『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』エヴァ零号機(改)がロボ道シリーズからアクションフィギュア化!全身48カ所の可動ポイントでダイナミックな戦闘シーンが再現可能!

更新日:2021年5月24日 15:31

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』より、エヴァンゲリオン零号機(改)がアクションフィギュアシリーズ「ロボ道」から登場! threezeroストアにて2021年5月14日(金)10時より予約受付開始となります。

 

亜鉛合金ダイキャスト製のフレームに48カ所の可動ポイントが内蔵されている本アイテム。threezeroが得意とする精密な塗装によって、その造形完成度の高さがさらに引き上げられています。また、アンビリカルケーブルは背中のソケットに着脱可能なほか、ESV(Enchanted Shield of Virtue)が付属しているので、作中の印象的なシーンも再現して楽しめます。

 

もうひとつの装備品としてバレットライフルが付属。ロボ道シリーズの自由度の高い可動域も健在で、アクロバティックなコンバットシーンもバッチリ決まります。

 

また、エントリープラグカバーは開閉可能で、中のエントリープラグを露出させることが可能。エントリープラグは2種類付属し、挿入時、抜き出た状態の両方が再現できる仕様となっています。

 

展開中の初号機、2号機と合わせてぜひゲットしてくださいね。

 

DATA

ロボ道 エヴァンゲリオン零号機(改)

  • ABS&PVC&POM&亜鉛合金製塗装済み可動フィギュア
  • ノンスケール
  • 全高:約25cm(肩パーツ含む)
  • 付属品:パレットライフル、ESV(Enchanted Shield of Virtue)、交換式のエントリープラグ×全2種(短いエントリープラグ(挿入時再現用)、長いエントリープラグ(抜き出した状態再現用))、アンビリカルケーブル、交換式手首パーツ各種(リラックスしたポーズの手1対、大きく開いたポーズの手1対、拳1対、ライフル類保持用の手1対、シールド保持用の手1対)、ロボ道アクションスタンド
  • 発売元:threezero
  • threezeroストアでの販売価格:15,140円(送料別)
  • 2021年第4四半期発売予定

(C)khara

関連情報

 

関連記事

上に戻る