特別な日のお菓子やお土産としておなじみ!柿の種やゴーフルなど伝統銘菓がミニチュアフィギュア化!缶や小袋など細部まで再現!!

更新日:2020年12月24日 12:44

カプセルトイやフィギュアの企画・製造を手がけるケンエレファントより、メーカー5社から許諾を得て、伝統ある美味しい銘菓を手のひらにおさまるサイズでミニチュアフィギュア化した「銘菓 ミニチュアコレクション」が登場! 2020年11月下旬から全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店、上野ランドなどで販売されます。

※ケンエレファントのオンラインショップで8個入りパックが予約受付中です。

 

 

 

特別な日のお菓子や家庭に馴染み深いお菓子たちがミニチュア化

ケンエレファントではこれまでに培った開発技術を生かし、正式な版権許諾のもと多様な業種のプロダクトをミニチュア化。小さくなっても構造やディテールを可能な限り再現しクオリティの高さで、ミニチュアやおもちゃ、カプセルトイの愛好家から人気を集めています。

 

本商品は、デパートで購入するお土産としてのお菓子や、家庭に馴染み深いお菓子など全5商品がラインナップ。各地でながく愛されている銘菓たちを精巧に再現しています。食べ終わった後に取っておく方も多いお菓子の缶も、色味や形状を細部まで再現しています。

 

泉屋東京店 スペシャルクッキーズ

昭和2年の創業から、スコットランドの家庭で焼かれていたホームメイドクッキーのおいしさを今でも守り続けている「スペシャルクッキーズ」。まるいドーナツ型が特徴的で、フルーツがのっている“リングターツ”は2つ封入。リングダーツのみが分離していて、取り外すことが可能です。

▲約W28×D37ミリ×H11ミリ/リングターツ(クッキー)約0.95ミリ

 

榮太樓總本鋪 梅ぼ志飴&黒飴

文政元(1818)年創業。全国飴菓子工業協同組合に加盟している飴屋としては日本最古の歴史をもつ榮太樓總本鋪定番の商品。江戸時代、安政年間生まれの「梅ぼ志飴」と明治生まれの「黒飴」を、直径約2.5cmのサイズでミニチュアフィギュア化。飴は3粒のみが分離していて、その一粒ひとつぶには、小さな榮太樓印が入っています。飴を入れた状態で缶を静かに振ると、実際の商品を購入したときのように飴が転がる音が聞こえます。

▲直径約25ミリ×H8ミリ

 

浪花屋製菓 柿の種

大正12年創業の元祖柿の種メーカー・浪花屋製菓の、三日月型の柿の種。懐かしい大袋詰め化粧缶の蓋には、蓋を開ける際の注意書きをはじめ、パッケージに描かれているイラストやロゴを再現。缶の中には、柿の種の小袋が3つ入っていて、すべて取り出しが可能です。

▲約W32×D32×H19ミリ

 

神戸風月堂 ゴーフル

明治30年創業の神戸風月堂の銘菓「ゴーフル」。昭和2年に誕生し、バニラ・ストロベリー風味・チョコレートのクリームをサクサクとした薄焼き生地で挟んだゴーフルは、神戸ではこの茶色い缶が「一家にひとつはある」と言われるほど家庭に馴染み深いお菓子。薄焼き生地が美味しいゴーフルは、1枚だけ剥き身の状態で封入。ゴーフルの表面と裏面のデザインの違いを忠実に再現しています。

※「風月堂」の「風」は、「(かぜかんむりに百)」が正しい表記となります。

▲直径約32ミリ×H18ミリ

 

坂角総本舖 海老せんべい ゆかり

<ゆかり>は、人と人とのご縁を結ぶ贈り物として名付けられた、明治22(1889)年創業・坂角総本舖の代表商品。海老の深く香ばしい味わいが特徴の<ゆかり>の缶入り商品をミニチュアフィギュア化。缶の蓋のロゴ部分は本物と同じくエンボス加工。<ゆかり>の商品名とシンボルマークは、本物の製品と同じメタリックカラーを再現しています。

▲約W38×D32×H9ミリ

 

 

DATA

銘菓 ミニチュアコレクション

  • カプセル商品/ブラインドBOX商品
  • 全5種
  • 素材:ABS、PVC、PP
  • 企画制作・発売元:ケンエレファント
  • 価格:カプセルトイ1回400円(税込)/ブラインドBOX1個400円(税別)
  • 2020年11月下旬発売予定
  • 販売ルート:全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、ロフト一部店舗、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店、上野ランドなど

※実際の製品とは、仕様が異なることがあります。
※本商品の対象年齢は15歳以上です。
※本商品は食べ物ではありません。
※商品は中身が見えないブラインド仕様での販売となります。商品を選んで購入することはできません。

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る