航空自衛隊の救難ヘリ「UH-60J」の洋上迷彩機を1/72スケールキットで再現!受油プローブ装備は選択式!

航空自衛隊が保有する救難ヘリ「UH-60J」の洋上迷彩を再現する新規デカールが付属した、特別仕様のキットがハセガワより限定アイテムとして登場! 空中給油用の受油プローブを装着した「592」と、装着していない「582」の選択式で、「592」は機体側面に航空自衛隊60周年記念マークが記されています。

 

パッケージイラストは加藤単駆郎氏が担当。レドーム、センサー、アンテナ、バブル側面窓はUH60J(SP)専用のプラ部品がセットされます。エッチング製のアンテナ付属。

 

以下のデカール(マーキング)を収録。

  • 航空自衛隊 航空救難団 所属機「592」/「582」

 

DATA

UH-60J(SP)レスキューホーク “洋上迷彩”

  • プラモデル
  • 1/72スケール
  • 全長:256.5ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:3,500円(税別)
  • 2021年4月22日(木)発売予定

※画像は開発中のイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

関連情報

 

関連記事

上に戻る