ガンプラで見る『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(その7)HGUC 1/144 ドライセン(ユニコーンVer.)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

GUCTV_20160221_01

 

 

本コーナーでは、日曜朝7時よりテレビ朝日系にて放送されている『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』に登場したモビルスーツを、電撃ホビーマガジンやその別冊に収録された作例記事にて紹介します!

 

 

 

GUCTV_20160221_02

 

今回は、パラオ攻略戦にてバナージの前に立ちはだかったドライセンの、岩輔製作の作例を紹介します。物語冒頭で活躍し、本コーナーでも作例を紹介したスタークジェガン(製作:古木誠人)同様、無名の戦士として描かれていますが、それがまたシブい魅力を放っているシーンでした。

 

キットは“袖付き”の機体ということで、前腕と胸部にエングレービングが施された「ユニコーンVer.」となっています。この製品がリリースされた後、元の機体となった『機動戦士ガンダムΖΖ』版のドライセンも製品化されていますので、本記事を参考に、お好みのバージョンを、是非作ってみてください!

 

HGUC 1/144 ドライセン(ユニコーンVer.)

hguc_dreissen_ucVer_PAC_

 

ユニコーンガンダムと激しい一騎打ちを演じたドライセン。その姿は元来の機体の袖などにエングレービングを配し、一部カラーリングが変更されたものだった。キットは、劇中で使用したバズーカはもちろん、未登場のビーム・ランサーやビーム・トマホークなども付属するなど、ボリュームたっぷりの内容となっている。

 

 

モノアイレールのディテールアップがこのキット攻略のキモ

 

プロポーションも良く武器も豊富に付属しているので、とても作り甲斐のあるキットだと思います。

 

002

 

003

 

005

006

▲キット素組み(写真右)との比較。ディテールの追加と頭部モノアイレール以外はほとんど無改造。キットの素性の良さが分かる。

 

頭部は頭頂部のトゲをプラ棒で作り直して尖らせました。モノアイ部分は0.5ミリ厚の塩ビ板をバキュームフォームして、クリアーパーツ化。中のメカ部分はプラ板と市販パーツを組み合わせて作りました。

 

▲モノアイの内部メカは市販パーツの組み合わせで再現。バイザーは塩ビ板をバキュームフォームして新造している。

▲プロポーション、ディテールともに素晴らしい出来のこのキット。さらにその魅力を引き出すには頭部モノアイレールのディテールアップは欠かせないポイント。作例はここに工作を集中させている。

 

▲プロポーション、ディテールともに素晴らしい出来のこのキット。さらにその魅力を引き出すには頭部モノアイレールのディテールアップは欠かせないポイント。作例はここに工作を集中させている。

▲モノアイの内部メカは市販パーツの組み合わせで再現。バイザーは塩ビ板をバキュームフォームして新造している。

 

▲キット素組みの頭部。

▲キット素組みの頭部。

 

胴部は胸ダクト内の塗装がしづらいので、モールドを削り落とし塗装後に市販パーツを接着しました。リアスカートのスラスターの裏に穴が開いているのでプラ板とポリエステルパテ(以下ポリパテ)で埋めています。

 

▲胸部の白いダクト内部はモールド塗装の便を考慮して、一度くり貫いた後市販パーツに置き換えている。

▲胸部の白いダクト内部はモールド塗装の便を考慮して、一度くり貫いた後市販パーツに置き換えている。

 

▲キット素組みの胸部。

▲キット素組みの胸部。胸のエングレービングは付属のシールを使用。

 

腕部は、ヒジ関節部の肉抜き穴をポリパテで埋めました。肩アーマーは肩関節パーツを挟み込む方式なので取り付け部に切り欠きを入れ、塗装後に組み立てられるよう後ハメ加工。

 

▲3連装ビーム・キャノンは前腕カバー位置を付け替えることで展開状態を再現。作例は砲身を設定通りにディテールアップ。砲口はもちろん側面の放熱穴まで再現。

▲3連装ビーム・キャノンは前腕カバー位置を付け替えることで展開状態を再現。作例は砲身を設定通りにディテールアップ。砲口はもちろん側面の放熱穴まで再現。

 

脚部は、ヒザ関節部の肉抜き穴をプラ板とポリパテで埋め、足裏のスラスター部を市販パーツでディテールアップしてあります。

 

武器等は、トライブレード展開時の羽をプラ板で作り直して薄く。バズーカは砲口にプラ材でディテールを追加。本編には登場していないビーム・ランサー、ビーム・トマホークは『機動戦士ガンダムZZ』登場時のイエローで塗装しました。

 

▲キットには豊富な武装がセットされている。右からトライブレード(展開状態)、ヒート・ホーク、ビーム・ランサー、ビーム・トマホーク、ビーム・ランサーとトマホークを繋げたナギナタ状態、バズーカ。ビーム・ランサーなどにはクリアー刃も付属。

▲キットには豊富な武装がセットされている。右からトライブレード(展開状態)、ヒート・ホーク、ビーム・ランサー、ビーム・トマホーク、ビーム・ランサーとトマホークを繋げたナギナタ状態、バズーカ。ビーム・ランサーなどにはクリアー刃も付属。

 

ドライセンのエングレービングは黒ではなく、胴部と同じ濃紺と白なのでマスキングして塗装。シナンジュやギラ・ズールに比べたらシンプルなのでぜひ塗装にチャレンジしてみてください。

 

007

 

COLORING DATA

紫…67番・パープル+1番・ホワイト+65番・インディブルー+3番・レッド:少量
青…65番・インディブルー+3番・レッド+1番・ホワイト:少量
濃紺…326番・ブルーFS15044+3番・レッド+1番・ホワイト少量
関節グレー…72番・ミディアムブルー+42番・マホガニー:少量+2番・ブラック:少量
赤…CG2番・レッド(1)
白…1番・ホワイト
バーニア金属色…SM03番・スーパーアイアン
※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」及び「ガンダムカラー」

 

DATA

HGUC 1/144 ドライセン(ユニコーンVer.)

■1/144スケールプラスチックキット

■発売中

■価格:2,100円(税込)

■発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • Gframe05_EC
  • 20190412sugumikouhen01catch
  • 20190412sugumizenpen01catch
  • bppz1903_re01_ReZero_ec
  • bppz1903_re02_loveliveSS1_ec
  • ec_06
  • ec_ziou_00
  • ec_001