最初の脚本では、アスカは地球に帰ってスーパーGUTSに戻り、また地球を守る……という設定だったんです。ですが、僕はそれを「何か違うな」と感じました。アスカが地球へ帰ってしまったら、最終回で旅に出た意味がないと思ったんです。スーパーGUTSのみんなが成長して、アスカの元に来てほしい。だから僕は、あの戦いが終わったら、また宇宙に旅立ちたい……と、脚本の長谷川圭一さんにお願いしました。その思いを汲んでくださって、『サーガ』はああいう感じで終わることになったんです。

 

アスカへの思い入れは本当に強くて、これからもずっと一緒に歩んで行きたいと思っています。アスカには相当助けられていますね。

 

――『ダイナ』の前に『ウルトラマンティガ』という大作がありましたが、撮影当時は意識していましたか?

つるの:めちゃめちゃしましたよ! スタッフさんたちは『ティガ』の終盤を撮りながら『ダイナ』を撮る形だったので、ティガのスタッフジャンパーを着て来る人もいましたし、「ダイナの撮影なんですけど!」なんて言ったこともありました(笑)。その頃は、『ダイナ』より『ティガ』のほうが人気がある……というような風潮があったので、すごく『ティガ』に対するライバル心があったんですよ。でも『ティガ』を今見るとめっちゃカッコいいんですよね(一同笑)。

 

今思うと、『ティガ』と『ダイナ』は陰もあれば陽もある、という対極的な作品ですし、平成三部作と呼ばれている『ティガ』、『ダイナ』、『ガイア』は三位一体というか、どれかひとつ欠けてもダメだと思います。『ティガ』があったから『ダイナ』がある、というのは、今になってすごくよく分かります。

 

――アスカは父親の面影を追いかけているようなキャラでしたが、今ではつるのさんも、お子さんから追いかけられる立場になったと思います。息子がいる父親として、アスカを意識することはありますか?

つるの:5年前に僕の父が亡くなり、アスカの気持ちを前以上によく分かるようになったと思います。今は、僕もアスカのように、親父の背中を追いかけている。アスカといろんなことが重なっています。

 

もしも息子が将来「ウルトラマンになりたい」と言ったら、僕も隊長役か何かで出させてもらいたいという不純な気持ちもありますが(笑)、代々受け継いでいってほしいという気もします。ウルトラマンシリーズも、親から子へと受け継がれ、ずっと続いてほしいですね。

 

――それでは最後に、“今だからこそ、『ダイナ』のここを見てもらいたい!”というアピールポイントをお願いします!

つるの:『ダイナ』はストーリーも明快で、飛び抜けて明るいウルトラマンというイメージがあると思うんですが、実は“ただ明るいわけじゃない、何か隠している裏の部分、影の部分”というのをすごく感じさせるウルトラマンだと思っているんです。アスカは最後、宇宙へ旅立つという形になりましたが、アスカがどうしてそういう選択をしたのかという芯の部分、アスカの持つ“裏のテーマ”を感じてもらえたら、と思います。

 

あれから18年の間にどんどん変わってきている。火星探査船が打ち上げられたり、冥王星にまで向かっている。『ダイナ』で言っていたことが現実になりつつあるって、本当にすごいですよね。「俺も火星に行ったことあるけど、今の人類すげーな!」って思ってます(一同笑)。そういう未来の姿も『ダイナ』が先取りしていたと思うので、ぜひBlu-rayのキレイな画像で見てください!

 

――本日はお忙しい中、本当にありがとうございました。

 

<プロフィール>

03

【つるの剛士】(つるの・たけし)
1975年5月26日生まれ。福岡県出身。1997年『ウルトラマンダイナ』の主人公、アスカ・シンを演じ知名度を上げる。その後、バラエティ番組で一躍脚光を浴び、2009年にはカバーアルバム『つるのうた』でソロ歌手デビューするなど、活動の幅を広げている。主な出演作:『劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』(声の出演)、『ウルトラマンサーガ』(映画)ほか。太田プロダクション所属。

 

<DATA>
「ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX」
■発売日:9月25日
■価格:45,000円(税別)
■発売元:バンダイビジュアル株式会社

 

 

(c)円谷プロダクション

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery