『ゲッターロボ アーク』プラモデル「HG ゲッターアーク」が発売決定!アニメは7月TV放送決定!PV第2弾や流拓馬役・内田雄馬さんなど第1弾キャスト情報も解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2021年7月に放送が開始される、TVアニメ『ゲッターロボ アーク』の最新情報が到着! プラモデル「HG ゲッターアーク」やキャスト第1弾、新規キービジュアルなどの情報をチェック!

 

▲新規キービジュアル

 

プラモデル「HG ゲッターアーク」が発売決定!

BANDAI SPIRITSより発売予定の「超合金魂 ゲッターアーク」に続き、プラモデルでもHG シリーズで「ゲッターアーク」が発売決定です!

 

主人公・流拓馬役の内田雄馬さんなどキャスト第1弾が解禁!

ゲッターロボに搭乗する主人公・流拓馬役に内田雄馬さん、カムイ・ショウ役に向野存麿さん、山岸獏役に寸石和弘さんが出演。さらに神隼人役を『真(チェンジ!!)ゲッターロボ世界最後の日』(1998年~)をはじめとする「ゲッターロボ」シリーズでも同役を担当した内田直哉さんが演じます。

 

流拓馬役:内田雄馬さんコメント

この度、流拓馬の声をやらせていただくことになった内田雄馬です。「ゲッターロボ」シリーズは45年以上も続く歴史ある作品です。それほどの長い時を経て今もなおアニメーション化されるということが、シリーズを通して長く愛され続けているという証明であると思い感動しています。自分が役をいただいた時その大きさと重さを感じましたが、いつも通り自分にできる最大限をもって作品作りに臨んでいきたいと思っています。たくさんの方に楽しんでいただけるよう頑張ります! ぜひ『ゲッターロボ アーク』お楽しみに!

内田雄馬さんプロフィール

アイムエンタープライズ所属。TVアニメ『BANANAFISH』『ぐらんぶる』など数々の人気作で主演を務める。第13回声優アワード主演男優賞受賞。役者として高い評価を受ける。2018年にはアーティストデビューなど、活動の幅を広げている。

 

カムイ・ショウ役:向野存麿さんコメント

お話をいただいた際とても嬉しかったです。すぐさま原作コミックを読み、その世界観にのめり込んでいきました。僕自身が体験できないような複雑な宿命を背負った青年、カムイ。同い年なことに驚きました。異形の存在としての葛藤や渇望。あまりにも酷な彼の生い立ちを受け止め体現しようと決意いたしました。「ゲッターロボ」シリーズの歴史の重みを感じながらそれらに相応しい期待に応え、ファンの皆様に届けなくてはと思います。

向野存麿さんプロフィール

北海道出身。役者を志し専門学校で演技の勉強をしたのちに上京、その容姿とはギャップのある低音ボイスが特徴。新人ながらカムイ・ショウ役を射止め、今作がデビュー作品となり今後の活躍が期待される。

 

山岸獏役:寸石和弘さんコメント

役に決まったと聞いたときはとにかく嬉しくて叫び、気がついたら拳を天に突き上げていました。そして子供の頃から触れてきた大好きなコンテンツにまさか自分が!? という気持ちとともに、先輩たちが繋いできたゲッター魂を受け継ぎ、皆さんに熱い時間をお届けできるのか!? というプレッシャーを感じました。そして歴史のある作品ですのでファンの皆さんの期待に応えたいと強く思いました。この作品に関われることを本当に嬉しく、誇りに思います。

寸石和弘さんプロフィール

主に吹き替え作品で活躍。海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズではメインキャスト「グレン」役で人気を博し、海外アニメ『アドベンチャー・タイム』ではプリズモのような透明感のあるキャラクターを好演。多くの作品で高校生から老人まで広く演じ分ける。

 

神隼人役:内田直哉さんコメント

私自身皆さんと同じく「ゲッターロボ」ファンの1人だったので、お話を聞いたときは胸が踊りました。「またあのゲッターロボの世界を体験できる! そしてまた神隼人を演じることができる!」そう感じたものです。今は亡き石川先生の[ゲッターロボサーガ]の最終作品に参加できる興奮は抑えきれません。そしてまた川越監督始めキャスト、スタッフと一緒に作品作りができるというのも楽しみの1つです。ワクワク!

内田直哉さんプロフィール

大沢事務所所属。東京都出身。1998年の『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』に始まるOVA版で神隼人役を担い続ける。近年の参加作は、TVアニメ『ヴィンランド・サガ』『憂国のモリアーティ』など。

 

『ゲッターロボ アーク』キャスト発表記念オンライントークイベントも開催!

本作の主役・流拓馬役の内田雄馬さんと、『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』ほかで主役・流竜馬を演じた石川英郎さんが出演。本作のキャラクターデザインを担当する本橋秀之さんと、すべてのOVA版に携わり本作ではアニメーションプロデューサーを務める南喜長さんも参加し、制作中の現場の熱気をお届け! そしてこのイベントではさらなる情報も公開される予定となっています。

 

石川英郎さんプロフィール

青二プロダクション所属。兵庫県出身。1998年の『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』ほかで流竜馬役を担当。代表作は、『NARUTO‐ナルト‐』うちはイタチ、『ディシディアファイナルファンタジー シリーズ』スコール・レオンハート役など。

 

DATA

『ゲッターロボ アーク』キャスト発表記念オンライントークイベント

  • 実施日時:2021年4月17日(土)17時~18時30分
  • 登壇(予定):内田雄馬(流拓馬 役)、石川英郎(『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』ほか 流竜馬 役)
    本橋秀之(キャラクターデザイン)、南喜長(アニメーションプロデューサー)
  • 実施方式:無観客・オンライン生配信方式
  • 配信フォーム:YouTube BANDAI NAMCO Arts Channel
  • 参加料金:無料

内容

  • 制作真っ最中の現場からのメイキングトークイベント。主人公・流拓馬に内田雄馬さんはどのように挑んでいこうとしているのか。これまで主役・流竜馬を演じてきた石川英郎さんは、本作の主役であり、役としては息子にあたる流拓馬を演じる内田雄馬さんに何を託すのか。また、キャラクターデザインの本橋秀之さん、アニメーションプロデューサーの南喜長さんからはTVアニメ『ゲッターロボ アーク』映像制作現場のホットな様子もお届けする。

 

PV第2弾も解禁!

新規カットを使用したPV第2弾も解禁となりました。

TVアニメ『ゲッターロボ アーク』PV第2弾

 

オープニングテーマ「Bloodlines~運命の血統~」が7月14日発売決定!

本作のオープニングテーマ、JAM Projectによる「Bloodlines~運命の血統~」(作詞・作曲:影山ヒロノブ 編曲:寺田志保/栗山善親)も7月14日(水)にCDリリースされることが決定! 20周年を迎え、今尚アニソン界を牽引し続けるJAM Projectが2年ぶりとなるアニメ主題歌を担当。「ゲッター」シリーズ主題歌をいくつも担当してきたJAM Projectによる、集大成ともいえる重厚で力強いサウンドで珠玉のロボットソングに仕上がっています。

 

アニメ『ゲッターロボ アーク』紹介

『ゲッターロボ アーク』は、1974年に連載が開始された永井豪氏・石川賢氏による漫画『ゲッターロボ』をはじめとする〈ゲッターロボ・サーガ〉の最終作品。

 

〈ゲッターロボ・サーガ〉とは

〈ゲッターロボ・サーガ〉とは、『ゲッターロボ』から始まる「ゲッターロボ」諸作品の総称。原点である『ゲッターロボ』は、合体変形ロボットの金字塔を打ち立てた作品。その後、数々の作品で「合体変形」の魂が継承されました。
「ゲッターロボ」は、その後『ゲッターロボ G』(1975~)、『ゲッターロボ號』(1991~)、『真ゲッターロボ』(1997~)と描き続けられ、2001年に双葉社のアクションピザッツ増刊『スーパーロボットマガジン』に連載開始されたのが『ゲッターロボ アーク』。その後、石川賢さんが急逝。『ゲッターロボ アーク』も〈ゲッターロボ・サーガ〉も未完の名作となりました。
今回制作されるアニメは、原作の特徴をより色濃く反映させた作品。監督は『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』などの作品を手掛けた川越淳氏、アニメーション制作はOVA「ゲッターロボ」シリーズのBee・Mediaが担当します。シリーズ誕生から47年。「ゲッターロボ」という作品が放つ、迸るような“熱き魂”が、令和の閉塞と混沌を突き破ります。

 

DATA

ゲッターロボ アーク

  • 2021年7月より放送開始予定

キャスト

  • 流拓馬…内田雄馬
  • カムイ・ショウ…向野存麿
  • 山岸獏…寸石和弘
  • 神隼人…内田直哉
  • ほか

スタッフ

  • 企画…ダイナミック企画
  • 原作…永井豪・石川賢
  • 監督…川越淳
  • 構成・脚本…早川正
  • キャラクターコンセプト…星和弥
  • キャラクターデザイン…本橋秀之
  • ロボット・コンセプトデザイン…堀井敏之
  • プロップ・メカデザイン…岩畑剛一/森木靖泰/鈴木典孝
  • 美術監督…根岸大輔
  • 美術設定…滝口勝久
  • CGI 監督&CG デザイン…後藤優一
  • 音響監督…なかのとおる
  • 音楽…栗山善親/寺田志保
  • 音楽制作…ランティス
  • 主題歌…JAM Project
  • アニメーション制作…Bee・Media
  • 製作…真早乙女研究所

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery