RX-78-2カラーのユニコーンガンダムに、表面塗装にこだわったリックドムIIなど、電撃ガンプラアカデミー2020年10月投稿分

前回からリニューアルされ、ガンプラビルダーズワールドカップ 2014年・2015・2018年日本大会ファイナリスト、2016日本大会準優勝の佐藤哲夫氏をはじめ、吉本プラモデル部の方が作品を選出するガンプラアカデミー。第10回は2020年10月に投稿作品された作品から、吉本プラモデル部部長 佐藤哲夫氏、吉本プラモデル部 佐藤ピリオド.氏注目の作品をピックアップします。全投稿作品はワンダースクールにて公開中です! 今月選ばれた10作品は以下のとおりです!

 

吉本プラモデル部 佐藤ピリオド.選出作品

 

作品名:砂の十字架(萩月ユウさん)

ベストメカコレクションのグフがここまでも威風堂々なことありますか!? プラ板、パテ、ランナーや余ったポリキャップで大改造……お見事の一言。見た瞬間見惚れてしまい、私の選ぶ作品として選ばさせて頂きました。きっと部長も「俺も選びたかったなぁ」って言ってるんやろうなぁ。ライトも背景の陰影とちゃんとマッチするようなライティングで違和感なしでした。飾りたい!

 

作品名:リックドム ツヴァイ(かずぅ1980さん)

リックドムII(ツヴァイ)の素材としてのカッコ良さに味付けとしては【丁寧な表面処理】だけでここまで素晴らしい作品になるんだよ。ってのを実証してくださった作品かなと思います。かっこいいなー。なんでしょ重厚感。もう「重!厚!感!」って言いたくなるくらいの良き重み。黒立ち上げからのグレーと黒の塗り分けの色味も「ここ!」ってくらい丁度よい気がします。もう一回言わせてください、いや何度か言わせてください、カッコいいなー。

 

作品名:ゲルググキャノンデザートバージョン(TERUさん)

こちらの作品を見た時にですね、すぐに「やれやれ……また俺だけ生き残っちまった……」って戦場でエースパイロットがボソッと口ずさむ絵が見えたんです。ジオラマにしてないのに増加装甲とクレヨンでのウェザリング、シールドの傷なのでそこを全部見せてくれた。いや、「魅せてくれた!」。早く家族の元に還れる日を僕も夢見てます。まだ仲間のところに行くのは早いだろ?

 

作品名:「たかが石ころひとつ!」(ヒデさん)

いやー笑ったなー。前からはもちろんなんですが、横からのアングルもシュールでして。サザビーの脱出ポットが日の丸弁当の梅干しポジションなのもいい。額縁があえて白なのもあくまでもインテリアなんだぞ!感が大好きです。アクシズの一面のクオリティもちゃんと高い。ボケる人は上手いって言うあるあるも納得でした。次は何かな??(笑)

 

作品名:ユニコーンガンダム ワンフー(王虎)(13194さん)

これ作者さんのコメントが面白くて「油性ペン黒で虎縞を描き込んだだけ」……いや! 「だけ」て! 凄い量やし! 均等やし! 品がない(褒め言葉)バランス絶妙やし! 僕も昔近しいもの作ったことありまして(ルイヴィトン専用ズダ)こーゆーものの大変さが身に染みて分かるんです! それを「描き込んだだけ」って言えるて! 私は褒めてあげたい! すばらよ!

 

 

 

 

吉本プラモデル部部長  佐藤哲夫選出作品

 

 

作品名:RX-0-0 RAY(めおぷら夫さん)

とにかく塗装へのこだわりと努力がビシビシ伝わってくる作品ですね! ペインティングモデルは私はまだ組んでないんですがおそらくパーツ数はそんなに多くないキットなんじゃないですかね? つまり製作期間のほとんどは塗装に使われたんでしょうねー! サイコフレームの輝きを表現するグラデーションもキレイだし、それと対称的な深みのある本体のグラデーション! 艶にも変化を持たせるなど、色々な工夫が見てとれます! うつくしー!!

