ハイザック試作型からマリン・ハイザックが誕生するまでの経緯とは!?『機動戦士Zガンダム』公式外伝連載、更新!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

RX-106 ハイザック試作型は、RMS-106 ハイザックのプロトタイプにあたる機体です。地球連邦軍が一年戦争後初めて手掛けた新型機であるハイザック試作型は、極めて高性能な機体でした。数機のみの生産に留まりましたが、TR計画のテスト機として利用されたほか、水中用MSのベース機となるなど、戦後のMS開発において重要な地位を占めました。ハイザック試作型を水中用に改修した機体が、RX-106M マリン・ハイザックですが、地球連邦軍、そしてティターンズの事情から量産化されることはなく、名称のみが引き継がれました。しかし、一部の装備や機構は後の水中用MSにも転用されるなど、技術的な繋がりを見ることができます。

 

ar_ba42noteハイザック試作型が、TR計画機や水中用MSに発展。さらに、水中用のマリン・ハイザックはレジオンでも使用されたほか、後世の水中MSに影響を与えたことがわかります。

 

 

RX-106 ハイザック試作型

一年戦争後、地球連邦軍が独自に開発した新鋭機。AE社が関与する前の機体で、量産化を前提とした改修が行われていないため、後のハイザックに比べても高い性能を有していました。量産化に向けた各パーツの調整などを経て、YRMS-106 ハイザック先行量産型、そしてRMS-106 ハイザックへと発展。ハイザック試作型自体、生産されたうちの数機は水中用MS開発のベース機となり、他の機体はRX-106E ハイザック[ヴァナルカンド]などTR計画系の試作パーツが組み込まれました。
ph01オレンジと白のカラーリングが外見上の最大の特徴。また、肩部やバックパック、脚部のスラスター、武装をはじめ、機体各部がディテールも異なっています。

 

 

RX-106M マリン・ハイザック

ジオン公国軍のMS-06M ザク・マリンタイプのベース機をザクⅡから、ハイザック試作型に変更した試作実験機。各種の水中用装備はザク・マリンタイプと同規格のものに変更されており、極めて高度な水中用MSとして完成するはずでした。しかし、地球連邦軍が水中用MSの開発に消極的だったこと、ティターンズもTR計画の水中用Gパーツが開発中であったことから、数機の試作機が開発されただけで計画は中止となりました。

 

ph02 ph14装備と仕様もザク・マリンタイプと同等です。しかし、ベース機がハイザック試作型であるため、機体そのものは極めて高性能でした。下のレジオン仕様は、組織のシンボルカラーである赤で塗装されています。

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • eye
  • BFP_you_171021_main
  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop