虚淵玄が台湾伝統「布袋劇」と奇跡のコラボ。『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』発表記者会見レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

台湾の伝統文化である「布袋劇(ほていげき)」と、多くの人気アニメなどを手がけてきたニトロプラスの虚淵 玄氏が奇跡のコラボレーション! 武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(以下、Thunderbolt Fantasy)』が2016年夏よりTV放送開始となります。

 

ka_srw_2016025_001@

 

本日(2月5日)、東京の台湾文化センターで開催された発表記者会見では、虚淵 玄氏、小坂崇氣氏(ニトロプラス)、安藝貴範氏(グッドスマイルカンパニー)に加え、制作会社、霹靂國際多媒體 股份有限公司(以下:霹靂社)からも黄強華氏、黄亮勛氏、陳義方氏が登壇。

 

▲左から、安藝 貴範(グッドスマイルカンパニー)、小坂崇氣(ニトロプラス )、虚淵 玄(原案・脚本・総監修)

▲左から、安藝 貴範氏(グッドスマイルカンパニー 代表)、小坂崇氣氏(ニトロプラス 代表 )、虚淵 玄氏(原案・脚本・総監修)

ka_srw_2016025_003@

▲左より黄強華氏(霹靂社 会長)、黄亮勛(霹靂社 副社長 エグゼクティブプロデューサー)、陳義方氏(大霹靂社 プロデューサー)。

 

虚淵氏は、2年前の2月5日、偶然台湾で布袋劇と出会ったこと、そのクオリティに感銘を受け、日本に紹介したいと強く感じたと語り、その思いを小坂氏に相談したところ、小坂氏から安藝氏、そして台湾の霹靂社へと次々と話が広がっていったというエピソードを紹介。霹靂社の黄強華氏も、台湾の伝統芸能と日本の文化が混ざることで、多くの刺激を受けたことを語りました。

 

 

そんな布袋劇ですが、台湾では17世紀ごろから引き継がれてきた伝統文化で、現在も、子供から大人まで楽しまれています。霹靂社はそんな台湾布袋劇でも随一の知名度とクオリティを誇る制作会社として知られており、虚淵氏を虜にしたというその特殊効果や高いクオリティの人形造形は上の第1弾PVをご覧いただければわかっていただけるかと思います。

 

 

▲現在布袋劇に使われている人形は高さ90cm、重量は5kgもの大型のものになっており、これを思い通りに動かすにはかなりの体力と熟練が必要だそうです。

▲会見中の実演より。現在布袋劇に使われている人形は高さ90cm、重量は5kgもの大型のものになっており、これを思い通りに動かすにはかなりの体力と熟練が必要だそうです。

 

虚淵氏によると、本場の布袋劇は1回の放送が90分もの長さで日本の放送形態には合わないこと、10年以上続くストーリー展開のため、いち部分のみを日本に輸入してもその魅力が伝わりにくいことなどから、日本人にも馴染みやすい、ファンタジー要素をもった武侠作品として、新しい作品を製作することになったとのこと。

 

ka_srw_2016025_007@

 

物語面では、台湾・中国で人気かつ日本人にも馴染みやすいファンタジー武侠としたこと、人形の造形面などに関してはキャラクターデザインをニトロプラスが担当し、グッドスマイルカンパニーが造形アドバイザーを担当、霹靂社のスタッフがその高い技術を駆使して立体化することで、日本のアニメファンにとっても馴染みやすいキャラクター達を生み出すことに成功したことなどが語られました。

 

ka_srw_2016025_006@

▲第1話場面カットより。特にヒロイン「丹翡(タンヒ)」(左)は、従来の布袋劇の女性人形と較べるとかなりアニメ寄りなデザインでありつつも、他の人形と並べても浮くことがないバランスになったとのことです。

 

また、本場の布袋劇ではひとりの弁士が登場人物すべてのセリフを担当する形式であるそうですが、今回の『Thunderbolt Fantasy』では、日本人向けに各キャラクターに鳥海浩輔氏、諏訪部順一氏、中原麻衣氏、関智一氏といった実力派声優をキャスティング。さらに主題歌にT.M.Revolutionを起用するなど、日本のコンテンツ市場に向けた多くの試みが行われています。

 

