ガンプラ作例【RG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ】を人首猛が製作!~ワンポイント工作編~(その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

▲「RG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ」。製作:人首猛

 

『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』に登場する「ダブルオークアンタ」が満を持してRGシリーズに登場! プロポーション、ディテール、ギミック等、スキのないパーフェクトな仕上がりで大好評の本キットを、人首猛がワンポイントのアクセントを加えつつ、製作します!

 

第2回目となる今回は、製作の際の注意点や工作ポイント等をモデラー・人首猛さんのコメントを交えて解説します。

 

 

 


 

RG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ

『劇場版 機動戦士ガンダム00』の主役機ダブルオークアンタです。すでにHGやMGでキット化されていましたが、今度はRGで発売です。RGらしく可動範囲も増え、プロポーションは全体的にはHG版よりガッチリした印象を受けます。バランスよくモールドが追加されており、素晴らしい完成度ですね。色分けもほぼ再現されているので、塗装なしの簡単仕上げでも十分見栄えするものになりそうです。今回は一部に工作を行いつつ製作。といっても、ほとんどそのままだっ たりするのですが(笑)。

 

頭部・胴体

額のクリアパーツ(A-24)の接続ダボを切り取り、裏をシルバーで塗り光らせるようにして接着するようにしています。頭部アンテナ(A-7)と胸部(A-8)のパー ツをより薄くシャープに仕上げています。

 

QB02

QB03

▲頭部はツノをシャープ化、またセンサー部が発光しているように見せるためにクリアーパーツ裏からシルバーを塗装しています。素組みと比べれば、これらの加工が効果的なのが分かるでしょう。

 

GNシールドに付くGNドライヴのクリアーパーツはそのままだと表面にシールを貼ることになります。なので他のGNコンデンサ同様内側にシールがくるよう加工しました(写真を参考にしてください)。

 

QB05

QB04

▲GNドライヴのシールが内側に入るように処理。シールド裏でわりと目立たない部分ではあるものの、ちょっとした加工でぐっと見映えがよくなります。

 

 

武器

GNソード、ビット等のクリアーパーツの先端も削り込んでシャープにしています。

 

QB06

QB07

QB08

▲削り込みで素組みと比べて鋭角さが際立ちさらにシャープな印象に映るGNソード等各種。クリアーパーツの削り込みはキズが目立つので、目の細かいヤスリやコンパウンドを使って丁寧に磨きます。

 

次回は、塗装についてお送りします。

 

DATA

RG 1/144 GNT-0000 ダブルオークアンタ

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:2,700円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery