ガンプラ作例【HG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティ】を本庄聖が製作!!(その2~工作編~)

製作・文●本庄聖/編集●電撃ホビーウェブ編集部

物語も大きく動きはじめ、さらなる盛り上がりを見せる『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。今回は、鉄華団の要である昭弘・アルトランドの新愛機、HG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティの作例をお送りします!

 

キットは完成度の高いHG 1/144 ガンダムグシオンリベイクに新規パーツを盛り込んだ内容だけに、クオリティは折り紙つき! 複雑なデザインのガンダム・グシオンリベイクフルシティを、繊細なディテールで見事に再現しています。また、アニメ本編で明らかになった驚愕の新武器・シザース可変型リアアーマーや照準モードヘッドパーツ、隠し腕やナックルガードといった固有のギミックもしっかりと再現されており、プレイバリューの高い「遊べる」キットとなっています。

 

今回は、そんなHG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティを本庄聖が製作! ディテールの追加やプロポーションの微調整、後ハメ加工といったポイントを押さえつつ、改修直後の機体を想定してウェザリングを施さず、清潔感のある仕上がりを目指しています。

 

 

▲「HG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティ」 製作:本庄聖

▲「HG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティ」 製作:本庄聖

 

※バックナンバーも併せてご覧ください。

 

 


 

HG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティ

▲製作・文 本庄聖

▲製作・文 本庄聖

 

前回の、未塗装で仕上げるHG ガンダムバルバトスルプスに引き続き、HG ガンダムグシオンリベイクフルシティの作例を担当させていただきます、本庄です。

 

このHG ガンダムグシオンリベイクフルシティですが、組んで一番最初に気になったのが、身長です。設定上、小さな機体だと思うのですが、HG ガンダムバルバトスルプスと並べると身長差が気になり、もう少し大きいほうが武装や他パーツとのバランスが良くなると感じたので、くるぶしのフレーム関節部分で3mmほど延長しました。

 

また、この工作により、スネの装甲をはめても関節が丸見えとなってしまいますので、外側になる面だけ装甲の下端を延長しています。内側は可動の関係上、そのままとしました。

 

さらに脚部ですが、まっすぐに伸ばしたときに、ヒザが干渉して少し曲がって見えてしまうので、ヒザ裏の装甲とフレームを2~3mm削り、まっすぐ伸ばしても干渉しないよう調整しました。それにより素立ちの時に、シュッとした印象になりました。

 

そして股間ブロックですが、上下幅が薄く浮いた感じになっていたので、中央下部を延長しガンダムバルバトスルプスと同じようなシルエットに変更しています。

 

腕部はオルフェンズシリーズ他キットと同様に、合せ目が発生してしまいますので、分割ラインを変更し、合せ目を処理しています。

 

また、背部バインダーや肩アーマーなどは受け軸を「コ」の字にカットし、合わせ目を処理したあとで軸パーツをパチンとはめ込む方式を取っています。もし、それによりユルユルになってしまった場合は、受け軸の内側、または軸パーツに瞬着を塗り、少し太らせてあげるときつくすることができますので、調整してみてください。コの字カット方式だと保持力に心配がある部分は、分割ラインと反対側に同じようにスジ彫りを加えて、モールド化する方式をとっています。

 

▲左が作例の脚部。くるぶしで延長していることがわかります。

▲左が作例の脚部。くるぶしのフレーム部分で延長しているのがわかると思います。

 

▲また、写真のようにヒザ裏を削り込むことで、足がまっすぐ伸びるようにしました。

▲また、写真手前のようにヒザ裏を削り込むことで、足がまっすぐ伸びるようにしています。この工作は手軽なうえに素立ちのときの印象が大きく変わるので、おすすめの工作です。

 

▲作例の脚部。ヒザ裏を削ることで、足がまっすぐ伸びるようになりました。

▲完成した脚部です。モモから足先への流れがよくなりました。

 

▲キット素組みの脚部です。

▲キット素組みの脚部です。

 

▲股間ブロックは下端にプラ板を貼り足し、上下に長くしています。また、フロントアーマーの軸をセンターで切ることで、左右独立可動式としています。

▲股間ブロックは下端にプラ板を貼り足し、上下に長いシルエットに変更しています。また、隙間が気になったので、フロントアーマーの軸を短くしています。

 

▲キット素組みです。

▲キット素組みです。

 

▲胸のコクピットブロックは、プラ板で前方への張り出しを大きくしています。

▲胸のコクピットブロックは、プラ板で前方への張り出しを大きくしています。

 

▲完成した胸部。張り出しを大きくしたことで迫力が生まれました。

▲完成した胸部。張り出しを大きくしたことで存在感が生まれました。

 

▲キット素組みです。

▲キット素組みです。

 

▲腕部などの合わせ目が発生する部分は、分割ラインを変更して後ハメできるようにしています。

▲腕部などの合わせ目が発生する部分は、分割ラインを変更して後ハメできるようにしています。右が作例。

 

▲肩アーマーなどは、受け軸をコの字にカットにすることで後ハメ式に。ゆるくなってしまった場合は、軸に瞬着を塗って太らせましょう。

▲肩アーマーなどは、受け軸をコの字にカット。この工作により、塗装後に後ハメできるようになりました。

 

シザース可変型リアアーマーのように、コの字カット式では強度に不安が残る部分は、合わせ目を消さずに、反対側に合わせ目と同じようなスジ彫りを掘ることで対処。

▲シザース可変型リアアーマーのようにコの字カット式では強度に不安が残る部分は、合わせ目を消さずに、反対側に合わせ目と同じようなスジ彫りを彫ることで対処しています。こうすることで、合わせ目がディテールのように見えるうえに、後ハメできるようになります。

 

▲プラ板の小片やスジ彫りで、全身にディテールを追加。情報量が増え、よりメカニカルな印象が増しています。

 

▲キット素組みです。

▲キット素組みです。

 

▲ちなみに、キットにライフルは付属していないのですが、やはり持たせたい! ということでHG ガンダムグシオンリベイクから持ってきています。

▲ちなみに、キットにライフルは付属していないのですが、やはり持たせたい!ということで、HG ガンダムグシオンリベイクに付属のものを急きょ製作しています(製作:編集部)。

 

 


 

次回は、仕上げ・フィニッシュについてお送りいたします!

 

DATA

HG 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティ

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:1,296円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・MBS

上に戻る