通常弾を超えるボリュームで展開する「FW GUNDAM CONVERGE # plus 02」! Hi-νガンダム(H.W.S.装備型)、Sガンダム(ブースター・ユニット装着型)、そしてジ・Oにゴトラタンを製品サンプルで拡張パーツセットを『plus』してレビュー!

10年以上の歴史を誇る人気食玩シリーズ「FW GUNDAM CONVERGE」。アレンジされたかわいい体型ながらもハードなディテール、固定フィギュアならではの美しい立ち姿、全塗装による素晴らしい質感と、10年続くのもうなずける高水準の立体がリリースされ続けています。

 

昨年末よりスタートした「# plus」は、通常弾以上の大型機や、大型武装を携えた機体が続々ラインナップ。シリーズの世界観を大きく広げています。第2弾に収録されるのは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』よりHi-νガンダム(H.W.S.装備型)、『GUNDAM SENTINEL』より、Sガンダム(ブースター・ユニット装着型)、『機動戦士Zガンダム』よりジ・O、そして『機動戦士Vガンダム』よりゴトラタンの4機体。これに拡張パーツセットを加えた全5種での展開となります。それでは早速、各アイテムをチェックしていきましょう。

 


まずは拡張パーツセット。こちらには本弾の機体専用の拡張パーツがまとめて封入されています(MS本体はいずれも付属しません)。各機体にあわせ、拡張パーツセットで換装した状態もレビューしていきます。

 

Hi-νガンダム(H.W.S.装備型)


『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』より、アムロ最後の機体・Hi-νガンダムのもう一つの姿、Hi-νガンダム(H.W.S.装備型)。H.W.S.はヘビー・ウェポン・システムの略で、各所の追加装甲、ハイパー・メガ・ライフル、ハイ・メガ・シールドなどを装備。重武装ながらスマートな体型は人気も高く、納得のラインナップです。各武装や背面フィン・ファンネルもサイズ・塗り分けとも良好です。

 


頭部はパーフェクトな完成度。とにかくイケメン、とにかくHi-νガンダムで完璧です。

 

▲シールドや左肩にはマーキングがプリント。マーキングは非常に精細で書き文字が読めてしまうほどです。

 


拡張パーツセットにはビーム・サーベルを保持した隠し腕とニュー・ハイパー・バズーカ、右持ち手が付属。換装すれば隠し腕を展開した攻撃的なスタイルになります。

 


ニュー・ハイパー・バズーカは背面にマウント可能。バックビューのボリュームをマシマシにできます。

 


全ての武装を装備・マウント・展開するとまさに最終決戦仕様に!

 

Sガンダム(ブースター・ユニット装着型)


『GUNDAM SENTINEL』より、Sガンダム(ブースター・ユニット装着型)。人気も高いα特務部隊のガンダムが、脚部をブースター・ユニットとした高速形態でラインナップされました。武装はないもののとんでもないボリュームで手に持つと重量感もスゴイ。肩部ウイングはABS成形と、細かな気配りも嬉しいところ。スタンドは専用の支柱で宙に浮かせるタイプとなっています。

 


前後に長い頭部はイメージ通り。両肩にはそれぞれ異なるマーキングがプリントされています。

 


背面からブースター・ユニットを捉えると大迫力。8発あるノズルの銀が美しく映えます。

 


拡張パーツセットにはSガンダム(ブースター・ユニット装着型)用にビーム・スマートガンと右持ち手、プロペラント・タンクが付属。換装してフル装備の姿になります。驚異の前後幅! ビーム・スマートガンは連射タイプの砲身になっています。

 


ブースター・ユニットとビーム・スマートガンは設定通りフレームでつながれています。芸コマ! プロペラント・タンクも大サイズで文句なし。

 


ジオング的な魅力を備えた、格好いい異形ガンダム。センチネル好きは見逃せません。

 

ジ・O


『機動戦士Zガンダム』よりジ・O。木星帰りのニュータイプ、パプティマス・シロッコの専用にしてラスボス機体です。巨大なサイズを『# plus』のフォーマットにすることであますところなく再現。塗装も余念なく、脚部装甲の隙間から色の違うフレームが覗くなど見所も多いイチオシ機体です。背面のスタビライザーは別パーツ化され、シャープな形状になっています。ビーム・ライフルもイメージ通りの大サイズ!

 


烏帽子を被ったような不思議なデザインの頭部。モノアイは別パーツで視線を左右に振れます。

 


足裏モールドも抜かりなし。『# plus』の台座はクリアなので、取り外さなくても底面を覗けるのです。

 


拡張パーツセットにはジ・O用にビーム・ソード4本と左右持ち手、隠し腕2本が付属。これらはすべて同時に装備できるので、ビーム・ソード四刀流の威容に!

 


隠し腕は根本と手首で3つの可動軸を持ち、表情付けも自在です。

 


もちろん右腕はビーム・ライフルでも問題なし。とにかくカッコよくアレンジされており、ジ・O好きはマストの仕上がりです。

 

ゴトラタン


『機動戦士Vガンダム』よりゴトラタン。ザンスカール帝国の特殊部隊、ベスパの機体で、数奇な運命を辿ったカテジナ・ルース最後の機体です。どこか毒々しいピンクの機体色も色味はばっちり。右手にはビーム・ライフル、背面には専用のジェネレーターを持つメガ・ビーム・キャノンを装備します。

 


頭部のキツネ目はラインがしっかり塗装されています。ピンクも濃淡二色でしっかり塗り分けられます。

 


ゴトラタンに同梱のメガ・ビーム・ランチャーは背面に収納状態で固定されています。

 


拡張パーツセットにはゴトラタン用に展開可能なメガ・ビーム・ランチャーと自立用の補助パーツが付属。超大サイズの発射形態へ差し替えで移行できます。

 


もちろん収納状態にも。本体に付属するコンパクトな非変形版に比べるとサイズの差は歴然です。どちらで飾るかは好みで!

 


カテジナの妄執が形になったような存在感は『# plus』でも健在。展開・収納ギミックは動かして楽しく、プレイバリューは随一です。

 

 


大ボリュームの本体と拡張パーツで世界観が広がる『# plus』第2弾。通常弾には入りきらない大型機体はいずれも妥協のない完成度です。
大きく向上した塗装精度、的確なカラーの選択にも驚かされるばかり。全塗装ということもあり、写真にも非常に映える「FW GUNDAM CONVERGE # plus」シリーズ。気になる機体がラインナップされているなら全力でオススメいたします!

 

DATA

FW GUNDAM CONVERGE ♯Plus02

  • 全5種
    1.Hi-νガンダム(H.W.S.装備型)
    2.Sガンダム(ブースター・ユニット装着型)
    3.ジ・O
    4.ゴトラタン
    5.拡張パーツセット
  • セット内容:彩色モデル、ガム(ソーダ味)1個
  • サイズ:H約70mm×W約60mm
  • 販売元:バンダイ キャンディ事業部
  • 価格:各990円(税込)
  • 2021年7月5日(月)発売予定

※店頭での商品のお取り扱い開始日は、店舗によって異なる場合がございます。

(C)創通・サンライズ

関連情報

 

関連記事

上に戻る