 

作品名:来たな・・・戦争を教えてやる(kanadadryさん)

初めて作ったガンプラということですが、さすがにプラモが初めてということではないでしょう! おそらくAFVなどをふだん作られてる方なのかな? 煙の拡がり方や砂塵の巻き起こる様など、「動き」を表現する技術が凄いです! ホントに動いてるものを撮影したかのような臨場感! あとはお部屋の他のものが写りこまない撮影をしていただけたら完璧! とくに色味的に木工用ボンドが非常に目を引いてしまいますー!

 

作品名:MS-07B-3 グフカスタム(ブラウニーさん)

これね、パッと見ただけだとグフカスをただ色を変えただけのようだけど、よく見ると細部にこだわって色々手を入れてあるんすよー! 重々しくマッシブに見えるのはそういう細かいこだわりの積み重ねによるものでしょうね! 大きく変化させる改造も楽しいですが、こういう基本の形を残しつつ自分の理想形に近づける改造作品のかっこよさを再認識させられました! これは良いグフカスですねー! 私も好みの感じのグフカスー!

 

作品名:リックドム(MITOさん)

バランスお見事!! もちろんドムを支えるバランスもお見事なのですが、なんといっても構図のバランスが非常に良いっすねー! ベースの大きさの配分、ドムのポージング、バズーカの角度、全てのバランスが良い! このドムの角度をみてほしい!! 「凄く重いモビルスーツが無重力空間に浮いている」というまるで矛盾したような状況を見事に伝えきってます! これは飾りたいっ!!

 

作品名:ノリスのグフカスタム(TAKA-SUNさん)

今回グフカスを2作品選んじゃったけど、それはたまたまね! この作品はぶっちゃけビルに惚れて選んじゃったよ! 場面としてビルの切り取り方のセンスも良いし、内部まで作り込んでるところも素敵だし、それをどれくらい「見せる」のかってところのセンスも抜群! 「みてみてー!」って気持ちはわかるけど、見せすぎちゃうとわざとらしくなっちゃうじゃない? これぐらいが一番カッコいいんじゃないかなぁー! 俺はよく失敗するけどー!

 

 


吉本プラモデル部  佐藤ピリオド.総評

いやー今回も5選に絞らなければならないの苦しかったです! 前もこんなスタートでしたね!(笑) けどね本当にね、全員楽しんで作ってる! この時点で素晴らしいんですよ! ここからは好みでしかないってのが正直なところですね(笑)。僕は想像が膨らむ作品や目を惹く作品にどうしても興味を持ってしまいます! これからもワクワクを楽しみに待ってます! ありがとうございました!

吉本プラモデル部 部長 佐藤哲夫総評

今回もたくさんの投稿ありがとうございますー! いつも一定数あるんですが、今回は「直球に見える変化球」って感じの作品が多かったかも!? 王道中の王道のように見える作品でも、よくよく見ると自分の主張したい部分をいかにカッコ良く伝えるかって部分でオリジナリティー溢れる工夫をしている感じ! だからこそ、主張がクドくならずにナチュラルに見せ場が目に飛び込んでくる! その中に驚きやハイテクニックが盛り込んであって! いやぁホントに細かいところまで目が離せませんねー! 今回も目一杯楽しませてもらいましたー!

あざーっす!!

 

 

今月もたくさんの力作をご投稿くださりありがとうございました。

投稿いただいた作品から、吉本プラモデル部のメンバーが作品を選出します。プラモデルを愛してやまない芸人たちを唸らせる入魂のご投稿をお待ちしております!

 

 


 

電撃ガンプラアカデミーへの応募はワンダースクールにて受け付けています。

 

DGA_banar_1200x630

 

(C)創通・サンライズ

関連情報

 

関連記事

上に戻る