『西部警察』機動軍団のニューフェイス!大門団長の「スーパーZ」が1/43スケールで精密完成品になって出動!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

名作刑事ドラマ『西部警察』の中で、「マシンX」に代わって登場した大門団長の新たな愛車が1/43スケールの完成品モデルとなってトミーテックから発売です!

 

4543736288688_000「日産フェアレディ280Z」をベースに製作されたスーパーマシン。『西部警察PARTⅡ』の第15話「ニューフェイス!!西部機動軍団」から登場し、大門団長の愛車として活躍しました。

 

4543736288688_001 4543736288688_002モデルカー「TLV-NEO」での商品化ノウハウを生かし、詳細な実車取材を元に開発され完成品モデル。レジン製ならではの造形のシャープさや塗装のクオリティに注目です。

 

4543736288688_003フロントバンパーに装備された催涙弾発射銃や、フルオートの油圧ダンパー式ガルウイングとなったサイドドアなど、西部警察仕様の特徴を再現。もちろん内装も精密に再現されています。

 

4543736288688_004リアバンパー左右には「スカンク」と呼ばれた煙幕発生装置が設けられています。

 

4543736288688_005 4543736288688_006 4543736288688_007パトカーに準じたツートンの塗り分けですが、白の部分が派手なゴールド! このキャラクター性の強さこそが西部警察マシンの魅力ですね。

 

4543736288671_4543736288688_008奥に見えるのは同シリーズから7月発売予定の木暮課長が駆る「ガゼール」。1/43スケール完成品で西部警察シリーズラインナップはますます充実してきました!

 

 

DATA

T-OR4302 西部警察 スーパーZ

  • レジン製塗装済み完成品
  • 1/43スケール
  • 発売日:2018年9月発売
  • 価格:25,000円(税別)
  • 発売元:トミーテック

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

関連情報

 

関連記事

 

(c) 石原プロモーション
(c) 2018 TOMYTEC
※日産自動車商品化許諾申請中


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • 201kj8as7of2br (2)
  • eye
  • ic
  • 20180523sugumikouhen01catch
  • ec
  • 20180523sugumizenpen01catch
  • eye