『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』グランティード立体化進行中! ゲーム新情報も!【週刊 電撃スパロボ No.039】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

densupa_bn_800

 

第35回の「電撃スパロボ!」では『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』主人公機である“グランティード”の立体化企画始動をお伝えしましたが、今回はその第一次進捗報告として、製作中の原型を初公開いたします!

 

ka_dsp_20160210_008

 

また、『ムーン・デュエラーズ』ゲーム本編に『スーパーロボット大戦J』から女性主人公カルヴィナ・クーランジュや主人公機のうちの1 体・ベルゼルートなどの新キャラクター&ロボットが参戦することが判明したので、こちらもあわせて紹介します

 

グランティード立体化計画第一次進捗報告 まずは胴体の基本形状が決定

このたびのスクラッチビルドによる「グランティード立体化計画」を担当するモデラーは「ゼルヴォイド」や「量産型ゲシュペンストMk‐Ⅱ 改・タイプC(アルバーダ機)」の作例でもおなじみの古木誠人。

今回ご紹介する原型は、基本的にポリパテとプラ材を使用した造形となっています。

 

ka_dsp_20160225_001@

ka_dsp_20160225_002@

 

 

ここからレジンに置き換えられていきます。その際に複製で数を揃える箇所については現段階ではまだ未装着となっていますが、設定イラストと比較することで、複雑な面構成のグランティードのフォルムが存分に再現されていることがわかるはず!

 

ka_dsp_20160225_003@

▲胸部の爪状のディテールや、胴体側面のブロックはレジンに置き換える際に複製して揃えることとなる。

 

まだまだ長い道のりの第一歩ではありますが、さらなる進化にぜひご期待ください!!

 

ka_dsp_20160201_004bap

 

『スーパーロボット大戦J』からベルゼルートやラフトクランズなど新ロボ、カルヴィナら新キャラが参戦! 宿敵アレス・ガイストも驚愕の再登場!

『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』に『スーパーロボット大戦J』から、女性主人公のカルヴィナ・クーランジュと、3人のヒロインのひとりフェステニア・ミューズ、強敵アル=ヴァン・ランクスらの登場が決定しました!

 

●ベルゼルート

デザイン:谷口欣孝

ka_dsp_20160225_004@

▲月の重機メーカー、アシュアリー・クロイツェル社で開発された人型機動兵器であり、射撃戦を得意とする。オルゴン・エクストラクターと呼ばれる動力源とサイトロン・コントロール・システムというマン・マシン・インターフェースを搭載する。ただし、後者を使用するにはシステムに適応した者(テニア、カティア、メルア)を1人同乗させる必要がある。

 

●カルヴィナ・クーランジュ
デザイン:糸井美帆

ka_dsp_20160225_013@

▲アシュアリー・クロイツェルに雇われているテストパイロットで、ベルゼルートに搭乗する。性格はクールで、他人との関係をあまり持ちたがらない。元軍人で、「ホワイト・リンクス」という異名を持つ優秀な人型機動兵器パイロットだった。

 

●フェステニア・ミューズ
デザイン:糸井美帆

▲ 通称はテニア。活発で何事にも積極的な少女。ベルゼルートのサイトロン・コントロール・システムに適応しており、 ある事件がきっかけとなって、カルヴィナと共に戦うようになる。

▲ 通称はテニア。活発で何事にも積極的な少女。ベルゼルートのサイトロン・コントロール・システムに適応しており、ある事件がきっかけとなって、カルヴィナと共に戦うようになる。

 

●オルゴン・ライフル(Bモード)/ベルゼルート

 

ka_dsp_20160225_005@

ka_dsp_20160225_006@

ka_dsp_20160225_007@

ka_dsp_20160225_008@

ka_dsp_20160225_009@

ka_dsp_20160225_010@

ka_dsp_20160225_011@

▲戦況に応じて弾頭を使い分けられるオルゴン・ライフルをBモードに切り替えての連携攻撃。オルゴン・ライフルは、射撃のみならずエネルギー・ブレードを発生させての斬撃にも用いられる。

