素組みでガンプラ! 【基礎】正しいヤスリの使い方を指南する初心者講座 後編

更新日:2016年12月28日 12:01
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

超基本からちょっとしたワザまでガンプラを素組みで作る“コツ”を、プロモデラー・桜井信之氏が指南する本コーナー。

 

今回も前回に続き、プラモデル製作において基本的で重要な道具である「ヤスリ」の使い方をお届けします。

 

005
▲MS-06F(J)・ザクⅡ

 

023 024 025

 ここでは、「紙ヤスリ」を使ってきれいに削る方法を紹介します。木やプラ板、樹脂ブロックなど平滑な面を持つ素材に、両面テープなどで「紙ヤスリ」を貼り付けて使用します。今回は1.5ミリ厚のプラ板に貼り付け、ザクのシールド側面にあるゲートを削ります。当て木をした「紙ヤスリ」で削ることにより、シールド側面の平面と、その横の角(エッジ)を壊すことなく切削作業を行うことができます。

 

027

028

 ちなみにこのような面とエッジを持つ部分を、当て木をしない「紙ヤスリ」で削るとどうなるのでしょうか。紙ヤスリの台紙は紙のため安定せず、切削時の動きにブレが生じてしまいます。このことから平面をきちんと削れず、角も丸く削れてしまいました。緊張感のある“面と角(エッジ)”を成形するためには、必ず当て木をして削っていきましょう。最近では平面用に、樹脂ブロックやプレートを貼り付けたヤスリも発売されているので、それらを使用するのもいいでしょう。

 

001

026

3 「金属ヤスリ」を使って削る時もヤスリを当てる位置を間違えると、ヤスリの角がパーツに付いてしまうことがあります。この場合、シールドと直角に金属ヤスリを当てるのではなく、シールドと平行に当てるのが正解です。

 

031

032

4 ザクのスネなど、三次曲面で構成された部分などもヤスリの選択を間違えると、シールドの時と同じようにキズを付けてしまうことがあります。写真は〈半丸ヤスリ〉の平らな面で削ってしまった状態。ヤスリの両端部分がキットの曲面を削り込んでしまっています。

 

029

030

5 このように谷型にラウンドした箇所は〈半丸ヤスリ〉の丸い面を使用するか、〈丸ヤスリ〉を使用するといいでしょう。キットの形状に合わせて、「金属ヤスリ」の形状を使い分けるようにしてください。

 

033

034

6 最後に、ショルダーアーマーのような球体を削るのに便利な「スポンジヤスリ」について紹介します。「スポンジヤスリ」の研磨面がパーツの曲面に追従するので、球状面を均一に切削・研磨することができます。前述のザクのスネ部分に「スポンジヤスリ」を使うのも有効な手段といえるでしょう。

 

007

006
■まとめ

今回は数種類のヤスリを紹介しながらその使用方法を紹介しましたが、この研磨・切削はプラモデル製作に限ったことではありません。我々の身近にある様々な製品……携帯電話やパソコン、テレビ、その他“射出成形”で作られた製品は必ず研磨・バリ取りが行われた後、塗装工程を経て店頭に並んでいます。これらの製品の場合、商品価値を高めるために美しく磨きあげられていることはもちろん、バリやゲートが残っているとケガをする可能性もあるため、研磨作業が行われています。プラモデルの場合も同じで、完成品を展示したり、様々なポーズを取らせて遊ぶ場合にも、バリやゲート跡がない方が安全でより美しいといえます。みなさんもゲート跡をしっかり処理してカッコイイガンプラを目指してください!

 

素組みでガンプラ! ~組み立ての基本から簡易塗装まで! おすすめプラモデルをきれいに作るコツ~(目次) へ

 

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ztop1
  • I201706SCYSK_i
  • I201706SCYAU_i
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • main2
  • main
  • eye
  • ec