こだわりのバトルシステム搭載!童友社のRC戦車にアメリカ軍「M1A2」、ロシア軍「T-34」型、そしてドイツ軍「タイガーI型」が電撃参戦!!

童友社がおくる、人気の赤外線対戦型RC戦車「ワールドバトルタンク」シリーズに、新たに3種が参戦! ドイツ、ロシアの大戦時の2台とアメリカの現行主力戦車の1台が仲間入りです。(⇒「2020年春ホビー情報」まとめページはこちら

 

アメリカ M1A2型[27MHz]

全長約35センチの赤外線バトルシステム搭載ラジコン戦車です。エンジン始動アクション、前進・後退・左右・超信地旋回、旋回砲塔、主砲の砲撃(反動と音と光)、機銃射撃といったアクションに加え、大迫力のリアルサウンドも搭載し、1台でも充実のファンクションです。

 

こちらのパッケージが目印!

 

こちらは27MHzアイテム用の送信機。走行には本体用に4本、送信機用に2本と計6本の単3形アルカリ乾電池が必要です。

 

DATA

RC ワールドバトルタンク(赤外線バトルシステム搭載) アメリカ M1A2型[27MHz]

  • 電動RCカー完成品
  • ノンスケール
  • 全長:355ミリ
  • 発売元:童友社
  • 価格:5,980円(税別)
  • 2020年夏発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。
※走行には単3形アルカリ乾電池×6本が必要です。

 

 

ロシアT-34型[27MHz]

「RC ワールドバトルタンク」シリーズでは2台(同シリーズの周波数の異なる戦車)で、対戦バトルが楽しめます。砲撃の当たった回数で機能を低下させ、最後は爆発音とともに停止するというこだわりのバトルシステム搭載!

 

こちらのパッケージが目印!

 

DATA

RC ワールドバトルタンク(赤外線バトルシステム搭載) ロシアT-34型[27MHz]

  • 電動RCカー完成品
  • ノンスケール
  • 全長:355ミリ
  • 発売元:童友社
  • 価格:5,980円(税別)
  • 2020年夏発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。
※走行には単3形アルカリ乾電池×6本が必要です。

 

 

ドイツタイガーⅠ型[40MHz]

「RC ワールドバトルタンク」シリーズは、今回紹介した3種に、すでに発売中の「ドイツ キングタイガー型」と「ロシア T-90型」を合わせた計5種が用意されます。

 

こちらのパッケージが目印!

 

こちらは40MHzの送信機。「RC ワールドバトルタンク」シリーズの5種類の戦車の周波数は、ドイツが40MHz、ロシアとアメリカが27MHzになっているので、バトルをする時は周波数をご確認ください。

 

DATA

RC ワールドバトルタンク(赤外線バトルシステム搭載) ドイツタイガーⅠ型[40MHz]

  • 電動RCカー完成品
  • ノンスケール
  • 全長:357ミリ
  • 発売元:童友社
  • 価格:5,980円(税別)
  • 2020年夏発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。
※走行には単3形アルカリ乾電池×6本が必要です。

 

>>「2020年春ホビー情報」まとめページ

関連情報

 

関連記事

上に戻る