「核誠治造」のアクションフィギュア「ROBOT BUILD」に3形態に組み替え可能な新アイテムが登場!重装、軽装、ドラゴン形態をパーツ組み替えで再現可能

更新日:2021年6月13日 20:57

「核誠治造」のアクションフィギュア「ROBOT BUILD」シリーズに、3形態に組み替え可能な新アイテム「RB-12 MEDUSA MkIII “美杜莎”」が登場! 2021年8月発売予定です。

 

中国で人気のメカ系漫画家であるLAS91214氏によるSF漫画『BIRD/BINARY』と「ROBOT BUILD」のコラボ製品である本アイテム。作品中の人気キャラクター「塞拉(セラ)」の専用機体である「MEDUSA MkIII」が、アクションフィギュアとなって登場です。原作設定にある3形態(重装、軽装、ドラゴン形態)を、パーツ組み替えで再現可能なプレイバリューの高い内容となっています。

 

重装形態

 

軽装形態

 

ドラゴン形態

 

細身のボディに取り付けられた各部の鋭角的なパーツによって演出される、独特なヒール感と凶悪なイメージも魅力的! 光学ステルス能力を備えるという機体設定を再現するため、全身の装甲に透明パーツを使用しています。また、シリーズ共通の特長はそのまま引き継いでおり、関節の可動範囲が広くさまざまなポーズ付けが可能。各部ジョイントは直径4ミリの共通規格で、既存シリーズ製品とも組み替えることができます。

 

DATA

RB-12 MEDUSA MkIII “美杜莎”

  • ABS&PVC製可動フィギュア
  • ノンスケール
  • 全高:約170mm(全高/頭頂部まで)
  • 製造元:核誠治造(EARNESTCORE CRAFT/アニスコル)
  • 販売元:ウェーブ
  • 価格:8,580円(税込)
  • 2021年8月発売予定

 

(C)Earnestcore Craft (R) All rights reserved

関連情報

 

関連記事

上に戻る