ゲーム『フルメタル・パニック!戦うWDW』ついに本気となったレナードたちアマルガムの精鋭やそのAS情報が公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2018年5月31日(木)発売予定の『フルメタル・パニック!』初の単体ゲーム化タイトル「戦うフー・デアーズ・ウィンズ」。このたびその第4報が公開となり、レナード・テスタロッサ率いるアマルガムの精鋭たちや、彼らの駆るAS(アーム・スレイブ)の情報が明らかになりました!

 

 

ついに本気となったアマルガムの精鋭たちが牙をむく!

リー・ファウラー(声:杉田智和)

レナードの部下の一人。高い実力を持つ武術家であり、どんな状況でも紳士的な振る舞いをする。ASの操縦技術も高く、抵抗を続けるミスリルの残党の前に何度も立ちはだかる。

 

●Plan1065 エリゴール(ファウラー機)

秘密組織アマルガムが運用するAS。東側製の第3世代AS、Zy-98をベースに開発されたと推測されている。最大の特徴は、ラムダ・ドライバが搭載されている点である。これによって、同じ第3世代ASである西側のM9を凌駕する戦闘力を発揮する。

本機にはリー・ファウラーが搭乗する。カラーリングは黒で、ラムダ・ドライバを併用した近接戦闘に真価を発揮する。

 

●武装名:太刀

ASの近接戦闘用の武装としては、単分子カッターと呼ばれる、微細なチェーンソーを伴ったものが一般的である。しかし、ファウラーの駆るエリゴールは単分子カッターを持たず、スチール合金の削り出しである、人間用の刀を模しただけの金属塊を携行している。本来であれば切れ味などない金属塊だが、機体に装備された<ラムダ・ドライバ>と、搭乗者ファウラーの恐るべきスキルにより、あらゆるものを斬り裂く恐るべき兵装となっている。

 

 

ヴィルヘルム・カスパー(声:てらそまさき)

レナードの部下の一人で、殺害したアマルガムの幹部のコードネーム「ミスタ・Sn(ティン)」を引き継いだ。過去に「カスパーの部隊」と呼ばれる狙撃者集団を率いていた凄腕のスナイパーであり、神がかり的な射撃を成功させる、スナイパー特有の精神状態を「幽霊が降りた」と例えている。クルツのかつての狙撃の師匠であるが、その才能を認めつつも「幽霊」を呼べなかった出来そこないと切り捨てている。

 

●Plan1065 エリゴール(カスパー機)

本機にはヴィルヘルム・カスパーが搭乗する。機体のカラーリングは青で、AS用の狙撃銃を装備している。

 

●武装名:ミェテオール狙撃砲

東側で開発された狙撃砲。人間離れしたスナイピング能力を持つカスパーは、この兵装に<ラムダ・ドライバ>の力を加えることによりいかなる敵も撃破する。

 

 

サビーナ・レフニオ(声:井上麻里奈)

レナードの部下の一人。黒いスーツに身を固めており、兵士としても有能だが側近としても有能な女性。彼に対して忠誠を越えた好意を持っており、レナードが好意をよせるかなめに嫉妬心を抱いている。敵ASの戦闘プログラムを戦場で改変し同士討ちさせる戦法を用るなど電子戦に長けており、抵抗を続けるミスリルの残党の前に立ちはだかる。

 

●Plan1065 エリゴール(サビーナ機)

本機にはサビーナ・レフニオが搭乗する。機体のカラーリングは白で、電子戦用の装備を駆使した様々な戦術で戦う。

 

●武装名:<あざ笑うような射撃>

ASの挙動には操縦者の個性がにじみ出るものだが、サビーナの場合は上品さが漂う。両手のマシンガンを交互に掃射する際にも、そういった個性がにじみ出ている。

 

 

レナード・テスタロッサ(声:浪川大輔)

秘密組織アマルガムの幹部。組織内でのコードネームは「ミスタ・Ag(シルバー)」。テッサの双子の兄であり、同じく「ウィスパード」でもある。知能のみならず身体能力も高く、さらにASの操縦技術も熟練兵をしのぐ腕を持つ。柔和で紳士的な態度を取っているが、有無を言わさぬ強引さを併せ持ちその真意はとらえどころがない。とある事件をきっかけに紳士的な態度は鳴りを潜め、己の目的のために積極的に行動を始める。

 

●Plan1055 ベリアル

アマルガムが運用するラムダ・ドライバ搭載AS。搭乗者はレナード・テスタロッサで実質的に彼専用ASとなっている。「世界一強い機体」と称されるほど機体性能が高く、ラムダ・ドライバを併用し常識外れの機動力を誇る。ウィスパードであるレナードが搭乗することで、ラムダ・ドライバの力を全て引き出せると言われており、長時間のラムダ・ドライバの使用が可能。また、これを利用した翼を有しており単独での飛行が可能となっている。

 

●武装名:アイザイアン・ボーン・ボウ

本体の身長に近いくらいの長さを持つ、新月状の兵装。詳細は不明だが、<ラムダ・ドライバ>の出力を増幅し、見えない破壊エネルギーを撃ち出すものであると思われる。

 

 

新たなイベントCGやマップが公開!

そのほか、ゲーム中に見ることができるイベントCGや、手に汗握る戦闘中の戦術マップ画面も新たに公開! 『フルメタル・パニック!』における大きな転換点、「燃えるワン・マン・フォース」以降のシナリオを追体験できる内容と言えそうです。ぜひチェックしてください!

 

▲マップ・陣代高校周辺

 

▲マップ・ヤムスク11

 

 

DATA

フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ

  • プラットフォーム:PlayStation®4
  • ジャンル:シミュレーションRPG
  • プレイ人数:1人
  • 開発:B.B.スタジオ
  • 発売:バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格:【通常版】8,200円(税抜)※ダウンロード版同価格/【初回限定生産版・専門家BOX(スペシャリストボックス)】11,800円(税抜)
  • 発売日:2018年5月31日(木)予定

 

 

関連情報

 

 

関連記事

 

(C)賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery