『野望のルーツ』版スコープドッグ ターボカスタムを再現できる改造キット登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

モデラーズアットワークは4月1日より「1/35サンサ戦 改造パーツ」を販売開始します。

 

ka_sctc_20160326_010@m

ka_sctc_20160326_011@m

※キットにレジンパーツを組み込んだ未塗装状態の写真です。商品は未塗装のレジンキットとなります。

 

本キットははウェーブの「スコープドッグ ターボカスタム[ザ・ラストレッドショルダー版]4機セット」を、OVA『レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』版のターボカスタムに改造するためのアイテムです。

 

ka_sctc_20160326_001@k

ka_sctc_20160326_002@k

▲キリコ機。

 

ka_sctc_20160326_003@g

ka_sctc_20160326_004@g

▲グレゴルー機。※アンテナの金属線は付属しません。

 

ka_sctc_20160326_005@b

ka_sctc_20160326_006@b

▲バイマン機。

 

ka_sctc_20160326_007@m

ka_sctc_20160326_008@m

▲ムーザ機。

 

同じスコープドッグ ターボカスタムでも機体形状の一部や、各機体の装備が『ザ・ラストレッドショルダー』とは異なる『野望のルーツ』版。背面から懸架されている大量の予備弾薬や装備類が演出するミリタリーテイスト、また立体としての見せ場にも事欠かないため、ファンからの人気も高い機体ですね。

 

キットではコックピット横のダクトの形状を始め、背面のミッションパックや肩のスモークディスチャージャー、胴体側面の二連ロケット弾、6連ガトリング砲など、『ザ・ラストレッドショルダー』版との差異を再現しています。

 

また、キリコ機の設定画に準拠したフレームむき出しの状態の右腕を立体化しています。ここは劇中リーマンとの戦闘で破壊された部分ですので、ここはあえて右腕のパーツをキットのまま使用して無傷の状態のキリコ機にしてみたり、逆に完全に破壊された左腕基部を制作してリーマンとの戦闘シーンを再現するなどすると、楽しみ方の幅も広がりそうですね。

 

ka_sctc_20160326_009@m

▲原型を担当した市野氏による作例。

電撃ホビーウェブでは本アイテムの原型を担当した市野裕己氏自ら作例を製作します。発売日となる4月1日に掲載予定ですので、こちらもお楽しみに!

 

DATA

1/35 サンサ戦 改造パーツ

  • レジン製改造パーツ
  • 発売日:4月1日より販売開始
  • 価格:9,800円(税抜)
  • 原型製作:市野裕己(ノリモータース)
  • 発売元:モデラーズアットワーク
  • 販売元:エー・ティー・エス株式会社

※別途ウェーブ「スコープドッグ ターボカスタム[ザ・ラストレッドショルダー版]4機セット」が必要となります。

関連情報

ボトムズWEB

モデラーズアットワーク

モデラーズアットワーク・ウェブショップ

 

(C)サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • ec01
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • ec
  • ec
  • ec
  • I201703WF3_i2
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye