名車バイクキット3種がハセガワより再販!「スズキ GT380 B」、「カワサキ KH400-A7」、「スズキ GSX-R750(G)(GR71G)」!!

ハセガワの1/12スケールのバイクモデルシリーズより、人気の3種が再販となりました!

 

スズキ GT380 B

1972年に発売された傑作中型ロードスポーツです。空冷2ストローク直列3気筒エンジンを搭載し、精悍なボディに4本のマフラーを備えた重厚なデザインで現在でも人気のマシン。キットはフロントブレーキがドラムブレーキからディスクブレーキに変更された「GT380 B」をモデル化。徹底した実車取材により、特徴のあるエンジンや内・外装部品を精密に再現し、実車を組み立てるような感覚で製作できます。パーツの色分けとメッキパーツで、塗装しなくても実車に近いイメージを再現できます。

 

DATA

スズキ GT380 B

  • プラモデル
  • 1/12スケール
  • 全長:173.5ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:3,400円(税別)
  • 2021年4月22日(木)発売予定

※写真はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

カワサキ KH400-A7

カワサキKHは、マッハシリーズから受け継ぐ独特の2ストローク3気筒エンジンを搭載。「ケッチ」の愛称で親しまれ、現在でも根強い人気があるオンロードバイクです。1979年11月にカワサキライムグリーンのレーシングカラーでリリースされた排気量400ccの最終モデル「KH400-A7」を、徹底した実車取材によりキット化。パーツの色分けとメッキパーツで塗装しなくても実車に近いイメージを再現します。

 

DATA

カワサキ KH400-A7

  • プラモデル
  • 1/12スケール
  • 全長:165.5ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:3,400円(税別)
  • 2021年4月24日(土)発売予定

※写真はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

スズキ GSX-R750(G)(GR71G)

1985年に登場したスズキGSX-R750は、油冷エンジンを装備して当時の400ccクラスに匹敵する軽量化を実現し、ナナハンバイクは重くて乗りづらいという概念を根本から変えました。油冷エンジンとは、エンジンオイルを冷却媒体として活用する液冷エンジンのことで、当時の水冷エンジンより軽量にすることができました。キットは1986年に発売された「GSX-R750(G)(GR71G)」(2型)を、徹底した実車取材により再現しています。

 

DATA

スズキ GSX-R750(G)(GR71G)

  • プラモデル
  • 1/12スケール
  • 全長:177ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:3,600円(税別)
  • 2021年4月22日(木)発売予定

※写真はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

Licensed by SUZUKI
Licensed Product of Kawasaki

関連情報

 

関連記事

上に戻る