▲戦況に応じて弾頭を使い分けられるオルゴン・ライフルをBモードに切り替えての連携攻撃。オルゴン・ライフルは、射撃のみならずエネルギー・ブレードを発生させての斬撃にも用いられる。

 

カルヴィナは『スパロボJ』の主人公機のうち、遠距離射撃戦と機動性に長けた機体ベルゼルート、アル=ヴァンは彼が所属する組織・フューリーが誇る機動兵器ラフトクランズ・アウルンを駆っての参戦です。なお、ラフトクランズ・アウルンは、原作ゲームでは全4種が登場するラフトクランズのうちの1機でしたが、OGシリーズへの参戦にあたり名称が変更になっています。

 

●ラフトクランズ・アウルン
デザイン:柳瀬敬之

ka_dsp_20160225_020@

▲フューリーという謎の勢力で運用される高性能人型機動兵器で、アル=ヴァン・ランクスの専用機。「ラースエイレム」という特殊な装置で特定空間内にある現象をもたらすことができるが、その使用には制約がある。

 

●アル=ヴァン・ランクス
デザイン:歌津義明

ka_dsp_20160225_021@

▲フューリーという謎の勢力に所属する「騎士」と呼ばれる階級の人物。カルヴィナやトーヤたちの前に現れ、グランティードやベルゼルートを狙う。カルヴィナのことを知っているようだが、詳細は不明。

 

●オルゴン・クロー/ラフトクランズ・アウルン

ka_dsp_20160225_022@

ka_dsp_20160225_023@

ka_dsp_20160225_024@

ka_dsp_20160225_025@

ka_dsp_20160225_026@

ka_dsp_20160225_027@

ka_dsp_20160225_028@

 

さらに、今回は『第2次スーパーロボット大戦OG』で鋼龍戦隊を苦しめたライバル、ドゥバン・オーグの乗機アレス・ガイストが恐るべき姿に変貌して復活を果たすことも判明。まだ見ぬ激動のストーリーに期待が膨らみます!!

 

●エンリヒト・ガイスト
デザイン:斉藤和衛

▲鋼龍戦隊の敵であった重機動兵器アレス・ガイストがパワーアップを遂げた姿。大型の翼が生え、高い機動性を 持つ。なお、かつてアレス・ガイストを取り込んだ存在は既に消滅しており、独自の行動を取る。

▲鋼龍戦隊の敵であった重機動兵器アレス・ガイストがパワーアップを遂げた姿。大型の翼が生え、高い機動性を持つ。なお、かつてアレス・ガイストを取り込んだ存在は既に消滅しており、独自の行動を取る。

 

●レッド・ホーン

ka_dsp_20160225_030@

ka_dsp_20160225_031@

ka_dsp_20160225_032@

ka_dsp_20160225_033@

ka_dsp_20160225_034@

ka_dsp_20160225_035-@

▲より禍々しい生物的な形状に変化し、頭部のレッド・ホーンで敵機を貫くアレス・ガイスト改めエンリヒト・ガイスト。パイロットとしてエンリヒト・ガイストの頭部が描かれており、本来の操縦者であったドゥバンの消息は不明。

 

以上『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』最新情報の数々いかがでしたでしょうか!! 今後も「電撃スパロボ」では、「グランティード立体化計画」の進捗報告、ならびにゲーム『ムーン・デュエラーズ』の続報をお届けしていきますのでお楽しみに!!
⇒週刊 電撃スパロボ! 特集ページはこちら!

 

 

DATA

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ

  • プラットフォーム:PlayStation4/ PlayStation3
  • 2016年発売予定
  • 価格:未定
  • 発売元:バンダイナムコエンターテインメント

関連情報

スーパーロボット大戦 公式サイト

最新作!『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』

 

 

(C)SRWOG PROJECT


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • ec
  • ec
  • ec
  • I201703WF3_i2
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye
  • ec
  • ec