シンカリオンと初音ミクのコラボキャラ「発音ミク」爆誕!声は藤田咲さんが担当!さらに、シンカリオンが映画『ドライブヘッド』に出演決定!!

更新日:2018年6月25日 14:35
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『新幹線変形ロボ シンカリオン』と初音ミクとの衝撃コラボが判明! さらに、シンカリオンが映画『ドライブヘッド』に登場するという驚きのスクープも到着しました!!

 

 

『新幹線変形ロボ シンカリオン』×「初音ミク」がまさかのコラボ!

現在TBSにてTVアニメが放送中の『新幹線変形ロボ シンカリオン』と、クリプトン・フューチャー・メディアの人気キャラクター「初音ミク」とのコラボレーションが2018年4月より本格始動することが決定! シンカリオンと初音ミクとのコラボレーションにより生まれたキャラクター“発音(はつね)ミク”が、TVアニメ本編、そしてタカラトミーの鉄道玩具プラレール「デラックスシンカリオンシリーズ(DXS)」の商品にそれぞれ登場します。

▲コラボキャラクター“発音ミク”

 

 

コラボキャラ“発音(はつね)ミク”がTVアニメに登場!

コラボキャラクター“発音ミク”は、「新幹線変形ロボ シンカリオン」の主人公・ハヤトたちと同じ年齢である、「11歳」の姿をした女の子。「シンカリオン H5はやぶさ」の運転士として、ハヤトたちと一緒に日本の未来を守っていきます。TVアニメ本編へは、2018年4月21日(土)に放送予定の第15話、4月28日(土)に放送予定の第16話の連続エピソードに登場します。キャラクターボイスは、「初音ミク」に声を提供している藤田咲(ふじた さき)さんが演じ、「初音ミク」の制作元であるクリプトン・フューチャー・メディアの技術を用いて音声化され、本編に登場します。

 

●初音ミクの企画開発担当からコメントが到着!
歌うソフトウェアとして生まれた初音ミクが、プロジェクトシンカリオンの皆さん、小学館集英社プロダクションの皆さんの「熱く・攻めた企画案」によって……まさかまさか、北海道新幹線のパイロット役として、TVアニメに出演させて頂くことになりました。素敵な台本と声優藤田咲さんの演技に導かれて、たどたどしくも多彩な声色を操る「発音ミク」さんの姿は、とてもユニークでしびれます! これからの活躍にご期待下さい!!
追伸:一足先に視聴させて頂いた所、ミク以外のVOCALOIDたちの姿も見かけたような……!?(クリプトン・フューチャー・メディア 初音ミク企画開発担当:佐々木渉氏)

 

 

「シンカリオン H5はやぶさ」のプラレールが2018年4月に発売!

発音ミクが搭乗するシンカリオン「シンカリオン H5はやぶさ」は、プラレール デラックスシンカリオンシリーズより「DXS06 シンカリオン H5はやぶさ」として2018年4月から発売。

▲プラレール「DXS06 シンカリオンH5はやぶさ」

 

プラレール「DXS06 シンカリオン H5はやぶさ」 イメージビジュアル

▲プラレール「DXS06 シンカリオンH5はやぶさ」イメージ

 

「DXS06 シンカリオンH5はやぶさ」は、新幹線H5系はやぶさから、シンカリオン H5はやぶさに変形します。

 

本商品にはシンカリオンパイロットの証、「Shinca」が1枚同梱されます。さらに、Shincaに貼ることのできる“発音ミク”のシールが付属するため、お好みでShincaを発音ミク仕様にカスタマイズすることもできます。

 

 

また、Shincaは別売りの「シンカリオン超進化マスコン シンカギア」と連動させることにより、アニメの演出を再現して楽しむこともできます。

▲「シンカリオン超進化マスコン シンカギア」(発売中/税抜価格5,500円)

 

DATA

プラレール「DXS06 シンカリオンH5はやぶさ」

  • 2018年4月発売予定
  • 取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式 ショッピングサイト「タカラトミーモール」等
  • 価格:各4,500円(税抜)
  • 商品サイズ:(W)約150mm×(H)約200mm×(D)約80mm※ロボット形態時
  • 対象年齢:3歳以上
  • 発売元:タカラトミー
  • 商品内容:シンカリオン H5はやぶさ本体×1、カイサツソード×1、ウイング(A,B)×1、ヘッドギア×1、Shinca×1、ラベル×1、取扱説明書×1、発音ミクイラストVerユーザーシール×1

 

 

「新幹線変形ロボ シンカリオン」が映画『ドライブヘッド』に衝撃の出演!敵か味方か!?

さらにビッグニュース! 2018年8月24日(金)に全国公開となる劇場版『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』に、『新幹線変形ロボ シンカリオン』のキャラクターが出演決定!

 

画像左が『新幹線変形ロボ シンカリオン』より「シンカリオン E5 はやぶさ」、画像右が『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』より「ドライブヘッド 01 MKII サイクロンインターセプター」。


劇場版ではピンチに陥ったドライブヘッドの前にシンカリオンが現れ、そして……!?  2大乗り物系ロボットヒーローが、映画館を、そして2018年の夏をアツく盛り上げてくれることでしょう!!

 

DATA

映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~

  • 公開日:2018年8月24日(金)
  • 配給:TBSテレビ、ポニーキャニオン
  • 原作:タカラトミー
  • 監督:加戸誉夫(『劇場版 ロックマンエグゼ』、『劇場版 MAJOR メジャー』監督 ほか)
  • 脚本:荒木憲一(『ロックマンエグゼ』、『デュエル・マスターズ ビクトリーV3』シリーズ構成 ほか)
  • アニメーション制作:OLM
  • キャスト:藤原夏海、國立幸、真堂圭、三澤紗千香、笹川友里(TBSアナウンサー)ほか

 

●『シンカリオン』について
タカラトミー、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクションの3社が原案の「実在する新幹線から変身する巨大ロボット」として、2015年から玩具化や雑誌連載などさまざまな展開で人気を集めてきたキャラクターコンテンツ。

 

●『新幹線変形ロボ シンカリオン』について
2018年1月からスタートしたTVアニメ(TBS系全国28局ネットで毎週土曜朝7時~7時30分放送中)。鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」は、「漆黒の新幹線」が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。“シンカリオン”とは、実在する新幹線から変形する巨大ロボット! その“シンカリオン”と高い適合率を持つ速杉ハヤトら子どもたちが運転士となり、研究所員ら大人たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう! 果たして「漆黒の新幹線」の目的は……!? 子どもたちは日本の未来を守れるのか……!?

 

●プラレール「新幹線変形ロボ シンカリオン」について
新幹線からロボットに変形する玩具です。新幹線形態のサイズは通常のプラレールと同じ規格のため、プラレールのレールの上を手転がしで走行させることができます。また、ロボット形態では複数のロボット同士での合体遊びも楽めます。

 

●『ドライブヘッド』について
ドライブヘッドとは、車型・人型へ自在に変形し、人智を超えた災害や事故、凶悪な犯罪に対応する、警察・消防・救急それぞれの能力に特化した未来型マシンの名称です。2017年4月~2017年12月にTVアニメが放送されました。マシンに乗り込むドライバーは全員小学生! 仲間と共に街を守る彼らの心熱くするストーリーと、ロボットアニメファンも舌を巻く精密なタッチで描かれた、子どもから大人まで幅広い層から高い支持を得ました。現在は毎月第3土曜日に新シリーズが配信中です。

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (C)Crypton Future Media, INC. (C) TOMY/ドライブヘッド 2018・TBS


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery