ガンプラで見る『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(その10)HGUC 1/144 ジェスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

GUCTV_20160221_01

 

 

本コーナーでは、日曜朝7時よりテレビ朝日系にて放送されている『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』に登場したモビルスーツを、電撃ホビーマガジンやその別冊に収録された作例記事にて紹介します!

 

 

 

GUCTV_20160221_02

 

今回は、ラー・カイラムに所属し、劇中にてダカール防衛に向かったトライスターの乗機「ジェスタ」です。UC計画の中、ユニコーンガンダムの随伴機として開発されたジェガン系MSの上位機であるジェスタは、搭乗するトライスターともども人気があり、現在MG、HGUCにてガンプラ化され、実機同様人気のキットとなっています。今回は、岩輔によるHGUCの作例をご紹介します。

 

HGUC 1/144 ジェスタ

hguc_jesta_PAC_

ロンド・ベルのラー・カイラム所属エースパイロット、トライスター。彼らの搭乗機ジェスタがHGUC化。プロポーション、アクションギミックなど申し分のない好キットを岩輔がレビュー。細部のディテールアップとシールド基部の伸縮ギミックの再現などをメインに製作している。

 

 

トライスターの愛機を細部にわたって徹底的に作り込む!

1111_UC_RGB

 

このキットはプロポーションがとてもよく、しかも非常に作りやすいキットです。

 

▲作例前面。

▲作例前面。

 

▲作例背面。

▲作例背面。

 

▲キット素組みとの比較。

▲キット素組みとの比較。左が作例、右がキット素組み。

▲キット素組みとの比較。左が作例、右がキット素組み。

 

頭部はディテールを深く彫り直し、0.5ミリほど首を伸ばしました。センサー類は裏をシルバーで、表をクリアーカラーで塗装した透明プラ板を貼り付けています。

 

009a0

▲頭部は各ディテールをより深く彫り直している。またセンサー類には裏をシルバー、表をクリアーカラーで塗った透明プラ板を貼り付けている。

▲頭部は各ディテールをより深く彫り直している。またセンサー類には裏をシルバー、表をクリアーカラーで塗った透明プラ板を貼り付けている。

 

腕部は唯一、後ハメ加工が必要なところ。ヒジ関節パーツC1、C2の前腕部への接続ピンを差し込めるくらいまで短く切って、前腕部の接続部に切り欠きを入れれば後ハメが可能です。左腕はヒジ部分が狭くなっているので、関節の角を削りうまく入るように加工しました。左腕のサーベル部は、エッチングソーで切り取った後可動式にしてあります。

 

▲左前腕のビーム・サーベルは基部パーツを丁寧に切り離し、可動ギミックを新造。設定通りに展開できるようにした。

▲左前腕のビーム・サーベルは基部パーツを丁寧に切り離し、可動ギミックを新造。設定通りに展開できるようにした。

 

肩アーマーは、パーツC6にPC10が奥まで入らないようにプラ板を挟み0.5ミリほど上げました。

 

014

▲肩アーマー基部はポリパーツとの接続面に0.5ミリプラ板を挟み、かさ上げ。腕全体を0.5ミリ上げている。(写真右がキット素組み)

▲肩アーマー基部はポリパーツとの接続面に0.5ミリプラ板を挟み、かさ上げ。腕全体を0.5ミリ上げている。(写真右がキット素組み)

 

脚部はツマ先の形状を変更し、アンクルガードの下部にC面を追加。足首とヒザのフレームは肉抜き穴が目立つのでポリエステルパテで埋めてあります。

 

▲脚部はツマ先の形状を変更しアンクルガード下面を斜めにカット。足首関節の肉抜き穴をポリエステルパテで埋めている。(以上すべて写真右がキット素組み)

▲脚部はツマ先の形状を変更しアンクルガード下面を斜めにカット。足首関節の肉抜き穴をポリエステルパテで埋めている。(以上すべて写真右がキット素組み)

 

胴体は、ディテールを少々追加した以外はほぼストレート組みです。フロントアーマーのみ内側に0.5ミリプラ板を貼ってスキ間を埋めています。

 

012

▲胸部上面にはスジ彫りを施し、プラ材でディテールを追加。また首はポリパーツの接続面に0.5ミリプラ板を挟み、かさ上げしている。

 

▲キット素組み。

▲キット素組み。

 

バックパックは裏の肉抜き穴をプラ板で埋めました。

 

▲バックパックは裏面をプラ板で埋めているほか、押し出しピンの跡も消している。(写真右がキット素組み)

▲バックパックは裏面をプラ板で埋めているほか、押し出しピンの跡も消している。(写真右がキット素組み)

 

▲作例のバックパック部分。

▲作例のバックパック部分。

 

▲キット素組み。

▲キット素組み。

 

シールド基部は、ABS板等を使い可動式に。シールドはミサイルが一体成形なので削り取り、プラ棒から削り出したものに交換。

 

▲シールド基部のアームは可動式に。写真左が可動式の作例。右の2つが、キット付属の、伸・縮2タイプのパーツ。

▲シールド基部のアームは可動式に。写真左が可動式の作例。右の2つが、キット付属の、伸・縮2タイプのパーツ。

 

▲作例の可動式アームを折りたたんだところ。

▲作例の可動式アームを折りたたんだところ。

 

024

▲ミサイルはプラ棒からの削り出しで製作。

 

ビーム・ライフルは銃身の下と、マガジンとトリガーガードの間に補強の板が付いているので削り取ってあります。

 

▲ビーム・ライフルは、銃身の下及びマガジンとトリガーガードの間の板状の部分を丁寧にカットしている。

▲ビーム・ライフルは、銃身の下及びマガジンとトリガーガードの間の板状の部分を丁寧にカットしている。

 

シンプルなカラーリングですが、ヒザ、ヒジのマルイチモールド等塗り分ける部分が多いのでマスキングが大変です。最近は丸くカットされたマスキングシートも売られているので、利用してみるといいかもしれません。

 

017

008

 

COLORING DATA

青…328番・ブルーFS15050+3番・レッド+2番・ブラック+1番・ホワイト
紺…326番・ブルーFS15044ミディアムブルー…72番・ミディアムブルー+3番・レッド+1番・ホワイト
グレー…37番・RLM75グレーバイオレット
黄色…58番・黄橙色
バーニア…SM03番・スーパーアイアン
※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」

 

DATA

HGUC 1/144 ジェスタ

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:1,728円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery