着陸脚をスクラッチ!〈ドメラーズIII世〉を艦艇精密機械画集のディテールで作る~その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

これまでファンが見たかった・知りたかったディテールが詰め込まれた一冊「宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集」。

の資料に基いて「ゼルグート級一等航宙戦闘艦 〈ドメラーズIII世〉」を細部までディテールアップ&着陸脚をスクラッチで追加した仕様で製作する今回の作例!

 

第2回ではいよいよスクラッチで製作した着陸脚にスポットを当てた内容でお届けします。

 

N20160401DM@_008

 

〈ドメラーズIII世〉の発売当初はキットの大きさとその偉容で各模型誌で大々的に取り扱われ、電飾作品やディオラマ作品が模型メディアを賑わせました。
「艦艇精密機械画集のディテールアップはぜひやりたい、しかしそれだけでは今さら感が強い……」ということで、ここはひとつフルスクラッチを売りとするSOY-YA!!ならではのプラスアルファとして、本体収納式の着陸脚製作となりました。

『宇宙戦艦ヤマト2199』の劇中で描かれながら、キットでは再現されることのなかった〈ドメラーズIII世〉の着陸脚。今回作例として製作したことで、その全容をよりリアルにご覧いただければ幸いです。


N20160401DM@_006

 

形状の異なる5列に渡る着陸脚を再現。本体収納ギミックはもちろん、内部にポリキャップを仕込むことで、自重で引っ込まないよう加工しました。

 

N20160401DM@_009

 

こちらは差し替え式ですが、ドメル将軍が降りてくるタラップも再現しました。

 

 

作例記事第2回 着陸脚

N20160430DM_001

 

艦底部パーツの着陸脚部分をスジ彫り部分から丁寧に切り離します。公式設定画に合わせて前方から脚A,B,C,D,Eとします。
脚Aはキットの状態では小さいので、切り離したパーツは使用せずプラ板積層から作り直しました。
脚D,Eもキットのスジ彫り通りのサイズでは細かったり形が微妙に違うので、スジ彫りを無視して大きめにカットしたり、プラ板を足したりして形状を変えました。

 

N20160430DM_002

 

N20160430DM_003

 

各脚、主にプラ板積層の削り出しや箱組から作ります。設定画はもっと上の部分まで描き込んであるのですが、全部作ってしまうと船体内に脚が収めきれなくなるというのと、劇中シーンを観るとほとんど脚収納部内に隠れているので作っていません。
なお、脚Bは設定画通りですと着陸時に前後に3分割して3本脚になるのですが、この脚だけ凄くディテールが細かくなってしまい、スケール的にも他の脚とのバランスがとれなくなってしまうと感じたので、1本脚にしています。

 

N20160430DM_004

 

N20160430DM_005

 

艦底部パーツに脚収納部を作っていきます。

(併せて、第1回ではお見せしていなかった艦底部の追加ディテールもご覧ください。)
収納部の箱の高さは各脚と同じ高さとし、脚を本体内部に収納したとき、それ以上奥に入らないようにしています。
艦底部のディテールですが、離着陸用スラスターのディテールは長方形に凹んでいるだけなので、劇中のガイペロン級多層式航宙母艦の離陸シーンを参考に、ノコギリ屋根状のモールドの入ったプラ板を長方形ディテールに合わせて小さくカットし、小型彫刻刀で穴を深く彫って埋め込んでいます。
それからドメル将軍が降りてくる昇降用タラップを差し換え式で表現するために、昇降口に穴を開けています。

 

N20160430DM_006

 

N20160430DM_007

 

各脚上部に直径5ミリのプラ棒を射し込み、脚収納部天井に通します。各脚収納部天井裏には市販のポリキャップを取り付けて、着陸状態時に本体の重みで脚が引っ込まないようにしています。
脚BとEはそのまま脚を垂直に降ろすと、本体形状の関係で脚が着陸面にきれいに接地しないので、ポリキャップの横軸を利用して、脚がちょうどガンプラの足首のように動くようにし、着陸面に接地するようにしました。
なお、各脚は取り付けてからでは塗装出来ないので、脚収納部と共に先に塗装します。

 

N20160430DM_008

 

N20160430DM_009

 

各脚を伸ばした状態です。5ミリプラ棒のシャフトに短く切ったプラパイプを取付け、必要以上に脚が伸びないようにし、全ての脚がきれいに着陸面に接地するように調整しています。
脚を出すときは、船体上面のディテールに見立てた小穴から1.2ミリの金属棒(昔のFDやMOを強制排出するやつが手元にあったので、それを利用)を刺し込んで、各脚のシャフトを押し出すようにしています。収納はそのまま手で押し込みます。
なお、〈ドメラーズIII世〉のキットは収納時を考慮して船体が前後2分割になる仕様ですが、ちょうどこの接続部分に脚Bの脚収納部がきてしまい、この作例は前後2分割が不可能になっています。

 

N20160430DM_010

 

どうせ分割できないならと、船体をそれぞれ上面パーツ、下面パーツに分けて接着してしまいます。その際、船体前後パーツの間に挟まる三角形状のパーツも上下に2分割して接着しました。艦橋部分は本来、船体前後を合わせる前でないと取り付けられないのですが、次の工程を考えて後ハメ出来るように、艦橋差込部の一部を大きく切り欠いています。

 

 

第2回の着陸脚製作編はここまで!

第3回では、電飾加工(奮闘)編をお届けします。

公開は約1週間後を予定。お楽しみに。

 

 

<DATA>

ゼルグート級一等航宙戦闘艦ドメラーズIII世

■1/1000スケールプラスチックキット

■全長:約730ミリ

■価格:12,000円(税抜)

■発売中

■発売元:バンダイホビー事業部

 

<関連情報>

 

 

(c)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会 (c)西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery