【興行収入10億円突破!!!】『劇場版 ソードアート・オンライン』第3週来場者プレゼントは原作者・川原礫氏書き下ろし小説!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2月18日(土)より公開された『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』。2月28日(火)には興行収入10億円を突破した本作の第3週目来場者プレゼントが決定しました。

 

3月4日(土)から配布となるのは、原作者・川原礫氏書き下ろしによる小説『ソードアート・オンライン ホープフル・チャント』。映画では語られることのなかった物語が100ページの大ボリュームで綴られています。すでに劇場版を見た人も、この小説を読めばもう一度劇場版がさらに楽しめる内容となっていますので、『ソードアート・オンライン』ファンの方はぜひゲットしてくださいね!!

sao_anime_20170301_01

 

DATA

ソードアート・オンライン ホープフル・チャント

  • 配布期間:3月4日(土)~3月10日(金)

※なくなり次第配布終了。

 

<あらすじ>

――2023年10月、《SAO》が始まってから約1年。
ログアウト不能のデスゲームの第百層を目指す旅は、第四十層まで到達していた。その最前線では、《ドラゴンナイツ・ブリゲード》、《天穹師団》、《風林火山》といった精鋭を揃えるギルドが我先にと攻略を競っている。そしてこの日、有力攻略ギルドの一つ《血盟騎士団》の一軍に昇格したプレイヤーがいた。ノーチラス。片手直剣のソードスキルを得意とする、志高き少年剣士。
副団長のアスナと共に攻略の一翼を担うべくダンジョンに入ったノーチラスだが、そこに巣くう高レベルモンスターと会敵した途端、《死への恐怖》で動けなくなってしまう。その失態は、風のように突如現れた《黒い剣士》の助太刀によって事なきを得るが、ノーチラスは自身に深く落胆する。
こんなことでは、約束を果たせない。デスゲームに巻き込まれたと知ったあの日、誰よりも大切な人と交わした約束を――。

デスゲームをクリアに導いた《英雄》キリトの活躍が語られるその陰で、密やかに交わされた、少年と少女の《約束》とは――? 劇場版《ソードアート・オンライン》で明かされなかった物語が、川原礫によって今紐解かれる。

 

関連情報

 

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery