あなたのスマートフォンとデスクトップを彩ります! ダブルジャックマスコットシリーズに『機動戦士ガンダム』が満を持しての参戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

いままでも様々なキャラクターでシリーズを展開してきた、フィギュア型イヤフォンカバーと台座がセットになったヒットアイテム、ダブルジャックマスコット。愛らしいフィギュアでスマートフォンのイヤホン端子を護ってくれるこのシリーズに、ついに『機動戦士ガンダム』シリーズが参戦!

 

「男子編」と銘打った今回は、シリーズの名台詞を台座にして有名・美形のキャラクターが勢揃い。もちろん、イヤホンカバーにせずとも飾っておくだけでなかなかの愛らしさ。今回はその5アイテムを紹介いたします!

 

1
まずは『機動戦士ガンダム』よりシャア・アズナブル。第10話『ガルマ散る』でガルマに言いはなった面従腹背の台詞です。腹芸を見せているのが仮面の男・シャアらしいですね。ニヤリ顔が不敵。

 

2
『新機動戦記ガンダムW』よりヒイロ・ユイ。この台詞は劇中で幾度か使っていますが、ここはやはり最終回『最後の勝利者』での台詞でしょうか。

 

3
『機動戦士ガンダムSEED』より、キラ・ヤマト。FINAL-PHASE『終わらない明日へ』での最終決戦、クルーゼの言葉に対する答えがチョイスされています。

 

4
同じく『機動戦士ガンダムSEED』より、アスラン・ザラ。こちらはPHASE-30『閃光の刻』でキラと対峙したときの覚悟の台詞。よいオデコです。

 

5
『機動戦士ガンダム00』より、刹那・F・セイエイ。彼と言えばこれしかない、という台詞です。この言葉が生まれた回のサブタイトルもそのものずばり、第25話『刹那』です。

 

可愛いながらも機能は十全、さらにコレクションやディスプレイも楽しめるダブルジャックシリーズ。「男子編」ということは「女子編」や「MS編」も……? とつい期待してしまいますね。次回に思いを馳せながら、ガシャポンを回してみてはいかがでしょうか。

 

<DATA>
機動戦士ガンダム  ダブルジャックマスコット ガンダム男子編

■彩色済みフィギュア1体入り(全5種)
■2016年01月発売予定
■価格:1カプセル300円
■発売元:バンダイベンダー事業部

 

<関連情報>
ガシャポンワールド

 

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery