トミカ史上初!NFCチップ搭載の超高速「スーパースピードトミカ」がお披露目!スバルVS日産のレースに勝利したのは!?「トミカ オンラインメディア発表会」レポート

更新日:2021年5月1日 03:02

2020年に50周年を迎えたタカラトミーの「トミカ」より、これからの50年に向けた新しい施策や新商品が発表! 本稿では、2021年4月20日(火)に行われた「トミカ オンラインメディア発表会」の模様をレポートしていきます。

 

 

発表会が始まると、トミカ50周年のロゴとともにムービーが上映! 「新たな50年に向かって」という言葉ののちに「トミカアドバンスプロジェクト」の文字が!

 

MCを担当するのは、アニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』で本人役の声優としても務めた、アナウンサーの笹川友里さん。

 

まず登場したのは、タカラトミー常務取締役員の富山彰夫さん。「大人も満足できるかっこよさと高い品質を持った子ども向けのダイキャストカーを作りたい、という思いから誕生したトミカは、2020年に50周年を迎えることができました。トミカファンのみなさまをはじめ、トミカに関わるすべての方々に心からの感謝をお伝えすべく活動してまいりました。」

▲株式会社タカラトミー取締役 常務執行役員 事業統括本部長 兼 ブランドビジネス本部長 富山 彰夫さん

 

周年記念の「ダブルアクショントミカビル」やTVアニメ『トミカ絆合体 アースグランナー』が紹介され、「トミカは、自動車産業の皆さまが築いてこられた車文化の歴史なくして語れません。自動車会社の皆さまのお力添えにも、心から感謝申し上げたいと思います。」とコメント。

 

「本日はトミカがこの先、さらに新しい遊びを提供していくべく、新たなプロジェクトの第1弾商品をご紹介します。次の50周年に向けて、トミカがこの先どんな進化を見せていくか、ぜひ皆さまご期待いただきたいと思っています。」と語りました。

 

続いて登場したタカラトミー ブランドビジネス本部・トミカマーケティング部の吉原有也さんは、次の50年に向けてトミカをさらに進化させるための新たなプロジェクト「トミカ アドバンスプロジェクト」を発表!

▲タカラトミー ブランドビジネス本部 トミカマーケティング部・吉原有也さん

 

「トミカ4D」や「テコロジートミカ」シリーズを振り返り、「トミカ アドバンスプロジェクトはこれらの商品のように、トミカの持つプラットフォームはそのままに、手のひらサイズのダイキャストボディにさまざまなテクノロジーを詰め込んだ、新しい遊びを体感していただける商品を送り出すことを目的としたプロジェクトになっています。」と語りました。

 

そして、その第1弾商品として「スーパースピードトミカ」と「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」がお披露目!

 

本商品は、自動車メーカー各社の実在のスポーツカーをモデルに、サーキットをより速く走れるようチューンナップされた新しいトミカとのこと。これまでの商品と大きく異なるのは、軽量化されたボディ、専用ホイールを装着、フロントとリアのガイドローラーがスムーズなコーナリングをサポートしている点。さらに、トミカ初となるNFCチップを搭載!

 

一緒に遊べる「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」の走行データやレース成績がNFCチップに記録されていき、専用スマートフォンアプリ内のゲームモードなどで使用できます。

 

「リアルとデジタルの融合」が今回の商品のポイントで、「リアルなレースの遊びとアプリを使ったバーチャルな遊びが融合した、これまでにないトミカの遊びを実現しています。」とのこと。

 

ここで、吉原さんとトミカマーケティング部の久山格さんによる、実際の商品を使ったエキシビションが行われました!

▲タカラトミー ブランドビジネス本部 トミカマーケティング部・久山格さん

 

スマートフォンを本体のデジタルラップカウンターにセットし画面を操作。「スーパースピードトミカ」をスキャナーにセットすると、マシンの読み込みが完了!

 

それぞれのラップ数を選択。マシンをスタートラインにセットし、アクセルボタンを連打して準備完了!

 

スタートと同時に「スーパースピードトミカ」が超スピードで発進! リアルな走行にあわせて、残り周回数とどちらがリードしているかがアプリで表示されます。アクセルボタンを連打することでトミカが加速。ラップ数が10以上あったにも関わらず、あっという間に勝負が決まりました!

 

ここで、「トミカアドバンスプロジェクト」を一緒に盛り上げる自動車メーカーから特別ゲストとして、SUBARU商品企画本部・プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢さんと、日産自動車・商品企画本部 商品企画責任者の田村宏志さんが登場しました。

 

五島さんは「今回のスーパースピードトミカに、SUBARU WRX STIを採用いただきまして、本当にありがとうございます。このような商品が私は大好きですので、今日お呼びいただきまして本当にありがとうございます。」とコメント。

▲SUBARU 商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャー・五島 賢さん

 

田村宏志さんは「このたびはデジタルアクセルサーキットおめでとうございます。バーチャルとアクチュアルをうまくつないで、おもちゃと言っていいのかというレベルまで進化させたというのはすごいですね。我々も負けないでスポーツカーを進化させていきたいと思っています。」と語りました。

▲日産自動車 商品企画本部 商品企画責任者・田村 宏志さん(NISSAN GT-R/Fairlady Z担当)

 

 

さらに、トヨタ自動車GAZOO Racingの杉浦宏哉さんのビデオメッセージも。「今回、スーパースピードトミカにGR SUPRAを採用いただきましてありがとうございます。スーパースピードトミカの遊びを通じて、未来のドライバーたちに、スポーツカーだけでなく、レースにも興味を持っていただけるような活動をタカラトミーさまと今後もご一緒させていただければと思います。」と語りました。

 

レースをテーマにした「スーパースピードトミカ」への期待について聞かれると、五島さんは「このスーパースピードトミカは、今まで見たことない、ありえないスピードでトミカが走ります。小さなお子さんでもスポーツカーの速さという魅力を商品を通じてご理解いただけるんじゃないかなと思って本当に期待しています。」と語りました。

 

そして、MCの笹川さんの提案によって、SUBARUの五島さんと日産自動車の田村さんによるレースが実現! 五島さんは「やりますか。」と言っておもむろに上着を脱ぎ、STIカラーの自作シャツを披露! 「ブランドを背負って頑張りたいと思います。」と気合たっぷりの様子。田村さんは「童心に帰って一生懸命叩きたいと思います。」とにこやかにコメント。

 

レースを走るのは「TEAM MONSTER SUBARU WRX STI」と「TEAM SHINOBI NISSAN GT-R」。すごい勢いでお2人がアクセルボタンを叩き、レース開始! 両者スタートダッシュは同じくらいの拮抗した走り出し。五島さんのWRX STIリードだったものの、後半の追い上げで田村さんの日産GT-Rが見事勝利しました! 「すいません、勝っちゃいました。」と田村さん。五島さんは「会社に帰れないです。」と悔しそうにコメントし、笑いを誘いました。

 

スマートフォンと連動させて遊べる本商品について、五島さんは「お子さんが興味があるものが詰まっているので、楽しく遊んでもらえるんじゃないかなと思います。」とコメントしました。

 

トミカの思い出について質問されると、田村さんは「数年前に音が出るトミカ4Dのプロジェクトで日産自動車のテストコースに来ていただいて音撮りをやってもらったり、仕事といい、私の小学生時代といい、人生にトミカっていつもそばにあったなと思いますね。」と語りました。

 

スポーツカーのレーシング遊びを提案する狙いについての質問に、吉原さんは「トミカは多種多様な車を展開していて、レースをテーマにした車も大変人気があります。しかし、お子さんになかなかレースに馴染みが少ない部分もあるので、こういう遊びもトミカでできるんだ、車ってこういう要素を持っているんだ、というところをしっかり伝えて、将来的には実際のスポーツカーを好きになってもらえたらいいなと思っています。」と述べました。

 

 

「スーパースピードトミカ」と「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」は、2021年6月19日(土)に発売予定とのことです! 詳しい情報はタカラトミーの商品ページをチェックしてくださいね!!

▲スーパースピードトミカ

 

▲トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット

 

DATA

スーパースピードトミカ SST-01 TEAM TSR TOYOTA GR SUPRA[PROJECT-α]
スーパースピードトミカ SST-02 TEAM SHINOBI NISSAN GT-R[翔 EDITION]
スーパースピードトミカ SST-03 TEAM WING Honda CIVIC TYPE R[concept Eagle]
スーパースピードトミカ SST-04 TEAM MONSTER SUBARU WRX STI[T-REX CUSTOM]

  • 対象年齢:3歳以上
  • 価格:各1,320円(税込)

 

トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット

  • レイアウトサイズ:約W1080×H123×D523mm
  • 商品内容:シューター本体、スターター、デジタルラップカウンター、ゴールゲート、スマートフォンホルダー、レーンカバー、ストレートレーン×2、カーブレーンA(アップ)、カーブレーンA(ダウン)、カーブレーンA用橋げた×2、カーブレーンB(アップ)、カーブレーンB(ダウン)、カーブレーンB用橋げた×2、ラベル×2、取扱説明書×2
  • 使用電源:単3型アルカリ乾電池×3(別売り)
  • 価格:12,100円(税込)

※「トミカ」は別売り

 

共通DATA

  • 2021年6月19日(土)発売予定
  • 取扱場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、トミカ専門店「トミカショップ」、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など

 

(C) TOMY

関連情報

 

関連記事

上に戻る