TR計画の最終形である[インレ]。その中核を成す[ウーンドウォート]を紹介!『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」イラスト連載、更新!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ティターンズが主導した「TR計画」。その最終目標は、「全軍に配備された機体の規格統合」と「最終決戦化」でした。そのために計画では「万能化換装システム」を確立。本システムはオプションの換装によってあらゆる環境・戦局への対応と可能したものです。そして、多数のオプションを装備し、管制するための機体がこのRX-124 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]だったのです。グリプス戦役におけるティターンズの敗北によって、[ウーンドウォート]そして[インレ]は活躍の機会を与えられませんでしたが、戦後、火星の地で再生され戦いへと臨むのでした。

 

ar_ba52n_web素体となるMSにオプションを装着して機能を特化させるという手法は、一年戦争時から研究されていました。それがグリプス戦役で「TR計画」として昇華され、さらに火星での[ウーンドウォート]の再生に繋がったのです。

 

●ARZ-124WD TR-6[ウーンドウォート]

ph08c

ティターンズ残党が火星に持ち込んだ[ウーンドウォート]を、レジオンが再建した仕様。親衛隊用として一定数が生産され配備されました。

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 時雨_eye
  • 20180807sugumikouhen01catch
  • 20180807sugumizenpen01catch
  • bp_201808_01_imascg_ec
  • bp_201808_04_deadpool_ec
  • bp_201808_03_geassp_ec
  • wf2018s_nendoroid_fgo_main
  • rev_wf2018s_figma-hero_main
  • rev_wf2018s_figmafgo_main