ガンプラ新作レビュー「MG 1/100 エクリプスガンダム」を作ってみた!

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は『月刊ガンダムエース』で連載中の『機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE』より、注目の主役機「MG 1/100 エクリプスガンダム」を徹底レビューします! MA形態への変形やMG SEEDシリーズの各種バックパックとの互換性など、気になるギミックが盛りだくさんの本アイテム、さっそく見ていきましょう!

▲パッケージの大きさは通常のMGサイズ。見栄を切るエクリプスガンダムがカッコいい!

 

キット内容確認

▲まずは箱の中身から見ていきましょう。こちらは設定もたっぷり掲載されている説明書。説明書の解説で機体の詳細を知っていくのも、発表されてからそれほど時間の経っていない機体ならではの楽しみですよね。

 

▲続いてランナーをチェックしていきましょう。こちらは多色成形のAランナー。多色成形ランナーが複数枚入っているとなぜか得した気持ちになってしまいますね(笑)。

 

▲続いてBランナー。内部フレームなどを構成するランナーです。

 

▲Cランナー。こちらもメカニカル部分のランナーです。

 

▲Dランナー。外装白部分を構成するランナーです。

 

▲Eランナー。外装のほかに、主武装である『72E4式ビームライフル「ジンライ」』のパーツなども入っています。

 

▲Fランナー。鮮やかなブルーが美しい、外装のアクセントになるカラーのランナーです。

 

▲Gランナー。ビームエフェクトパーツのランナーです。

 

▲Iランナー。「MG 1/100 フリーダムガンダム Ver.2.0」と同型のランナーです。エクリプスガンダムはフリーダムのフレーム構造を採用しているという設定とリンクしておもしろいですね。

 

▲Jランナー。こちらも「MG 1/100 フリーダムガンダム Ver.2.0」と同型のランナーです。

 

▲あらかじめ付属しているのがうれしいディスプレイ台座です。

 

▲マーキングシールとホイルシール。宇宙世紀とは趣を異にする、SEEDシリーズならではのマーキング類が見ていて楽しいです。

 

組み立て開始!

▲内容物の確認も終わったのでさっそく組み立てていきましょう。まずは首パーツから。

 

▲首パーツ基部になにやら可動軸が。変形機体ならではのギミックという感じがしますね。

 

▲首の基部ができあがったら頭部に移ります。シャープで男前なフェイス部分!

 

▲頭部上面にも可動軸が設けられています。

 

▲頬のガードをつけたら、首基部と組み合わせます。通常の機体と組み立て方が異なるのも変形機体のおもしろさですね。

 

▲ちなみに頭部上面に設けられた可動軸により、ヘルメット部分が写真のようにせり上がり、回転もします。

 

▲アンテナなどを取りつければ頭部の完成です。

 

▲非常に凛々しい頭部です。

 

▲後ろから。

 

▲続いて胴体を作っていきましょう。まずはフレームから。

 

▲この段階で頭部と合体させます。

 

▲続いて腹周りの外装を取り付けていきましょう。

 

▲胸部の外装もつけていきます。背面にはストライカーコネクトが。

 

▲背面の可動ギミック。ストライカーコネクト上部とその下のスラスターカバーが開閉します。

 

▲胸部前面にはコクピットがイン。タツミ・ホーリのパイロットフィギュアが付属しているのも嬉しいですね。

 

▲コクピットカバーをつけていきます。

 

▲前にせり出していた胸部を首元に押し込んだら胴体の完成です。

 

▲コクピットの開閉ギミック。コクピットカバー上面が前にスライドし、パイロットがちらりとのぞきます。

 

▲お次は腕部を組み立てていきましょう。

 

▲ギミックたっぷりだった胴体に比べ、シンプルな構成です。ハンドパーツは近年のMGらしく、親指以外を差し替えるタイプ。

 

▲腕部に続いて肩アーマーを作っていきます。可動軸がたくさん仕込まれている肩アーマー基部。

 

▲腕部側に接続軸を組みつけ……。

 

▲肩アーマーと合体させます。

 

▲そして外装をはめ込み。どことなくフリーダムの意匠を感じる肩部です。

 

▲肩アーマーの前後にウイング状のアーマーパーツをつけていきます。

 

▲後ろから。

 

▲このウイング状パーツは基部が可動して広げることができます。

 

▲腕部を胴体に組みあわせれば、上半身の完成です。

 

▲ちなみに胴体上面のこのパーツはロック機構になっており、変形時に胸部を引き出す際に、左右に広げることでロックが解除されます。

 

▲さあ、次は脚部を作っていきましょう。まずはフレーム部分から。

 

▲フレームができあがったら、外装を組みつけていきます。

 

▲フトモモ外装前面には、膝を深く曲げたときに連動してスライドするギミックが。こういうのちょっとうれしいですね。

 

▲スネ前面のディテールも非常にカッコいい!

 

▲さらに、特徴的な足首カバーパーツをつけていきます。

 

▲脚部の最後は足首パーツです。カバーに隠れた足首がとても小さい!

