ハイスペックな可動ギミックを全高10センチのボディに搭載!ロボットデザイナー・moi氏の「陸上自衛隊07式戦車 なっちん」が最新デザインの「III型」にてプラモデル化!

更新日:2021年5月20日 11:54

SNSを中心に活躍するロボットデザイナー・moi氏によって生み出されたオリジナルキャラクター「陸上自衛隊07式戦車 なっちん」が、最新デザインの「III型」にてプラモデル化! コトブキヤから発売です。

 

陸上自衛隊07式-III型戦車 なっちん

moi氏がこのキットのために制作した新規CADデータを使用し立体化。全身62カ所が可動する、ハイスペックフルアクションモデル仕様です。「引き出し式関節(肩・ヒザ)」や「スライド式可動(股関節)」などを採用した、多彩な可動ギミックを搭載。また、キットのランナーは5色で色分けされており、そのまま組み立てただけでも設定に近いカラーリングを再現可能。尻尾にあたるパーツはリード線を使用しており、柔軟に曲げられます。

 

今後の展開を見据えた設計により、頭部のハッチは設定どおりの開閉ギミックを搭載。

 

なっちん専用成型色の「ウェポンユニット40 マルチキャリバー」が付属。差し替え式の「武器持ち手」を使って「なっちん」に装備できます。本体下部の3ミリ径ジョイント(穴)を使用し、付属の「なっちん専用スタンド」や別売りの「ニューフライングベース」などを使用したディスプレイも可能。

 

全身18カ所に3ミリ径ジョイント(穴)を装備。『M.S.G』などのパーツを使用することで、「なっちん」を自由にカスタムできます。3ミリジョイント(軸)を備えた「汎用グリップパーツ」が2個付属。「M.S.G」とのコンビネーションがさらに広がります。また、交換用の「目のパネルパーツ(ブランク)」は3個付属し、付属の水転写デカールを使用することでさまざまな表情を選択可能。

 

DATA

陸上自衛隊07式-III型戦車 なっちん

  • プラモデル
  • 1/35スケール
  • 全高:約100mm
  • セット内容:なっちん本体、ウェポンユニット40 マルチキャリバー(なっちん専用成型色版)、目のパネルパーツ(正面目線〈塗装済み仕様〉×1、ブランク×3)、武器持ち手(左右)、汎用グリップパーツ×2、3mm径ジョイントパーツ(軸)×4、なっちん専用スタンド、水転写デカール
  • 設計:コトブキヤ、プロスリンク
  • 発売元:コトブキヤ
  • 価格:4,400円(税込)
  • 2021年10月発売予定

※「なっちん」の武器持ち手は通常の「M.S.G」規格のサイズより大きいため、「M.S.G」のグリップの保持に制約があります。対応可能な「M.S.G ウェポンユニット」「M.S.G ヘヴィウェポンユニット」については、商品ページから対応リストをご確認ください。

 

 

陸上自衛隊07式-III型戦車 なっちん[グレーVer.]

グレーVer.のなっちんも同時にラインナップ。グレーを基調とした本体のカラーリングは、『M.S.G』のデフォルトカラーであるダークグレーとの相性もバッチリ。全身18カ所に装備した3ミリ径ジョイント(穴)を使用して、「カスタムなっちん」を楽しめます。また、なっちん専用成型色の「ウェポンユニット05 バトルアックス・ロングライフル(生産終了品)」が付属。

 

DATA

陸上自衛隊07式-III型戦車 なっちん[グレーVer.]

  • プラモデル
  • 1/35スケール
  • 全高:約100mm
  • セット内容:なっちん本体(ヘッドカバーのカラーは2種選択式)、ウェポンユニット05 バトルアックス・ロングライフル(なっちん専用成型色版)、目のパネルパーツ(正面目線〈塗装済み仕様〉×1、ブランク×3)、武器持ち手(左右)、汎用グリップパーツ×2、3mm径ジョイントパーツ(軸)×4、なっちん専用スタンド、水転写デカール
  • 設計:コトブキヤ
  • 価格:4,400円(税込)
  • 2021年11月発売予定

※「なっちん」の武器持ち手は通常の「M.S.G」規格のサイズより大きいため、「M.S.G」のグリップの保持に制約があります。対応可能な「M.S.G ウェポンユニット」「M.S.G ヘヴィウェポンユニット」については、商品ページから対応リストをご確認ください。

 

(C)moi72

関連情報

 

関連記事

上に戻る