ガンダムMk-II、ギラ・ドーガ……宇宙世紀の機体が大量投入の「機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル07」テストショットレビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

すっかり人気シリーズとして定着した「機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル」。ハードアレンジのデフォルメモビルスーツは、共通規格の可動関節で自在に可動。全身の3mm径ジョイントで武装の組み換えも自由度が高く、毎弾用意される武器セットやプレミアムバンダイの限定アイテムで、オプション類が大充実――と、アクションもコレクションも楽しい、ハイエンドガシャポンです。

 

MS_EMSEMBLE_07_01

 

そんな「アンサンブル」もいよいよ第7弾。本弾では、いままでに培ってきた宇宙世紀機体群の流れを受けて、『Zガンダム』よりガンダムMk-IIとGディフェンサー、『逆襲のシャア』よりリ・ガズィとギラ・ドーガがラインナップ。いずれ劣らぬ高い完成度の機体群を、今回はテストショットでレビューします。

 

MS_EMSEMBLE_07_02 MS_EMSEMBLE_07_03『機動戦士Zガンダム』より、前半の主人公機を務めたガンダムMk-II。やや強面の顔や、ボリュームある体型を見事に再現。各部に入るモールドも、控えめすぎず主張しすぎずでバランスよく、理想のデフォルメ体型のMk-Ⅱに仕上がっています。設定通り頭部に装着され、着脱できるミサイルポッドや、腰裏にマウント可能なビーム・ライフルなど、装備も充実。

 

MS_EMSEMBLE_07_04いくら強くたって、一本調子じゃ!……という劇場版でのキックもご覧の通り。アンサンブルの可動範囲には改めて驚かされます。

 

MS_EMSEMBLE_07_06 MS_EMSEMBLE_07_07Gディフェンサー。『Zガンダム』後半に登場した、ガンダムMk-IIの支援機体です。本弾の支援機枠であり、もちろんガンダムMk-IIとの合体が可能。硬質素材を多用した作りで、薄い・頑丈・シャープ・適度な渋み……と、カプセルトイのGディフェンサー最高傑作ではないでしょうか。

 

MS_EMSEMBLE_07_08 MS_EMSEMBLE_07_09まずは合体してスーパーガンダムに。使用しなくても自立しますが、専用のステーも用意され、長時間のディスプレイに耐える構造です。長大なロングライフルはボリューム抜群。左右のミサイルランチャーはアームで自由に表情をつけられます。

 

MS_EMSEMBLE_07_10分離したコクピット部分は脱出ポッドになります。

 

MS_EMSEMBLE_07_11スーパーガンダムにバルカン・ポッド、ビーム・ライフル、シールドを装備したフル装備状態が楽しめます。もちろん、ここからさらなる重装を組み上げていくのも本シリーズの楽しみといえます。

 

MS_EMSEMBLE_07_12 MS_EMSEMBLE_07_13さらに翼の位置を変更し、アームを変形させれば、合体飛行形態Gフライヤーに。着陸脚が展開するため、駐機状態も安定します。

 

MS_EMSEMBLE_07_14 MS_EMSEMBLE_07_15『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、初期にアムロが駆ったリ・ガズィ。第2弾でクオリティの高いZガンダムを作り出しただけあり、後継機のリ・ガズィもこれまた抜群の格好良さ。持ちやすいライフル形状の処理や、立ち姿で映えるサイズのシールド、なにより良好な本体バランスなどなど、細かな気遣いが光ります。アレンジ体型の利点を活かしきった傑作といえるでしょう。

 

MS_EMSEMBLE_07_16あわやギュネイを撃墜しかけた、ライフルの射撃アクション。リ・ガズィにかかせないあのウェポンシステムもリリースが予定されているとのことで、続報を楽しみに待ちましょう。

 

MS_EMSEMBLE_07_17 MS_EMSEMBLE_07_18『逆襲のシャア』より、ギラ・ドーガ。ジオン系のMSらしい、曲線をしっかり表現した美しいシルエット。2種のシールドや大きめのバック・パック、マッシブな体型で、量産型とは思えぬボリュームです。武器セットでさらなる拡張が楽しめます。

 

MS_EMSEMBLE_07_19シールドを構えて突進してくる印象のあるギラ・ドーガ。ジオンマークはモールドとなっており、心地よく存在を主張してきます。

 

MS_EMSEMBLE_07_20そして、このギラ・ドーガを強力にフォローする武器セット! 超重厚なランゲ・ブルーノ砲、頭部ヘルメットパーツ2種、形状違いのビーム・マシンガンと、ギラ・ドーガのために用意されています。ランゲ・ブルーノ砲は塊感が凄まじく、こってりしたディテールも見ていて飽きません。

 

MS_EMSEMBLE_07_21 MS_EMSEMBLE_07_22ランゲ・ブルーノ砲を装備して、『CCA-MSV』のギラ・ドーガ重武装型に。重機関銃をイメージしたというそのサイズ感がたまりません。タンクや砲身基部などには上手に3mm径の穴が隠され、これまた重装の幅は広そうです。

 

MS_EMSEMBLE_07_23アオリのショットの重量感! 射撃ポーズがサマになります。

 

MS_EMSEMBLE_07_24 MS_EMSEMBLE_07_25ヘルメットはブレードアンテナのついた中隊長使用、形状違いのバージョンが武器セットに同梱。またビーム・マシンガンも、上部にマガジンをセットしたものが用意されています。

 

グリプス戦役からシャアの反乱を中心に、かなり硬派な機体群がそろったアンサンブル第7弾。いずれも完成度が高いだけでなく、Mk-II+Gディフェンサーの合体ギミックや、ギラ・ドーガの武装や頭部変更など、遊びの面も充実。もちろん今までの弾と組み合わせて、重装も心ゆくまで楽しめます。過去弾のZガンダムやνガンダムなど、縁深い機体を用意して発売を楽しみに待ちたいですね。

 

 

DATA

機動戦士ガンダム MOBILESUIT EMSEMBLE 07

  • PVC、ABS、MABS製彩色済みフィギュア
  • 2018年8月発売予定
  • 価格:1カプセル500円
  • 販売元:バンダイベンダー事業部

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 20181217tonton01catch
  • bppz_01_garupan_ec
  • bppz_re_03_Tensura_ec
  • bppz_re_04_SAOCR_ec
  • 20181206heizurukouhen01catch
  • 20181206heizuruzenpen01catch
  • f90_r2_ec
  • f91_ec
  • bppz_re_02_DarthVader_ec