安彦良和氏、大河原邦男氏の年賀状に使える素材サービス開始

更新日:2013年12月6日 14:00
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

キヤノンがガンダムとコラボして展開し、プリンターの楽しみ方を提案するプロジェクト「PIXUS×GUNDAM PROJECT」が、安彦良和氏、大河原邦男氏の画稿を使ったオリジナル素材をPIXUSユーザー向けに提供しています(PIXUSユーザーのみが使用可能※1)。期間は1月15日までです。

 

今回は月刊ガンダムエースとのコラボ企画で、公開されているのは同誌が制作した『安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」』から4作品、『機動戦士ガンダム MSV-R』の大河原邦男氏の画稿から3作品です。

 

▲安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」の4作品

▲『安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」』の4作品の中の1点

 

▲大河原邦男氏『機動戦士ガンダム MSV-R』の3作品

▲大河原邦男氏『機動戦士ガンダム MSV-R』の3作品の中の1点

 

 

なお、これらは同サイトで同時に提供されているオリジナルシールなど別の素材と組み合わせれば、年賀状をはじめとしたメッセージカードとしても使えます。……というよりも、むしろ今の時期なら年賀状としてどしどし使いたいものですね!

 

▲年賀状やシール用素材の活用例。

▲年賀状やシール用素材の活用例。

 

PIXUS×GUNDAM PROJECTといえば、キヤノンのコンシューマ向け最新複合機「PIXUS MG7130」の「シャア専用カスタマイズキット」モデルをリリースしたり(現在完売)、夏のキャラホビ2013では、カラープリンタの出力を何枚も繋げて巨大で美麗なシャア専用ザクを出現させたり、ガンプラのディスプレイ用背景の画像を提供したりと、積極的にガンダム/ガンプラファンのハートを掴みにきているプロジェクトです。

 

最近の複合機(プリンタ)の画質は、もちろん機種によって違いはあるものの、ほとんどの機種で高いクオリティを発揮しています。ですから、それ以外の、機能性や「どのように楽しめるのか?」は重要なポイント。

 

もし、年末にプリンタ購入を検討しているのなら、PIXUS×GUNDAM PROJECTの提供コンテンツにも注目して、機種選びしてもいいかもしれないですね。

 

<関連情報>
PIXUS×GUNDAM PROJECT

月刊ガンダムエース

※1 PIXUSシリーズの対象機種からのみ印刷可能です。詳しくは、PIXUS×GUNDAM PROJECTの「PRINTBASE」コーナーをご覧ください。

 

 

(C)創通・サンライズ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery