ガンダムマーカーがそのままエアブラシに!?話題の「ガンダムマーカーエアブラシシステム」を使ってみた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

発表以来、「実際、つかってみたらどうなのよ!?」「どんな感じで塗れるの?」と、その性能について注目を集める新たなツール「ガンダムマーカーエアブラシシステム」。ついに発売された本アイテムを、電撃ホビーウェブでは実際に使用してレポートします!! この「ガンダムマーカーエアブラシシステム」を用いて塗装した作例もありますよ!

 

▲こちらが「ガンダムマーカーエアブラシシステム」。

▲写真右が「ガンダムマーカーエアブラシシステム」。セットに付属するエアー缶で使用できますが、写真左の別売り「Mr.ジョイント3点セット」を用いれば、コンプレッサーに接続することもできます。

 

ちなみに「ガンダムマーカーエアブラシシステム」を簡単に解説すると、ハンドピースの先端にガンダムマーカーをセットし、エアーの圧でマーカーの塗料を吹き飛ばして塗装するというもの。つまり、ガンダムマーカーでそのままエアブラシ塗装ができるという革新的なツールなのです。しかもお値段は3,400円(税別)と、エアブラシ一式を購入するよりもリーズナブル。これは試してみるしかない!ということで、さっそく箱を開けてみましょう!

 

 

それでは実際に使ってみましょう!!

▲こちらが「ガンダムマーカーエアブラシシステム」の中身。

▲こちらが「ガンダムマーカーエアブラシシステム」の中身。左から説明書、エアー缶とハンドピースをつなぐホース、ハンドピース、エアー缶、エアバルブです。今回はサンプルなので入っていないのですが、実際にはこれにガンダムマーカーの替え芯が3本付属します。

 

▲こちらがおなじみガンダムマーカー。

▲おなじみガンダムマーカー。これをそのままハンドピースの先端にセットするわけです。

 

▲試しにセットしてみました。これで人差し指のトリガーを押せば、ハンドピースから吹き出したエアーがマーカーの塗料を飛ばしてくれるという仕組みです。

▲試しにセットしてみました。これで人差し指のトリガーを押せば、ハンドピースから吹き出したエアーがマーカーの塗料を飛ばしてくれるという仕組みです。

 

▲ホースの逆面を、

▲ハンドピース側と逆のホースの先端を、エアバルブを使ってエアー缶にセットします。エアーが漏れ出さないように、エアバルブはしっかりと締めこみましょう。

 

▲

▲そして、ガンダムマーカーを押しつけて、芯にしっかりと塗料を染みこませます。この作業が不十分だと塗料の飛び方が不均一になってしまうので、ひたひたになるまで染みこませましょう。

 

▲そして再度マーカーをセットすれば準備完了。これだけです!

▲そして再度マーカーをハンドピースにセットすれば準備完了。これだけです! マーカーの先端が写真の赤いラインのところにくるようにしないとうまく塗料が飛んでくれないので、気をつけましょう。

 

▲まずはテストピースとしてスプーンに塗料を吹きつけてみましょう。緊張の一瞬です!

▲まずはテストピースとしてスプーンに塗料を吹きつけてみましょう。緊張の一瞬です!

 

▲このように非常に美しく、ムラのない面に仕上がりました。

▲ガンダムメタグリーンを使用しました。やはりガンダムマーカーのメタリックの輝きは格別! ということで、このように非常に美しくムラのない面に仕上がりました。ただし、マーカー芯の位置や充填具合でダマになって飛んでしまうことがあるので、いきなりプラモデルで試さず、必ずテストをおこなうようにしましょう。

 

▲操作のコツをつかめば、写真のように

▲操作のコツをつかめば、写真のように線吹きも可能です。かなり強いエア圧で塗料を飛ばすのであまりにも細い線吹きには不向きですが、簡単な迷彩パターンくらいなら問題なく吹くことができそうです。

 

▲それでは、実際にプラモデルを塗っていきましょう。

▲それでは、実際にプラモデルを塗っていきましょう。ランナーのままいきます。

 

▲ムラなく塗ることができました。

▲マーカー単品で広い面積を塗るのは手間だし、どうしてもムラができたり色が入りにくいところが出てしまいますが、ガンダムマーカーエアブラシシステムならば、広い面積をムラなく塗ることができます。ただ、連続で使用するとエアー缶が凍結して圧が変わってしまい、塗料の出方が不均一になってしまうので、注意が必要です。

 

▲こちらはガンダムメタバイオレットで塗ったパーツ。

▲こちらはガンダムメタバイオレットで塗ったパーツ。ガンダムマーカーは隠ぺい力が強いので、吹きつけ一発で発色してくれるのもうれしいところです(さすがにホワイトなどは何度か重ねないといけませんが……)。

 

▲美しい輝きです。

▲粒子も細かく、美しい輝きです。ランナーごと塗れば、ゲート跡をそのままガンダムマーカーでリタッチできるので便利です。

 

 

そしてガンダムマーカーエアブラシで塗ったガンプラがこちら!!

▲HGUC ガンダムデルタカイ

▲HGUC ガンダムデルタカイの白部分をガンダムメタレッドとシャアピンクで塗ってみました。ムラなく薄く塗料をのせることができるので、簡単にオリジナルカラーにすることができます。

 

_J9A9763

 

_J9A9768

 

▲こちらはHGBF ギャンスロットをガンダムメタバイオレットとガンダムメタレッドで塗ったもの。

▲こちらはHGBF ギャンスロットをガンダムメタバイオレットとガンダムメタレッドで塗ったもの。さらにMr.ウェザリングカラーで軽くウォッシングしてみました。

 

▲

▲ウォッシングにより全体のメタリック感は落ち着いてしまいますが、また違った印象に仕上がります。

 

_J9A9635

 

 

これにて「ガンダムマーカーエアブラシシステム」のレビューは終了です。新マテリアル「ガンダムマーカーエアブラシシステム」は、非常に美しい発色で、しかも一発で広い面を塗ることができます。これまでマーカーで少しづつ塗っていたユーザーにはまさしく吉報ですね! ただ、吹きつけるエア圧を均一にしたい場合は、コンプレッサーに接続したほうがよりベターだと感じました。シンプルがゆえに、有効な利用方法などがこれからどんどん発見されそうな「ガンダムマーカーエアブラシシステム」。ぜひとも使用してみてください!

 

DATA

ガンダムマーカーエアブラシシステム

  • セット内容:ガンダムマーカーエアブラシ本体1個、交換用ペン芯3本、金属製エアバルブ1個 エアホース(PS細)1本、エア缶(PA148)1本
  • 商品企画:バンダイ ホビー事業部
  • 発売元:GSIクレオス ホビー部
  • 価格:3,400円(税別)
  • 発売中

 

関連情報

 

関連記事

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201809_02_geass_ec
  • smp_goraion_rev_ec
  • eye
  • Gframe03_eye2
  • bppz201809_01_imas_ec
  • Ashooters_ec
  • mse_ex08_ec