零戦80周年!第12航空隊の最初の実戦参加機をハセガワが新デカールで再現!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

今年は零戦が制式採用された1940年から数えて80周年! これを記念して、最初に零戦が配備された部隊の機体を新デカールで再現した限定キットがハセガワから登場です。

 

零戦が制式採用されたのは、1940年7月24日。第12海軍航空隊は最初に零戦を受領した部隊で、1940年9月に中国大陸で初の実戦を経験しました。パッケージイラストは加藤単駆郎氏が担当します。

 

デカール(マーキング)は以下を収録。

  • 第12海軍航空隊 所属機「3-163」(1940年9月)
  • 第12海軍航空隊 所属機「3-183」(1941年)

 

DATA

三菱 A6M2a 零式艦上戦闘機 11型“第12航空隊”

  • プラモデル
  • 1/48スケール
  • 全長:187ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:3,000円(税別)
  • 2020年5月21日(木)発売予定

※写真は開発中のイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery