レジオンの陸上戦艦、グラン・ザンドレル級が登場!『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」藤岡建機氏描き下ろしのイラスト連載、更新!!

更新日:2016年12月13日 14:06
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

今回は、レジオンが運用する陸上戦艦であるグラン・ザンドレル級を紹介!! 火星環境での運用に特化したこの陸上戦艦の機構などを徹底解説していきます!! 今後、コミックでの活躍も楽しみですね。

 

※バックナンバーも併せてご覧ください。

 

ar_ba28_notext下から上にかけて、アレキサンドリア級からアスワンを経て、グラン・ザンドリア級陸上戦艦へと至る流れを系譜図で解説。艦の形状やサイズが大きく異なっていることがわかります。ホバーユニットの取り付け箇所や、ユニット離脱時の艦形状の変化なども図解。また、レジオンとジオンマーズの組織や兵器に関する思想の違いの解説など、今後のストーリーに関する内容も必見です。

 

 

グラン・ザンドリア級陸上戦艦

AOZ_vol28_ph03+ AOZ_vol28_ph04+レジオンの陸上戦艦で、鹵獲したアレキサンドリア級を改修した艦艇。MS搭載量を増加させるために主格納庫を前後に拡張するなどの改修が施されています。艦首部のMSハッチや丸型タンクなど、ジオン系艦艇の特徴も有している点も特徴です。また、丸みを帯びたシルエットもジオン系の意匠を彷彿とさせます。移動はミノフスキークラフトとホバーの併用ですが、ホバーを切り離すことで飛行も可能です。

 

 

アレキサンドリア級宇宙巡洋艦

AOZ_vol28_ph05+ AOZ_vol28_ph10+アレキサンドリア宇宙巡洋艦(上)とアスワン。MSの運用を前提として建造されたアレキサンドリア級は、計4基のカタパルトを備えるなど、極めて高いMS運用能力を有していました。T3部隊に配備されたアスワンは、インレの搭載母艦への改修プランなども存在。グリプス戦役の激化でこのプランは実現しませんでしたが、アレキサンドリア級はペイロードや拡張性の高さを伺わせるエピソードと言えます。

 

今回解説したグラン・ザンドレルが、アルカディアプラントでの戦闘でどのような活躍を見せるのか? コミックの今後の展開にも期待大ですね!!

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec