『A.O.Z Re-Boot』Vol.75更新!アーリーヘイズルをベースとして開発されたRX-121 ガンダムTR-1[ヘイズル]のバリエーションを紹介!

イラスト●藤岡建機/編集●電撃ホビー編集部

コミック第VI巻にて火星編がひとつの区切りを迎えたコミック「A.O.Z RE-BOOT ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-」。その「A.O.Z RE-BOOT」の藤岡建機氏描き下ろしイラスト連載、更新です!!

 

■RX-121 ガンダムTR-1[ヘイズル]

アーリーヘイズルをベースとして開発されたRX-121 ガンダムTR-1[ヘイズル]。本機は各種汎用強化装備の実験機で、運用によって様々なデータが得られたほか、[ヘイズル]そのものも多様な発展を遂げました。

アーリーヘイズルは[ヘイズル]のベースとなっただけではなく、それを母体とする技術試験機――ヘイズル・ケルデルクの母体となりました。[ヘイズル]予備機は後にRX-121-2の形式番号が与えられ、エリアルド・ハンター中尉の乗機として運用されています。

 

火星に落ち延びたトリスタン派がジム・クゥエルの指揮官仕様を換装した機体。機体色はブラックヘアーズのものを継承しています。外見こそ「ガンダム」でしたが、内装や性能はジム・クゥエルのものでした。しかし、それでも同地にティターンズにとっては希望の象徴であり、またレジオンにとってはかつて畏怖したMSを思い起させました。

 

アーリーヘイズルを母体として開発された技術試験機として開発された機体。主にRX-178 ガンダムMk-II技術のフィートバックを目的としており、本機においては武装やバックパック、脚部の推進器などの性能の検証が行われました。また重装仕様なども試験されています。

 

 

 

イラスト連載まとめに掲載されているピンナップでは、それぞれの機体についての解説もされていますので要チェックです!

 

『A.O.Z RE-BOOT』コミック単行本第VI巻好評発売中! 彼らが死を代償にしても手に入れようとする「輝ける星」。火星での戦いの結末は――。

 

DATA

A.O.Z RE-BOOT GUNDAM INLE ガンダム・インレ -くろうさぎのみた夢- VI

  • イラスト・漫画:藤岡建機
  • 原作:矢立肇・富野由悠季
  • 判型:A5判
  • 発行:KADOKAWA
  • 定価:990円(税込)
  • 発売中

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機

関連情報

 

関連記事

上に戻る