ここからは、記者会見会場に展示してあった、実際の撮影にも使われているという人形の写真と共に登場人物と共に、第1話の場面カットを紹介していきましょう。

 

ka_srw_2016025_008@

▲凜雪鴉(リンセツア)。気品漂う謎多き美丈夫。常に煙管を手にしている。 博識かつ狡知に長け、立ち振る舞いは常に優雅。 奇縁により出会った護印師・丹翡、謎の剣客・殤不患と共に蔑天骸の待つ七罪塔を目指すことに…。CV:鳥海 浩輔。

ka_srw_2016025_009@

▲蔑天骸(ベツテンガイ)。天然の要害に守られた七罪塔に居を構える「玄鬼宗」の頭目。 無双の剣術と、死霊を操る法術を身につけた最大の敵。 丹翡の一族が守る天刑劍を奪うため、あらゆる手段を持って丹翡の一族に襲い掛かる。CV:関 智一。

ka_srw_2016025_010@

▲殤不患(ショウフカン)。謎多き流浪の剣客。武器は剣。 厭世的な皮肉屋を装い、常に憎まれ口ばかり叩いているが、性根は義に篤い人情家。 凜雪鴉の策略により蔑天骸の手下に襲われている丹翡を助け、渋々ながら旅を共にすることになる。CV:諏訪部 順一。

丹翡(タンヒ)。聖剣「天刑劍」を祀る「鍛劍祠」の番人を代々務めてきた一族の末裔。 伝統と責任を背負ってきた自負ゆえにプライドが高く生真面目で強情だが世間知らずでお人好しという純朴な側面も。 天刑劍を狙う蔑天骸の襲撃の際に奇縁により凜雪鴉と殤不患に助けられその後、共に旅をすることに…。CV:中原 麻衣。

▲丹翡(タンヒ)。聖剣「天刑劍」を祀る「鍛劍祠」の番人を代々務めてきた一族の末裔。伝統と責任を背負ってきた自負ゆえにプライドが高く生真面目で強情だが世間知らずでお人好しという純朴な側面も。天刑劍を狙う蔑天骸の襲撃の際に奇縁により凜雪鴉と殤不患に助けられその後、共に旅をすることに…。CV:中原 麻衣。

▲丹衡(タンコウ)。丹翡の兄。妹と共に鍛劍祠の番人を代々務めてきた一族の末裔。 丹衡が天刑劍の「柄」を、妹の丹翡が「鍔」を身につけて守護していたが、蔑天骸の襲撃により窮地に立たされることとなる。

▲丹衡(タンコウ)。丹翡の兄。妹と共に鍛劍祠の番人を代々務めてきた一族の末裔。丹衡が天刑劍の「柄」を、妹の丹翡が「鍔」を身につけて守護していたが、蔑天骸の襲撃により窮地に立たされることとなる。

ka_srw_2016025_013@

▲獵魅(リョウミ)。蔑天骸の部下。蔑天骸のことを宗主様と呼び従う玄鬼宗の実力者。

 

 

ka_srw_2016025_022@ ka_srw_2016025_028@
ka_srw_2016025_035@ ka_srw_2016025_025@
ka_srw_2016025_036@ ka_srw_2016025_030@
ka_srw_2016025_033@ ka_srw_2016025_016@
ka_srw_2016025_031@ ka_srw_2016025_027@
ka_srw_2016025_034@ ka_srw_2016025_024@

 

……と我々が抱く「人形劇」というイメージ以上にド派手な画面づくりとなっているのがわかりますね。

また、電ホビ読者には気になる立体物展開についてですが、グッドスマイルカンパニーの安藝氏は、海外でも人気のデフォルメ系のアイテムや、登場する人形を精密再現したアイテムなどを展開してみたいと、将来の展望について語っていました。

 

さてそんな『Thunderbolt Fantasy』ですが、2月7日のワンダーフェスティバル2016[冬]の「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 23」ブースでのステージイベントや、3月26日の「AnimeJapan 2016 」でのステージイベントなど、放送開始までにもさまざまなイベントが用意されている模様です。こちらも楽しみですね。

 

以上、『Thunderbolt Fantasy』記者会見レポートでした。

 

 

 

DATA

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

  • ジャンル:武侠ファンタジー人形劇
  • 放映日:TV シリーズ 2016 年 夏 予定
  • 原作:Thunderbolt Fantasy Project
  • 原案・脚本・総監修 :虚淵玄(ニトロプラス)
  • 操演・撮影 :霹靂國際多媒體 股份有限公司
  • キャラクターデザイン :ニトロプラス
  • 造形アドバイザー :グッドスマイルカンパニー
  • 制作 :Thunderbolt Fantasy Project

関連情報

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』公式サイト

ニトロプラス

(C)Thunderbolt Fantasy Project

2016年2月5日(金)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • KEY
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye
  • ec
  • IMG_6074
  • main_2
  • main