湘南の風吹く、鎌倉をゆく。こだわりのバイク、ミニカーショップ「モトビレッジ」【拝見!ホビーショップ】(2017年1月現在)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年もスタートから2週間。「拝見!ホビーショップ」は前回に引き続き、まだまだ年始の参拝者で賑わう古都・鎌倉から、店主の個性が光るモーターライフホビーショップ「モトビレッジ」さんにおじゃましました!

 

dsc_0017

▲今年も多くの鶴岡八幡宮への初詣参拝者で賑わった鎌倉。参拝された読者の方もいるのでは?

 

鎌倉名物いろいろある中、忘れてはいけないのが「江ノ電」。開業から100年以上にわたり、神奈川県藤沢から江ノ島、そして鎌倉を、歴史の風と共に走り続けています。今回拝見する「モトビレッジ」さんは鎌倉駅から徒歩でも10分ほどで行けますが、せっかくなので江ノ電に乗り、もうひとつの最寄り駅「和田塚駅」から……。

 

%e6%b1%9f%e3%83%8e%e9%9b%bb

▲和田塚駅は江ノ島方面からだと鎌倉の1つ手前の無人駅。江ノ電沿線は趣があります。

 

 

駅から風情ある町並みを抜け、鶴岡八幡宮へと続く若宮大路を目指してゆくと「モトビレッジ」さんを発見。ご案内いただいく店長の松村さんが迎えてくれましたが……

 

%e5%ba%97%e9%95%b7

▲店長の松村さん……ですが、手にされているのは!?

 

 

Q:こちらで扱っている商品を……教えていただけますか?

バイクと車のミニチュアカーと、木のおもちゃの販売をしています。それから実車のオートバイ販売と修理です!

 

%e5%ba%97%e8%88%97

▲「モトビレッジ」さんは、実車バイクの整備をするファクトリー(左入り口)とミニカーショップ(右入り口)がひとつになったお店なのです。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc

▲ファクトリーの入り口から。バイクのメンテナンスはほぼ毎日で、2か月先まで予約が入る事もある人気店だそうです。この日もべスパの修理中。

 

小さいころから乗り物大好きで、そのまま大人になりました! という感じですね(笑)

 

%e5%ba%97%e8%88%97%e5%85%a5%e5%8f%a3

▲ミニカーショップ入り口からの店内。確かに乗り物好きにはたまらない、たくさんのミニカーたちが迎えてくれます。

 

Q:実車のファクトリーとホビーを取り扱うことになった経緯を伺えますか?

実は私、ホビーショップ店主としては3代目なんです。祖父の時代に、戦後の菓子屋から始まった『おもちゃの店マツムラ』というお店で、私の父と母が2012年まで営んでいました。

 

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%a0%e3%83%a9

▲「おもちゃの店マツムラ」の店舗前で松村店長と先代のお父様(左)とお母様(右)。お店は東京都・江戸川橋駅のすぐ近くにあった知る人ぞ知る老舗のおもちゃ屋さんでした。5年前に多くのお客様に惜しまれつつ、63年の歴史に幕を閉じました。

 

私はそれまでバイク整備一筋で、20年目の節目にそろそろ独立……というタイミングの「マツムラ」の閉店でした。先代は大のミニカー好きで、専門の売り場を作るくらいでした。そこで、私と先代の仕事を1つの形として表現できないか? と、行き着いたのがこのお店です。

 

dsc_0025

▲確かに2,000点以上というラインナップも、その歴史を聞くと「納得」の品揃えです。

 

Q:お店を利用されるお客様について教えてください

実際にバイクの修理でご来店の方がミニカーをお買い求め頂く事や、その逆にミニカーをお買い求めの方が、あとでバイクの修理をご依頼頂く事もあります。バイク整備工場にホビーショップと一見不思議な組み合わせですけど、乗り物好きの方にとってはそこまで不自然な形では無いようです。

 

%e5%95%86%e5%93%81

▲店頭で取り扱っているミニカーは「絶版品」がメイン。噂を聞いた遠方からのお客様も多いそうです。

 

お店に無いミニカーもお探しています。国内になければ海外のミニカーショップに問合せて直接交渉したり。お客様に代わって商品到着までお受けしてるので、もしお探しのミニカーがございましたらお気軽にお声かけ下さい。一方で、お子様向けのミニカーもたくさんあります。プルバックミニカーが人気で、こだわりの車種でラインナップしています。

 

%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af

▲実車の修理と同様、ミニカー探しも1件ごとに丁寧に対応。何ヶ月もかかることもあるそうです。(右)プルバックカーとはいえ、さすがの店長のこだわり。子供向けとは言い切れないです。

 

 

Q:お店のもうひとつの看板商品である、木のおもちゃについて教えてもらえますか?

幼児向けの乗り物をイメージした品揃えで、間伐材や樹液を採れなくなったゴムの木の廃材を再利用して作られたものを取り扱っています。とにかく安全でぬくもりのある商品をセレクトしています。バイクユーザーのお客様にも好評で、ご自身のお子様や、お孫さん向けに購入して頂いてます。

 

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%83

▲木のおもちゃの売り場。またミニカーとは違った存在感が。「モトビレッジ」さんにはもうひとつの顔がありました。

 

 

Q:おすすめの新商品等ありますか?

季節柄、お子様向けプルバックカーをはじめ、木のおもちゃをたくさんご用意しました。私も現在3歳と0歳の子育て真っ最中なので、お選びいただくお客様と同じ目線でご案内できるかと思います。バイクやミニカーのご相談だけでなく、おもちゃ選びで困った時もお気軽にお声かけ下さい!!

 

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

▲幼児向けにこだわった商品だが、かわいいのでインテリアとしても買われることもあるとか。たしかに癒されます……。

 

Q:最後に読者にメッセージをお願いします。

当店は、車やバイクに特化したホビーショップです。車やバイクがお好きな方であれば、お子様から大人まで楽しんで頂けるお店となっております。鎌倉観光のついでにちょっとお立ち寄り頂いて、楽しい1日のひと時を過ごして頂ければと思っております。

 

dsc_0046

▲金属のミニカーと木のおもちゃ。このコントラストが「モトビレッジ」さんの魅力ですね。

 


 

2回にわたる鎌倉編はいかがでしたでしょうか? 前回の100年近い歴史の名店「おもちゃのちょっぺー」さんと、工場とホビーショップが共存する斬新な「モトビレッジ」さん。実は両店、同じおもちゃ屋として「マツムラ」さんの時代から親交があるとのこと。現在の外見はまったく違いますが、どちらにも代々受け継がれてきたおもちゃへこだわりが、お店作りの共通の点だったと思います。この先も歴史の街・鎌倉の風景として、子供から大人まで多くのホビーファンを楽しませ続けてほしいですね。

 

 

DATA    ※情報は記事公開時(2017年1月)のものです

モトビレッジ

  • 【住所】〒248-0014神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-3-4 C.Christi ビル1F
  • 【最寄駅】江ノ電・和田塚駅より徒歩5分 JR横須賀線・鎌倉駅東口より徒歩10分
  • 【営業時間】AM10:00~PM7:00
  • 【定休日】毎週火曜・全体定休日 毎週水曜・木曜 バイク部門のみ稼働

    ※その他臨時休業日あり、HPの営業日カレンダーをご参照ください

  • 【問い合わせ電話番号】0467-38-8543

 

 

関連記事

 

関連情報

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • main
  • rev_pmoa_arisu_main
  • main02
  • ec
  • rev_dengekiya_sonico_main
  • EYE
  • ec
  • I201705AI3_i