『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』公開初日舞台挨拶に主要キャストが登壇 「隠れみもりんを探してください」と花澤香菜さん

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年3月18日(土)、『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』の上映が全国劇場にてスタートしました。本作は、2014年に放送されたテレビアニメ『結城友奈は勇者である』の登場キャラクター・東郷美森(=鷲尾須美)の過去を描く物語。テレビシリーズより2年前の世界を舞台に、鷲尾須美の知られざる戦いを明らかにします。

 

公開初日には東京の新宿バルト9にて舞台挨拶が開かれ、鷲尾須美役の三森すずこさん、乃木園子役の花澤香菜さん、三ノ輪銀役の花守ゆみりさん、木下哲也プロデューサーが登場。いよいよ公開を迎えたその心境を語ってくれました。

 

 

率直な今の気持ちを聞かれた三森さんは「ついに皆さんに見ていただけるので、楽しみにしています」と笑顔。花澤さんは「(テレビシリーズでは)包帯ぐるぐる巻きだった園子ちゃんが、小学生で元気にしています」と話した後、「楽しいシーンも多いです。楽しいだけじゃないけどね!」と続けて観客の笑いを誘いました。花守さんは銀を演じるのが約2年ぶりであることに触れ、「最初はゲーム作品の収録でひとりきりだったし、新しく演じるにあたって『銀ちゃんってこういう子かな?』と考え直すこともありました」とトーク。木下プロデューサーは「テレビのオンエアが終わってすぐ、どうやったら早くお届けできるかずっと話し合ってきました。皆さんのおかげです」と劇場に集まったファンに感謝を伝えました。

 

続いての話題は作品の見どころについて。木下プロデューサーは推していきたい小ネタがあると前置きし、「教室が映るシーンがあって、そこに飾られている習字が『なんでこんなこと書くんだろう』とそれぞれの個性が出たものになっています」と紹介。花守さんは「お役目をどう果たしていくのか、テレビシリーズと比べても楽しめます」とアピールしました。花澤さんが「ほのぼの、ふわふわした小学生の空気感。(勇者の)システム上にも違いがあって『最初はこうなっていたのか!』と発見があります」と話した後は、「変身バンクを推している」と三森さん。

 

 

「須美は割としっとりしていて、銀ちゃんはカッコよくシャキッとした感じ。園子さんは、急に幼女向けアニメのような風になるんですよね」と話すと、「園子だけ毛色が違うんですよね」と花澤さんが応じ、観客は爆笑。そんな園子の変身シーンには三森さんも協力しているそうで、「隠れみもりんを探して欲しいですね」と花澤さん。鑑賞の際はぜひ注目してみてください。

 

ここからは、それぞれが演じるキャラクターについて触れていきます。花守さんは「銀ちゃんはとにかく元気!太陽みたいな子で、話を聞いてもらえなくてもずっとしゃべっているんじゃないかってくらいです。でも空気が読めない訳じゃないし、戦闘では先陣を切るキャラなので、演じがいがありました」と回想。花澤さんは「どこでスイッチが入るか分からない瞬間があって。戦いのセンスがすごくある子なので、どう戦うのかも見てもらいたいです」とアピールしました。

 

 

三森さんはテレビシリーズを振り返り、「心情の変化も大きく、かなり辛いシーンも多い役だったので『あの時演じられたから大丈夫だろう』と(東郷美森を演じたことが)自信につながっています」と話す一幕も。

 

最後の「本作を一言で表現すると?」というテーマで話題をさらったのは花澤さん。「情熱(木下プロデューサー)」「魂(花守さん)」に続く形で「タイカレー」と答えると、一瞬静まり返った劇場は笑いの渦に巻き込まれました。「違うの!大喜利かと思ったの!」と必死に弁明する花澤さんは、その理由を「最初はココナッツの風味で甘いけど、カラい!ツラい!でももう一杯!!」と説明。それを聞いたファンからは納得の声があがるなか、「この感じが園子っぽかった」と三森さん。そんな三森さんは「勇気」と回答し、「勇気のある者、勇者なので」とまとめました。

 

締めくくりの挨拶では「絵が美しいので、大きなスクリーンで見ていただけるのは嬉しい。2章、3章と最後まで楽しんでください」とメッセージを送った三森さん。大きな拍手に包まれながら舞台挨拶の幕を引きました。

 

 

 

DATA

『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』 <第1章>「ともだち」

  • 大ヒット上映中!

 

 

関連情報

 

 

電撃ホビーウェブ関連記事

 

(C)2017 Project 2H

2017年3月19日(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch
  • I201710SP4_i