TR計画におけるハイザックの役割とそのバリエーションを解説!!『機動戦士Zガンダム』公式外伝イラスト連載、更新!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

地球連邦軍が一年戦争後初めて本格的に生産した機体が、RMS-106 ハイザックです。その先行タイプであるYRMS-106 ハイザック先行量産型は、TR3部隊で運用試験が行われ、そこで得られたデータがハイザックに生かされました。さらに、このハイザック先行量産型は、ハイザック・カスタムといったバリエーション機のベースになったほか、TR計画ではビーム・キャノンユニットなどを組み合わせたうえでTRナンバーが与えられました。このようにハイザックもTR計画においては重要な役割を演じたのです。

 

ar_ba44note

本図からはハイザック先行量産型を起点とし、ハイザック・カスタムなどへのバリエーション展開、そしてTR計画における役割とその影響などを解説していきます。

 

 

YRMS-106 先行量産型ハイザック

●YRMS-106ハイザック先行量産型

ph03

 

●RMS-106CS ハイザック・カスタム

ph01

 

●ホビーハイザック

ph02

上から、YRMS-106ハイザック先行量産型、RMS-106CS ハイザック・カスタム、ホビーハイザック。装甲形状などの共通性から、ハイザック先行量産型が、ハイザック・カスタムなどのバリエーションの始祖となっていることがわかります。

 

 

TR計画での運用

ph07_アイキャッチに ph13

ハイザック先行量産型が用いられたTR計画機が、YRMD-106+BL-85X バイザックTR-2[ビグウィグ]です。本機で実験と検証が行われた大型ビーム砲は、ビグ・ウィグキャノンIIとして、ファイバーIIに装備されています。

 

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • garupan_gashapon_2018_ecr
  • nekomusume_eye
  • 20181108sugumiganpura01catch
  • godhand_nipako_main
  • 20181108sugumizenhan01catch
  • fnex_mumei_main
  • inre_ec
  • AquaShooters01_ec
  • rev_furyu_elf_main