 

▲足首を取りつけたら、脚部の完成です。非常に独特なデザインですね。

 

▲後ろから。

 

▲本体の最後は腰部です。まずはフレーム部分から。

 

▲アーマーを取り付ければ腰部の完成です。

 

▲リアアーマーには尾翼が。航空機を思わせるデザインです。

 

▲脚部と組み合わせれば下半身の完成です。これを上半身と合わせれば……。

 

▲本体の完成です!

 

 

 

 

 

 

▲続いて武装類を組み立てていきましょう。こちらは72式ビームサーベル。グリップ部分が可動します。

 

▲主武装である72E4式ビームライフル「ジンライ」。可動式の接続ピンにより、腰部に装着することが可能です。

 

▲さきほど組み立てた「72式 ビームサーベル」を収納することができます。

 

▲こちらは「PS-02 ビームシールド」。スライドして展開するギミックを有しています。

 

▲ビームシールドは防御のみならずアームソードにもなるという設定通り、ビームエフェクトパーツを装着可能です。

 

▲最後はディスプレイ台座を組み立てましょう。あとはマーキングシールを貼ったら……。

 

「MG 1/100 エクリプスガンダム」完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変形させてみよう!

▲ここからは本アイテムの目玉のひとつであるMA形態への変形について解説していきます。まずは両腰の72E4式ビームライフル「ジンライ」を外します。

 

▲そして両脚を左右に広げます。

 

▲足首パーツを折りたたみます。

 

▲足首カバーを外側に回転させ、足首を脚部内部に押し込みます。

 

▲再度足首カバーを回転させ、写真の向きにします。このとき押し込んだ足首がアームで接続されるため、変形によるガタつきもありません。

 

▲MS形態時にカカトカバーだった青いパーツを互い違いに左右に回転させます。

 

▲両脚を合わせれば、下半身の変形が完了です。足首カバーの先端にロック機構があるので、ズレることもありません。

 

▲続いて上半身の変形に移ります。いったん腰リアアーマーを跳ね上げ、ロックパーツを解除します。

 

▲ロックを解除したことで上半身を写真のように前屈させることができます。

 

▲上半身を前屈させたら、再度腰リアアーマーを下してロックします。これで上半身の角度が固定できます。

 

▲続いては腰サイドアーマーの角度を変更。

 

▲そして胸部パーツを引き出します。

 

▲頭部はヘルメット部分を引っ張りあげ、向きを反転させます。頭頂部の可動ギミックはここで活きてくるんですね~。

 

▲ヘルメットを反転させたら、頭部を胴体に押し込みます。

 

▲だんだんとMA形態らしくなってきました!

 

▲続いては腕部の変形。まずは肩アーマー下部を引き出し、ロック機構を解除します。

 

▲ロック機構を解除したことで肩アーマーが回転できるので、肩アーマーごと腕の向きを変えます。

 

▲そして肩アーマーに据えられたウイングを広げます。

 

▲腕部をいったん後方へと展開します。

 

▲後方に展開した腕部を曲げ、肩アーマーとドッキング。この際、肩アーマーとビームシールドが連結されるので、カッチリと固定できます。そして最後に72E4式ビームライフル「ジンライ」を腰サイドアーマーに装着すれば……。

 

MA形態の完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

別売りの各種バックパックを接続してみよう!

そして「MG 1/100 エクリプスガンダム」のもうひとつの目玉として、別売りのストライカーパック、シルエット、ウィザードなどMG SEEDシリーズの各種バックパックを接続できるというギミックがあります。

▲さまざまなMG SEEDシリーズのバックパックを装備できる「MG 1/100 エクリプスガンダム」。プレイバリュー高い!

 

そこで今回は、個人的にぜひとも装着したところを見てみたいと思ったコイツを試してみます!

 

▲というわけで「MG 1/100 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM」に付属するオオトリを用意してみました!

 

▲このように「MG 1/100 エクリプスガンダム」の背面にはストライカーコネクトが据えられているので、MG SEEDシリーズのさまざまなバックパックが装着可能。シルエットやウィザードを装着するときのためのジョイントパーツも付属しています。

 

▲というわけでオオトリを装備した状態。カッコいい!

 

 

 

▲さらに、さまざまなバックパックはMA形態でも装着可能。オオトリを装着したことで“武装てんこもり”状態になりました。

 

これにて「MG 1/100 エクリプスガンダム」のレビューは終了です。ガンプラでは珍しいタイプの変形機構を持った本キットですが、各所に設けられたロック機構によりガタつくことなく“カッチリ”と美しいシルエットを保ってくれます。また、バンダイホビーサイトでは、本キットの変形サポート動画を公開中とのことなので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。別売りの各種バックパックを接続するギミックもとても楽しく、「完成してからも動かして遊べる」キットだと思います!

 

DATA

MG 1/100 エクリプスガンダム

  • 発売元:BANDAI SPIRITS
  • 価格:5,500円(税10%込)
  • 発売中

 

(C)創通・サンライズ

関連情報

上に戻る