「だんだん仕事が減ってきた」パンクブーブー佐藤とサクライ総統が大河原邦男直撃インタビュー!!第1回【地元稲城について】

更新日:2016年12月30日 21:54
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ニコ生「突撃!電ホビステーション」の企画で、大河原邦男先生に直撃インタビューを敢行した、パンクブーブー・佐藤哲夫さんとプロモデラー・サクライ総統。とても貴重なお話をたくさん聞けたので、電撃ホビーウェブでも公開しちゃいます!! 全6回のスペシャルインタビュー、第1回は大河原先生の地元・稲城についてです!! またインタビューの模様は、「電撃ホビー.ch」会員限定で動画でも公開中なので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

 

h20161222ok_001

 

チャンネルへの入会は「電撃ホビー.ch」ページよりお申し込みください!

 


 

パンクブーブー佐藤哲夫(以下、佐藤):それでは早速ご紹介いたしましょう! 『科学忍者隊ガッチャマン』(※)、『機動戦士ガンダム』をはじめ数々のメカ設定、メカニックデザイナーとして参加されている巨匠、大河原邦男先生です!!

 

大河原邦男(以下、大河原):こんにちは。大河原邦男です。よろしくお願いします。

 

佐藤:よろしくお願いします。せっかく大河原先生の地元に来ておりますので、「地元」ということで稲城の良いところを教えてください。

 

大河原:まず静かなところですね。江戸時代からうちは稲城にあり、生まれてから現在までずっと発展の状況を見ています。子どもの頃は、ほとんど名産の梨と水田、畑、そういう環境の中に民家が点在しているという、日本の原風景を表したような土地で、北側には徒歩5分の場所に多摩川がある。今ではどんどん山が崩されていますけど、昔は里山がずっと続いていた、本当に牧歌的なところですね。

 

佐藤:子どもの時からずっと稲城にいらっしゃるんですか?

 

大河原:そうです。うちは江戸時代から11代ずっとです。

 

佐藤:一回離れてみようかなと思ったことはないのですか?

 

大河原:30年くらい前に石垣島に移住しようかなという気持ちはありました。

 

佐藤:何で石垣島だったんですか?

 

大河原:その時期にダイビングをしていたんです。将来こういうところで暮らせたらいいなと思って土地まで購入しましたが、遠すぎるので10年ぐらい前に土地も手放しました。でも年を取ってくるとやっぱり地元がいいという気持ちになりますよね。

 

サクライ総統(以下、サクライ):ダイビングやられてたんですよね。

 

大河原:そうですね。40歳ぐらいの頃です。

 

サクライ:なんか赤い肩のウェットスーツを着ていたという噂がありますけど。

 

佐藤:そうなんですか? レッドショルダー(※)? それは特注で作られていたのですか?

 

大河原:ダイビングスーツって大体特注なんです。本当はそういう気持ちはありませんでしたが、何か色気が欲しいなということでレッドショルダーにしました。

 

サクライ:オシャレですね。他の人は着れないですね(笑)。

 

佐藤:ダイビングされるきっかけはあったんですか?

 

大河原:特にはなかったんですけど、あの頃流行ってましたね。私が30代後半で、だんだんアニメの仕事が定着してきた頃で、ちょっとダイビングでもやってみたいという気持ちの時に、メカデザイナーでいうと出渕裕(※)さんと一緒に行きました。当時原田知世さんの映画『天国に一番近い島』(1984年・東映)が人気でね。メカデザイナー連中は原田知世さんが大好きで、その頃ダイビングライセンスを取る人がすごく多かったんです。ただ取って行かないという方も随分多かったんですけどね。私はあっちこっち潜りに行っていたタイプ。フィリピンの海にも潜りましたが、石垣島、佐久島諸島の山がすごく綺麗で、そこに魅せられて、年4回一週間ずつ潜りに行ってたらだんだん仕事が減ってきたんですよ。仕事をオファーしてもどっか行っちゃってるから(笑)。仕事がなくなっては困ると慌てていた時期に、ちょうど『メロウリンク』(※)、OVAだけになってしまった時があって、これはいかんということで、『グランゾート』(※)からまた真面目に仕事を始めました(笑)。

 

佐藤:そうなんですね。じゃあ稲城に戻って良かったですね(笑)!

 

 

※科学忍者隊ガッチャマン…1972年~1974年に放映していたタツノコプロ制作のSFアニメ作品。大河原邦男が初めてメカニックデザインとして参加した。
※レッドショルダー…『装甲騎兵ボトムズ』に登場する右肩部を暗い赤で染めたスコープドッグ。
※出渕裕…1979年に『闘将ダイモス』でメカニックデザイナーとしてデビュー。『聖戦士ダンバイン』『機動戦士ガンダム』シリーズのメカニックや、特撮作品のキャラクターデザイン等を手がける。
※メロウリンク…『機甲猟兵メロウリンク』は1988年~1989年にかけて発売されたOVA。『装甲騎兵ボトムズ』の外伝にあたる作品。
※グランゾート…『魔動王グランゾート』は1989年~1990年に放映されたサンライズ制作のロボットアニメ。

 


 

以上、大河原邦男直撃インタビュー【地元稲城編】でした。次回は、【ターニングポイント】についてお届けします!!

 

 

DATA

突撃!電ホビステーション

※番組内容は変更になる場合があります。

 

●「突撃!電ホビステーション」とは

電撃ホビーウェブ編集部が毎月1回ニコニコ生放送でお届けする、ホビー総合バラエティ番組(毎月下旬頃に放送)。プラモデルやフィギュア、おもちゃ、イベント情報などのホットな話題をお届けします。番組MCは、プラモ好きとして知られるパンクブーブーの佐藤哲夫さん(吉本プラモデル部)。アシスタントは声優の大和田仁美さん&長江里加さん。解説や実演をプロモデラーのサクライ総統が行っています。

 

関連情報


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery