増加装甲「EAAK」を纏った鎧武者!陸上自衛隊の「水陸両用車(AAVP7A1 RAM/RS)」がアオシマより精密キット化!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

青島文化教材社が1/72スケールで展開するミリタリーモデルシリーズに、陸上自衛隊で2018年より本格運用がはじまった「水陸両用車(AAVP7A1 RAM/RS)」が登場です!

 

2020年現在、陸上自衛隊には50両近くが配備されており、ほぼ全ての車両が水陸機動団にて集中運用されています。本製品では「人員輸送型」とも称される40mm自動擲弾銃と12.7mm重機関銃を装備した仕様を製品化。さらに近代化改修型の特徴でもある、「EAAK」と呼ばれる増加装甲を装備した仕様も再現可能です。

 

 

ブーニーハット着用の水機団隊員フィギュアが膝立ち姿勢で1体付属し、発売済みの「AAVC7A1 RAM/RS」と共に陸上自衛隊の誇る精鋭部隊を楽しめます。後部ハッチは可動で開閉可能。ウィンカーやミラー、GPSアンテナなど陸上自衛隊仕様の特徴を的確に再現しています。

 

DATA

1/72 ミリタリーモデルキット No.21
陸上自衛隊 水陸両用車(AAVP7A1 RAM/RS)「水陸機動団」

  • プラモデル
  • 1/72スケール
  • 発売元:青島文化教材社
  • 価格:2,400円(税別)
  • 2020年7月発売予定

※画像は開発中のサンプルです。実際の商品とは異なります。

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery