実物大ガンダム立像の下で「TOKYO MEETING」開催!高校生によるジオラマ展示のガンプラ秋祭りや国際交流パフォーマンス!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

9月27日、お台場のダイバーシティ東京 プラザに立つ実物大ガンダム立像の周辺で、日本の高校生や海外からの留学生が自国の文化を紹介して交流を行う「TOKYO MEETING」が開催されました。主催は、臨海副都心エリアの活性化と東京都のグローバル人材育成への貢献を目的とした「TOKYO ガンダムプロジェクト2015」実行委員会です。

 

 

▲会場の全景。実物大ガンダム立像の下で、国際色豊かなイベントが開催されました。

▲会場の全景。実物大ガンダム立像の下で、国際色豊かなイベントが開催されました。

 

 

イベントの主旨などについては、以前掲載の記事「9月27日、実物大ガンダム立像の前で国際交流イベント「TOKYO MEETING]開催! ガンプラ秋祭りも!」にて紹介しましたが、キャッチフレーズが「東京から世界へ」というだけあって、会場内で野点が行われたり、留学生による自国文化紹介のブースが構えられるなど、国際色豊かなイベントとなりました。

 

特にメインステージでは、日本の高校生と海外留学生がさまざまなパフォーマンスを展開し、イベントの目玉となっていました。後ほどお伝えしますが、これがかなりの迫力で、行き交う観光客も足を止めて見入るほどです。

 

そして、電撃ホビーウェブ的に注目なのは、やはりガンプラです。イベントでは、「ガンプラ秋祭り」と題して、「青空ガンプラ組み立て体験会」と、「高校生模型部員によるガンプラ展示」の2つが実施されていました。

 

▲「青空ガンプラ組み立て体験会」のようす。「BB戦士 No.396 ビルドバーニングガンダム」を、参加者が楽しそうに組み立てていました。

▲「青空ガンプラ組み立て体験会」のようす。「BB戦士 No.396 ビルドバーニングガンダム」を、参加者が楽しそうに組み立てていました。

 

▲こちらは「高校生模型部員によるガンプラ展示」の建物。

▲こちらは「高校生模型部員によるガンプラ展示」の会場。

 

「高校生模型部員によるガンプラ展示」コーナーは、特設の建物の中にガンプラを飾っているのですが、親子連れが入れ替わり立ち替わり入っては、ガンダムやガンプラについての会話に花を咲かせていました。ガンプラを見た子供が、製作した模型部員に「どうやって作るんですか?」と質問する場面も見られました。

 

では、ここで展示されていたガンプラを紹介します。大作あり、力作ありで、高校生模型部員の皆さんが、思い思いに楽しくそして真剣に作っていることが感じられる展示でした。製作したのは、東京都立竹早高等学校、高輪中学校・高等学校、海城高等学校の皆さんです。

 

 

▲大ボリュームのジオラマ「陸と宇宙の三者合同緊急作戦」。製作は、東京都立竹早高等学校、高輪中学校・高等学校、海城高等学校の三者です。宇宙空間と地上戦がひとつのジオラマで再現されています。

▲大ボリュームのジオラマ「陸と宇宙の三者合同緊急作戦」。宇宙空間と地上戦がひとつのジオラマで再現されています。ベース作りも、たいへんだったことでしょう。

 

▲「陸と宇宙の三者合同緊急作戦」の、連邦側基地。出撃前、ウェザリングの入っていないGMが待機しています。

▲地上、地球連邦軍基地。ジム改が待機しています。出撃前だからでしょうか、ウェザリングの入っていない、綺麗な状態であるところがまた、雰囲気出ています。

 

IMG_9688

▲基地の前には陸戦型ガンダムとガンタンク初期型が。「陸戦型ガンダム地上戦セット」に含まれるホバートラックや、「ビルダーズパーツHD 1/144 MSフィギュア01」のフィギュアにもご注目。

 

▲被弾したGMをかばうように立つジム・ストライカー。

▲被弾したGMをかばうように立つジム・ストライカー。

 

▲地上の連邦側を俯瞰してみました。

▲地上の連邦側を俯瞰してみました。

 

▲中央で白兵戦をするガンダムイージーエイトとザク。

▲中央で白兵戦をするガンダムEz-8とザク。中央でガンダムとやりあっているだけあって、ザクは指揮官機なんですね。

 

▲ジオンは水辺から侵攻しているようですが……。

▲ジオンは水辺から侵攻しているようですが、実は空からも降下してきています。奥側のザクはジ・オリジンのシャア専用ザクをオリジナルのカラーリングで塗装したものでしょうか。

 

空中には降下中のグフカスタムが。空からも侵攻しているんですね。

降下中のグフカスタム。右前腕が赤く塗装されたカラーリングとなっています。

 

▲最後方ではゾックが浮上中。泡立つ波が表現されています。

▲最後方ではウェザリングの施された歴戦のゾックが浮上中。泡立つ波が表現されています。

 

▲ジオン側全景です。宇宙ではゲルググを主体に、MS-06Rも参戦していますね。遠方にはムサイの艦隊も見えます。

▲ジオン側全景です。宇宙ではゲルググを主体に、MS-06Rも参戦していますね。遠方にはムサイの艦隊も見えます。

 

▲ジオン公国軍、宇宙側の布陣です。

▲ジオン公国軍、宇宙側の布陣です。

 

▲宇宙空間中央では、RX-78-2ガンダムとゲルググキャノンが刃を交えています。

▲宇宙空間中央では、RX-78-2 ガンダムとゲルググキャノンが刃を交えています。

 

▲宇宙空間、地球連邦軍側の布陣です。

▲宇宙空間、地球連邦軍側の布陣です。

 

順を追って眺めていくと、大きなストーリーが感じられる、ドラマチックなジオラマですね。三者合同というだけあって、迫力がありました。

 

ジオラマのほか、単体の作品も展示されていたので、そちらもご紹介します。

 

IMG_9675 IMG_9671

IMG_9766 IMG_9742 IMG_9763 IMG_9752 IMG_9750 IMG_9736 IMG_9739 IMG_9730 IMG_9744 IMG_9760 IMG_9756 IMG_9733 IMG_9725

 

●メインステージでは国際交流が

冒頭でお伝えしたとおり、メインステージでは日本の高校生と海外からの留学生によるパフォーマンスが披露されました。そのようすをお伝えします。

 

 

▲蒲田女子高等学校によるチアリーディング。

▲蒲田女子高等学校によるチアリーディング。

 

▲富士見丘高等学校による少林寺拳法。

▲富士見丘高等学校による少林寺拳法。

 

▲都立竹早高等学校によるダンスパフォーマンス。

▲都立竹早高等学校によるダンスパフォーマンス。ガンプラ展示にも参加している、あの竹早高校です。

 

▲都立国際高等学校によるチアリーディング。

▲都立国際高等学校によるチアリーディング。

 

▲フィリピンからの留学生によるパフォーマンス。

▲フィリピンからの留学生によるパフォーマンス。

 

▲ベトナムの留学生によるパフォーマンス。

▲ベトナムの留学生によるパフォーマンス。

 

▲ベトナムの留学生によるパフォーマンスには、都立国際高等学校のチアリーディングチームも参加しました。

▲ベトナムの留学生によるダンスパフォーマンスには、都立国際高等学校のチアリーディングチームも参加しました。

 

▲中国からの留学生のパフォーマンス。二胡にあわせ、民族衣装が続々と登場しました。

▲中国からの留学生のパフォーマンス。二胡にあわせ、民族衣装が続々と登場しました。

 

▲韓国留学生による舞踊。韓国はこのほか、太鼓によるパフォーマンスも披露しました。

▲韓国留学生による舞踊。韓国はこのほか、太鼓によるパフォーマンスも披露しました。

 

▲東京実業高等学校によるマーチングバンド。

▲東京実業高等学校によるマーチングバンド。

 

▲メインステージのラストを飾ったのは、都立青梅総合高等学校の和太鼓です。

▲メインステージのラストを飾ったのは、都立青梅総合高等学校の和太鼓です。

 

こうした数々のステージとガンプラ、そして実物大ガンダム立像が融合した「TOKYO MEETING」は、親子連れや海外の方々の来場者も多く、とても元気で、そして和やかなイベントとなっていました。

 

なお、「TOKYO MEETING」はこれにて終了しましたが、ガンプラ秋祭りや、交通系ICカードを使ったゆりかもめのキャンペーン「TOKYOガンダムプロジェクト 2015 ゆりかもめ ICタッチ!キャンペーン」は継続していますので、下記概要をお確かめのうえ、ぜひ楽しい休日をお過ごしください!

 

 

 

<関連情報>
TOKYO ガンダムプロジェクト 2015
http://www.tokyo-gundam-project.jp/

 

【「TOKYO MEETING」開催概要】

開催日時:2015年9月27日(日)
場所:ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場(シンボルプロムナード公園ガンダム立像前周辺)
主催:TOKYO ガンダムプロジェクト2015 実行委員会
協賛:ダイバーシティ東京 プラザ、バンダイナムコグループ
共催:東京臨海副都心グループ
協力:独立行政法人 日本学生支援機構
後援:東京都教育委員会

 

 

【「ガンプラ秋祭り」開催概要】
●青空ガンプラ組み立て体験会
日時:2015年10月3日(土)、4日(日)11:00~16:30(最終受付)
場所:シンボルプロムナード公園ガンダム立像前周辺
参加費:無料
製作ガンプラ:BB戦士 No.396 ビルドバーニングガンダム
定員:1回につき15名
※1回30分で、15名まで参加可能。1日12回実施予定。
※各日10:30より会場にて各回の整理券配布予定

 

●高校生模型部員によるガンプラ展示
日時:2015年10月4日(日)まで 11:00~18:00
会場:ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場(シンボルプロムナード公園ガンダム立像前周辺 )
参加費:無料
参加予定校:東京都立竹早高等学校、高輪中学校・高等学校、海城高等学校
内容:ジオラマによる機動戦士ガンダムの戦闘シーンの再現等

 

【「TOKYOガンダムプロジェクト 2015 ゆりかもめ ICタッチ!キャンペーン」概要】
実施期間:2015年10月25日(日)までを予定
使用可能カード:PASMO、Suicaなど交通系ICカード
主催:TOKYO ガンダムプロジェクト2015 実行委員会、株式会社ゆりかもめ

 

参加方法:

1 ゆりかもめを利用して下記3駅4カ所に設置された専用端末にタッチ

設置箇所: 新橋駅(東口改札内、西口改札内)/豊洲駅改札内/台場駅改札外

※4カ所のうち、1カ所タッチすれば抽選に参加できます。
※自動改札で入場した方に限ります。
※9:00以前及び20:00以降はタッチしても無効になります。
※IC定期券利用者も対象となります。

2 ガンダムフロント東京に設置された専用端末にタッチして抽選

参加可能回数:1日1回・期間中何度でも参加可能
抽選時間:10:00~20:50
※当日のゆりかもめ利用者のみ有効となります

 

賞品

1等「ガンダムフロント東京」2,000円分クーポン券
2等「ガンダムフロント東京」1,000円分クーポン券
3等「ガンダムフロント東京」500円分クーポン券
4等「TOKYO ガンダムプロジェクト」オリジナル画像

※当選権利の譲渡・換金はできません。
※クーポン券の有効期限は発効日より1カ月です。有効期限終了後は無効となります。
※クーポン券は記載の金額を超える支払い時に限り利用できます。
※クーポン券は「ガンダムフロント東京」のみで使用できます。「STRICT-G」では使用できません。
※クーポン券は紛失しても再発行されません。
※ダウンロードに伴うインターネット通信料、接続料は参加者の負担となります。

 

 

(c)創通・サンライズ

(c)創通・サンライズ・テレビ東京

2015年9月28日(月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery