タチコマも『デスクトップアーミー』サイズで再現!『攻殻機動隊 SAC_2045』草薙素子の試作原型を撮り下ろしで紹介!【電撃デスクトップアーミー通信No.080】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

デスクトップアーミーの最新情報をお伝えする「電撃デスクトップアーミー通信」第80回。

 

今回は「ワンダーフェスティバル2020[冬]」会場でサプライズ発表された『攻殻機動隊 SAC_2045』コラボをピックアップ! 開発中の試作原型を撮り下ろしで紹介していきます。

 

 

⇒電撃デスクトップアーミー通信 まとめページ

 


【F-606sがログインしました】

 

“”
ふふふ~ん♪
“”
お、ナビット。今日はご機嫌ダナ。
“”
あ、ろっくん。いやぁ、最近暖かくなってきたなぁと思ってさ。
“”
なるほどナ(笑)。でもそろそろ次の調査を始めるゾ。
“”
はぁ~い。で、今日はどんな娘の調査をするの?
“”
フム、実はサーバーを探していたらこんなデータを見つけたんダ。
“”
おぉ……クールビューティさんだね! じゃあ早速調査開始だよっ!!
“”
(カタカタカタカタ……)
“”
早速見つけたよ! さっき見つけたデータのイメージそのままの凛とした雰囲気だね。えぇっと……このD-phoneは『攻殻機動隊 SAC_2045』の草薙素子って人がモチーフになってるみたい。
“”
フム、このデータだと武器を持ってない状態だが、作中だと拳銃やアサルトライフルを持っているようだから、きっと近くにそのデータがあるはずなんダガ……。
“”
えぇっと……この近くには見当たらないかなぁ……。
“”
そのようダナ……オッ、代わりにというわけではないが、バイザーを装着している状態を見つけたゾ。素子に関してこれ以上のデータがないということは武器などの情報は別の場所に保存されているのかもしれないナ。
“”

あ、見てろっくん! 拳銃とかじゃないけどこんな戦車を見つけたよ。えぇっと……名前はタチコマって言うみたい。ちょっとクモみたいなフォルムでカワイイね!!

“”
オォ。でも見たところ関節部分などの可動設計はまだされていないようだから、これはあくまで開発初期の試作データのようダナ。
“”
ちょっと待って! ということはこのタチコマも動くんだね!! それは楽しみ。
“”
そうダナ。ヨシ、そうしたら今日の調査はこれくらいにして、休憩を挟んでまたしばらくしたら調査を再開シヨウ。
“”
りょうか~い。

【F-606sはログアウトしました】


 

ということで、今回は『攻殻機動隊 SAC_2045』コラボの試作原型をご紹介しました。

 

調査でもあったように、今回のシリーズは本作の主人公である草薙素子と、彼女が所属する公安9課が保有する思考戦車・タチコマがラインナップ。タチコマはこのあと関節パーツなどを調整予定となっており、表情付けをしてのディスプレイが可能となります。現在鋭意開発中とのことなので、続報をお見逃しなく!

 

DATA

デスクトップアーミー×攻殻機動隊 SAC_2045 草薙素子&タチコマ

  • PVC製塗装済み可動フィギュア
  • 1/1スケール
  • 全高:約8センチ
  • 発売元:メガハウス
  • 価格:未定
  • 発売時期:未定

※写真は開発中の仮出力原型です。実際の商品とは異なります。

 

また、『デスクトップアーミー』カスタムコンテストが全国で開催決定! 2020年4月~6月に開催され、上位入賞者はアクリルトロフィーや豪華箔押しプラスチックカードなどの豪華賞品がもらえるので、ぜひ参加してくださいね!!

 

⇒電撃デスクトップアーミー通信 まとめページ

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 (C)MegaHouse


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery