JR東日本の超高級クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」がプラレールに!全車両にギミックがついた豪華仕様!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

タカラトミーが展開する鉄道玩具「プラレール」に、東日本旅客鉄道の「TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)」が登場! 「クルーズトレインDXシリーズ TRAIN SUITE四季島」として2018年2月1日(木)より発売されます。

 

 

「TRAIN SUITE 四季島」は東日本や北海道をめぐるクルーズトレイン。本体はすべての車両にギミックがついた豪華仕様の6両編成となっています。プラキッズが2体付いており、客室やダイニング、展望車でごっこ遊びも楽しめますよ!

 

 

●1両目(展望車)
動力・ヘッドライト点灯

 

●2両目(7号車客室)、3両目(6号車ダイニング)
プラキッズあそび

 

●4両目(5号車ラウンジ)
車内灯点灯

 

●5両目(2号車客室)
プラキッズあそび

 

●6両目(展望車)
プラキッズあそび

 

▲プラキッズ2体付き

 

DATA

クルーズトレインDXシリーズ TRAIN SUITE四季島

  • 2018年2月1日(木)発売予定
  • 希望小売価格:5,000円(税抜)
  • 対象年齢:3歳以上
  • 使用電池:単3乾電池2本使用(別売)
  • 発売元:タカラトミー
    ※ レールやセット商品以外のプラキッズは別売です。

 

●プラレールとは
1959年に原型である「プラスチック汽車・レールセット」が発売されてから半世紀以上、身近な“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力を育む玩具として愛されている鉄道玩具。青いレールを自由につなげて線路をレイアウトし、3両編成の列車を走らせることが基本の遊び方です。発売当時から現在まで、青いレールの規格は統一されており、現在では親子3世代にわたり親しまれています。日本国内ではこれまでに、累計約1,370種類、1億6,000万個以上が販売されています(2017年3月末現在)。

 

関連情報

 

関連記事

 

JR東日本商品化許諾済 ※「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • ec
  • 2018bs5mg1kjfr (1)
  • MS_EMSEMBLE_07_ec
  • bp_exq_imascg_chieri_ec
  • bp_exq_madoka_ec
  • ex06B_ec
  • ex06A_ec